BUYERS GUIDE

<バイヤーズガイド>
ホントに買っていいんですか?
気になるクルマをユーザー目線で掘り下げます

シトロエンXM/xmが欲しい! CITROËN XM/Xm

EDITOR中島秀之
PHOTOGRAPHER山本佳吾
協力:MODERN-SUPPLY GARAGE(http://garage.modern-supply.com/

シトロエンXM/xmが欲しい!

シトロエンXMは、CXに代わる同社の旗艦として1989年5月にデビューした。ベルトーネがデザインを担当した大型の5ドアボディは、直線基調の未来的なもの。サスペンションは形式こそ前がストラット、後ろがトレーリングアームだが、その懸架システムは、シトロエン独自の新機構により担われていた。

その新機構こそハイドラクティブで、これはDSに始まり、連綿と受け継がれてきたハイドロニューマチックの進化型と言えるもの。液体(オイル)と気体(窒素)がスプリングとダンパーの役割を果たすことは同じだが、そこにコンピュータを介在させ、ノーズダイブやロールを低減。乗り心地の良さをキープしながらフラットライドを実現していた。

日本では1990年に、PRV製3リッターSOHC/170psエンジンと4速A/Tを搭載した、標準型XMと豪華版XM-Xが発売された。面白いのは左ハンドル仕様のみセルフセンタリング・ステアリングを搭載していたこと。また1992年にはワゴンのブレークを発売。翌年5ドアに廉価版のXM-Sが追加されている。

1994年10月に、フロントグリルやリアスポイラー、インパネ形状を変更し、制御が更に進化したハイドラクティブⅡサスペンションを備えた中期型が発売される。その際車名はXmに改められ、5ドアはエクスクルーシブに統一された。

1998年1月に、新開発の3リッターDOHC24バルブ/190psエンジンを搭載、左右&サイドエアバッグを装備、セルフセンタリング・システムを廃した後期型を発売。その後ブレークは1999年、5ドアは2002年に在庫がなくなった段階で、長きに亘る販売を終了した。

EXTERIOR & ENGINE

近未来的スタイルと
浮遊感のある乗り心地

新車当時より現代の方が、浮世離れした印象が強い、近未来的なスタイリング。それでいてDSやCXを彷彿させるところもあるのはさすが。取材車両は1992年式のベーシックグレード、XM。

ヘッドライトは外側からスモール、ロービーム、ハイビームの順で並ぶ。バンパー部は外がフォグで内がウインカー。

テールライト下側の赤い部分は上がスモール、下は外からブレーキ、リフレクター、バックフォグの順。上はウインカーとバック。

初期型のグリルはダブルシェブロンが右端に付くタイプ。中央に付く後期型よりこちらの方が好きという愛好家も多い。

初期型のリアスポイラーは2点支持の大型。また初期型のみ車名は両方大文字のXMと表記される。

PRV製3リッターSOHCエンジンは170psを発揮。スフェアは4輪用各1、ハイドラクティブ用前後各1、メインアキューム用、セルフセンタリング用の計8個。

スチールホイールにフラットなホイールキャップの組み合わせ。タイヤは205/60R15サイズを装着する。

INTERIOR & LUGGAGE

シトロエンらしさを
色濃く残したインテリア

前期型のインパネは80年代に流行した庇付メーターナセルを持つ。オーディオなどには全て蓋が装着される。

メーターはオーソドックスなアナログ式のヴェリア製。手前左右にある液晶の文字表示パネルは、残念ながら非常に壊れやすい。

ステアリングはシトロエンらしい1本アーム。パッドにオーディオのスイッチがある。左右のレバーは四角い形状。

クラリオンのオーディオは日本仕様の純正だが、前期型はA/Tセレクター後方のパネルで暗証番号を押さないと操作できない。

前席は座面、バックレスト共に小さく、座り心地は硬めの印象。それでも確実に身体は支えてくれるので快適だ。

後席は前席よりサイズが大きめで、シートそのものも柔らかい。居心地は非常に良く、長距離でも快適だろう。

取材車両には、新車時に付いていた、立派な箱入りのカタログとビデオ(VHS)が装備されていた。

1/ハッチゲートを開けると、荷室と客室を隔てるウインドーがある。ゲートを開けても、車内を快適に保つための装備。 2/ラゲッジルームは広く、真四角な形状で使いやすい。ウインドーはヒンジ付で、上に上げることも可能。 3/後席は、座面とバックレストがそれぞれ一体型ではあるが、ダブルフォールディングにすることができる。

SPECIFICATION
CITROËN XM
全長×全幅×全高:4710×1795×1395mm
ホイールベース:2850mm
車両重量:1480kg
エンジン:水冷V型6気筒SOHC12バルブ
総排気量:2975cc

最高出力:170ps/5600r.p.m.
最大トルク:24.5kg-m/4600r.p.m.
サスペンション(F/R):ストラット/トレーリングアーム
ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ(F&R):205/60R15

1 2 3