BUYERS GUIDE

<バイヤーズガイド>
ホントに買っていいんですか?
気になるクルマをユーザー目線で掘り下げます

ロータス・エリーゼSr.Iが欲しい!! LOTUS ELISE Sr.I

EDITOR中島秀之
PHOTOGRAPHER山本佳吾
協力: ACマインズ(http://ac-minds.com/)
ACマインズ(http://ac-minds.com/

ロータス・エリーゼSr.Iが欲しい!!

1993年、ロータスはGMからロマーノ・アルティオーリ率いるブガッティ・グループの傘下に移った。当初潤沢に資金があったため、3種類の新型車の開発が進められ、その内の1台が、ロータスが得意とする軽量スポーツカーだった。

リチャード・ラッカムの主導により、ノルウェーのハイドロ・アルミニウム社との共同開発で、アルミの押し出し材を接着により立体成型することで、強度と軽さ(単体で68kg)を両立したシャシーを開発。ミッドに横置きされるエンジンは、軽量な上に、同じイギリス国内で調達できることから、ローバーKシリーズの1.8リッター(118ps)が選ばれた。

前後サスペンションはダブルウィッシュボーンとされ、初期モデルはブレーキディスクまでアルミを採用し、軽くすることに拘った。またジュリアン・トムソンの手による、クラシカルとモダンが融合したデザインのFRPボディを搭載。最初期モデルの車重は690kgと、驚異的に軽量だった。

1995年のフランクフルトショーでデビューしたエリーゼは、ブガッティ・グループの破産にも関わらず評判を呼び、1996年に市販されるや、大人気となった。その後プロトン傘下となり、改良とバリエーション追加を徐々に実施。ロータス・スポーツ部門のパーツを備えた硬派なSport 135や160、VVC機構を備えた143psエンジンを搭載する111S、かつてのF1を模した限定車のタイプ79や49などを販売する。

日本には当初並行輸入で、1999年からは正規輸入(後に代理店変更)が行われた。また派生車種として340Rやエキシージも登場。その後エリーゼは2000年にシリーズIIが登場し、日本でも次第にこちらに切り替えられていった。

EXTERIOR & ENGINE

シリーズ最軽量のネオクラシカルなボディ

ジュリアン・トムソンによるスタイリングは、ヨーロッパやエランのテイストを巧みに用いながら、古臭さを全く感じさせない見事なものだった。取材車両は1998年式のエリーゼSport 135。

フロントは外側から順に、ヘッドライト・ハイ&ロー、ウインカー&スモール、ドライビングランプの順。

リアランプは外側がウインカーで、内側がブレーキ&スモール。下にリフレクターとバックフォグ&バック。

現車がSport 135である証拠に、リアフェンダーには面白いデザインのステッカーが貼られる。

Sr.Iの場合、フューエルキャップはクラシカルなデザインの鍵付ねじ込みタイプが装着される。

アルミ製バスタブシャシーは、車体下面もスムーズな形状。後方にディフューザーを配して空力を向上させている。

吸排気系のチューンにより、スタンダードの118ps/16.8kg-mから135ps/17.8kg-mにスープアップされたローバーKシリーズ1.8リッター・エンジン。

タイヤは前後でサイズが異なり、フロントは185/55R15。ブレーキディスクはこの年式ではスチール製。

リアタイヤのサイズは205/55R15。サスペンションはスポーツ135の場合、KONIの強化&車高調ショックを採用。

INTERIOR & LUGGAGE

走るためのもの以外
何もないのが清々しい

ドライバーの目の前にメータナセルを配置し、左右に各種スイッチを配置しただけのインストルメントパネル。そのまわりはアルミ地肌むき出しで、ニーパッドを兼ねた黒い樹脂があるだけと、内装はスパルタンだ。

STACK製の2眼式アナログメーター。現車はイギリス仕様のため、速度計はマイル/km併記。

シンプルなシフトレバー&サイドブレーキ。助手席は固定式で足元にフットレストが装備される。

徹底した軽量化はペダルにまで及ぶ。全てアルミ製で、これ単体で見ても美しいと思える仕上がり。

Sport 135にはコルビューのバケットシート(別体のパッドも付属)とLUKEの左右4点式ベルトが装備されている。

フロントフード下には、ラジエター、マスターシリンダー、バッテリーなどが配置されており、隙間は殆どない。

エンジン後方には意外にも2人分の旅行鞄なら入りそうなトランクスペースが確保される。ただし熱くなるので注意が必要。

SPECIFICATION
LOTUS ELISE Sr.I Sport 135
全長×全幅×全高:3726×1701×1148mm
ホイールベース:2300mm
車両重量:690kg
エンジン形式:水冷直列4気筒DOHC16バルブ

総排気量:1795cc
最高出力:135ps/6200r.p.m.
最大トルク:17.8kg-m/4850r.p.m.
サスペンション(F&R):ダブルウィッシュボーン
ブレーキ(F&R):ベンチレーテッドディスク
タイヤ(F/R):185/55R15/205/55R15

1 2 3