BUYERS GUIDE

<バイヤーズガイド>
ホントに買っていいんですか?
気になるクルマをユーザー目線で掘り下げます

フィアット500(3代目 初期型&中期型)が欲しい!! FIAT 500(3rd EARLY & MID MODEL)

EDITOR中島秀之
PHOTOGRAPHER奥村純一
協力: コレツィオーネ(http://www.collezione.co.jp/)
コレツィオーネ(http://www.collezione.co.jp/

フィアット500(3代目 初期型&中期型)が欲しい!!

3代目(1990年代のチンクエチェント名のモデルを加えると4代目)となるフィアット500(チンクエチェント)は、復活したミニやビートルの成功を受け、イタリアの国民車だった2代目を現代に蘇らせたデザインを纏い、その2代目誕生から50周年に当たる2007年に発表された。2004年発表のコンセプトカー、トレピウーノがその原型となっている。

メカニズムは2代目パンダのものを流用。日本では2008年3月から順次基本となるバリエーションが発売された。エンジンは直4OHC1.2リッター8バルブ/69ps(1.2 8V)と直4DOHC 1.4リッター16バルブ/100ps(1.4 16V)を当初用意。それぞれに豪華なラウンジとベーシックなポップがあり、1.4 16Vにはスポーツも設定。ミッションは5速デュアロジックが採用された。

2009年に大きく開く電動キャンバストップを採用した500Cを発売。1.2 8Vにポップ、1.4 16Vにラウンジを用意した。2010年に5速M/Tを搭載した1.2スポーツを追加。同じタイミングでグレード名から8V、16Vがなくなった。

2011年3月に、新開発の875cc 2気筒マルチエア・ターボ・エンジン(85ps)を搭載するツインエアが登場。これもポップとラウンジを500と500Cに用意していたが、これに伴い1.4はフェードアウトする。ここからが中期型。

更に2013年には、ツインエアに5速M/Tを組み合わせた500Sも登場した。

2016年1月に初のビッグマイナーチェンジを行い、内外装がリフレッシュされた後期型となった。なお特別仕様車に関しては別項を参照して欲しい。

EXTERIOR & ENGINE

誰もを笑顔にする愛すべきキャラクター

往年の2代目500のデザインを、巧みに現代的にしたエクステリアは秀逸。リアウインドウ面積が小さいが、それ以外は幌を閉めている限り通常の500と変わらない印象の500C。

屋根を開ければ解放感抜群に変身する。取材車両は2010年式500C 1.4 16Vラウンジ。

ヘッドライトは、上下の円形ともロー&ハイビームで、スモールライトはない。上部ライトの最上部がウインカー。バンパー部はフォグランプ。

テールライトは外側がブレーキとスモールで、内側がウインカーとバックフォグになっている。

Bピラーに車名のエンブレムが備わるが、通常は500のみで、500Cは500の右上にCの字が入る。

1.4ラウンジは16インチ・アルミホイールが標準。195/45R16のミシュラン・パイロット・スポーツ3を装着していた。

アバルト系を除く500の中で最も高い100psを発揮する1.4リッターDOHC16バルブ・エンジン。2011年まで販売された。

電動キャンバストップは2段階に開く。ボタンを押して最初に止まるのがリアウインドウから後方が見える状態(写真中)で、その後全開にできる。全開にした場合、畳んだ幌が邪魔で後方視界が悪くなる。

INTERIOR & LUGGAGE

明るく爽やかで開放的なインテリア

ボディ同色のパネル、白いステアリング、半楕円のメーターナセルなど、インストゥルメントパネルは2代目へのオマージュ満載。

2代目500のそれをモチーフにデザインされたメーター。速度計と回転計の内側に液晶のマルチディスプレイが備わる

中央上部にオーディオ、その下にACコントローラーがある。A/Tセレクターは右下がRとなる独特の配列。

前席はこのクラスとしては良好な座り心地を実現。ただし樹脂製のヘッドレストはかなり硬い。

ラウンジは一部レザーのコンビシートを採用。後席は大人2人が座れる空間を確保している。

500Cはハッチバックではなく、トランクリッド部分が上ヒンジで開閉する。トランク容量は185リッターと必要最小限だが、後席を畳めば最大550リッターまでまで拡大可能。シートバックは5対5分割可倒式だ。

SPECIFICATION
FIAT 500C 1.4 16V LOUNGE
全長×全幅×全高:3545×1625×1505mm
ホイールベース:2300mm
車両重量:1060kg
エンジン形式:水冷直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量:1368cc

最高出力:100ps/6000r.p.m.
最大トルク:13.4kg-m/4250r.p.m.
サスペンション(F/R):ストラット/トーションビーム
ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ(F&R):195/45R16

1 2 3