BUYERS GUIDE

<バイヤーズガイド>
ホントに買っていいんですか?
気になるクルマをユーザー目線で掘り下げます

マツダ・ロードスター(NC)が欲しい!! MAZDA ROADSTER(NC)

EDITOR中島秀之
PHOTOGRAPHER宮越孝政
協力: 北関東マツダつくば店

マツダ・ロードスター(NC)が欲しい!!

1989年に初代が誕生したマツダ・ロードスター。ここでは2005年3月のジュネーブ・ショーで発表された、3代目NC型について解説していこう。

3代目ロードスターは従来型に比べ、衝突安全性や剛性を高めながら軽量ボディを達成したこと、エンジンをMZR 2リッター直4(M/T 170ps、A/T 166ps)に変更し動力性能を向上させたこと、ハンドリング性能を向上させ更に気持ち良い走りを実現したこと、車両全体の製品クオリティを向上させたことなどが、大きな特徴とされていた。

日本では8月に発売され、ベースモデルの「ロードスター(5速M/T & 6速A/T)」、17インチタイヤ、ビルシュタイン製ダンパー、LSD、フロントタワーバーなどを備える「RS(6速M/T)」、レザーシート、パドルシフト(A/T)、クロス地の幌などを備える「VS(6速M/T & 6速A/T)」が用意された。また「RS」をベースとした特別仕様車「3rdジェネレーション・リミテッド」も同時に登場した。

2006年1月には「RS」と「VS(6速A/T)」をベースにした「日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞記念車」を発売。3月にはレース用ベース車の「NR-A」を追加。更に8月には、シリーズ初のパワーリトラクタブルハードトップを装備したRHT(NR-Aを除く全グレードに用意)も登場した。

同年12月には「RS」と「VS(6速A/T)」をベースにした特別仕様車「ブレイズエディション(翌年4月にRHT追加)」、2007年10月には「RS RHT」と「VS RHT(6速A/T)」をベースとした特別仕様車「プレステージ・エディション」を発売。

2008年12月に五角形グリルと幅のあるサイドシルを持つ中期型(NC-Ⅱ)へマイナーチェンジ。メーターやシートのデザインも変更され、各部がアップデートされた。車種は整理され、ソフトトップは「S(5速M/T)」、「NR-A(5速M/T)」、「RS(6速M/T)」の3種で、RHTは「S RHT(6速A/T)」、「RS RHT(6速M/T)」、「VS RHT(6速A/T)」の3種となった。

2009年7月に、RSとVS RHTをベースにした特別仕様車「20周年記念車」を発売。2011年10月には、RS RHTとVS RHTをベースにディテールをブラック系で統一した特別仕様車「BLACK TUNED」を発売した。

2012年7月に再度マイナーチェンジされ後期型(NC-Ⅲ)へ進化。グリルやバンパー周辺が変更され、ソフトトップ車とRHT車でディテールを差別化した。グレード体系に変更はない。更に2013年12月には、Sを除き全車にフォグランプが採用されるなどの小変更を受けている。

2014年5月に、RS RHTベースの「25周年記念車」を25台限定で発売。  

2015年5月に4代目ロードスター(ND型)が国内導入された。

EXTERIOR & ENGINE

大人が楽しめるオープン2シーターに成熟

初代NA型ロードスターを彷彿させるボディデザインを採用。前後のホイールハウス周りはオーバーフェンダーのように膨らんでいる。左右シートの間は風の巻き込み防止用のフラップ。取材車両は2007(平成19)年式の特別仕様車、BLAZE EDITION VS。ボディ色はラディアントエボニーMC。

ヘッドライトはロービームがHIDで、内側はスモール、中央がハイビームで外側がウインカー。バンパー部はフォグランンプ。

テールランプは、内側がリフレクターとバック、中央がウインカー、外側がスモール&ブレーキ。

ブレイズエディションのソフトトップ仕様には、RHT用のメッキライトベゼルが装着される。

これもブレイズエディションの特別装備で、ホワイトレンズとメッキリングをサイドマーカーに採用。

ドアノブもRHTと同様のレバー部がメッキとなったタイプを特別に装着する。

エキゾーストは左右2本出しで、エンド部にはメッキのカバーが装着されている。

166ps(A/T仕様)の2リッター直4エンジンは、重量配分を考えてめいっぱい後方に搭載されている。バッテリーは先代までのトランクからボンネット内に移された。

ブレイズエディションは17インチのBBS製ホイールとポテンザRE050Aの205/45R17を装備する。

NC前期型の透視図。サスペンション形状がよくわかる。ミッションとデフハウジングを結ぶパワープラントフレームは初代から継承されている。

真横からの透視図。重量配分の最適化のため、エンジンは前車軸から後方、また燃料タンクは後車軸から前方に搭載されているのがわかる。

INTERIOR & LUGGAGE

機能的でわかりやすいインテリア

水平基調のシンプルなデザインのインストゥルメントパネル。何がどこにあるのかすぐにわかり、操作で迷うことはまずない。ベージュステッチ入りの本革巻ステアリング&サイドブレーキレバーなどは特別装備。

見易いレイアウトの5連アナログメーター。ブライトアルミ調のメーターリングはブレイズエディションの特別装備。

ブレイズエディションはBOSEサウンドシステムを標準装備。オートエアコンやシートヒーターも装備している。

ベースとなったVS 6速A/T仕様にはパドルシフトが備わる。左右どちらもレバーを引くとUPでボタンを押すとDOWN。

着座位置の低いシートはサポート性、座り心地ともにまずまず。サンドベージュの本革はブレイズエディションのみの設定。

スペアタイヤを廃し(修理剤搭載)、バッテリーを前に移動したお陰で150リッターの容量を確保したトランクルーム。

ソフトトップは手動式だが、ウインドーフレームにあるロックを外すだけでワンタッチで開閉可能。ただし荷物スペースはなくなった。

IMPRESSION

初代の軽快さとは少々異なるが運転する楽しさに満ちている

今回お借りしたのは、2006 年12 月に発売された特別仕様車「ブレイズエディション」のソフトトップ VS 6速A/T 仕様。VSをベースに、17インチBBSホイール、フロントサスタワーバー、RHTと同じ各部クロームパーツ&クリアレンズ、フォグランプ、黒クロスソフトトップ、サンドベージュ本革内装、専用ステアリングなどを装着したモデルだ。

まず見た目に関しては、なかなかシックで大人っぽい雰囲気が好印象。着座位置が低いドライバーズシートに座り、クルマをスタートさせる。2リッターエンジンは軽快に吹け上がる感じはやや薄いものの、低速から十分なトルクを発揮するため、Dレンジのまま普通に加速すると、ポンポンと上のギアに変速していき、スムーズで快適だ。もちろんパドルシフトを使えばマニュアルシフト的な操作も可能なので、普段から足として使うのであれば、A/T仕様を選ぶというのもアリだろう。

ステアリングは油圧パワーアシスト付だが比較的重めの設定。コーナーではノーズがクイックに動き、スポーツカーらしさを堪能できる。ただし初代(NA型)のようなヒラリヒラリとした感覚はやや薄まっており、剛性の高いシャシーと相まって、若者向けの軽量スポーツから大人向けのGTになった印象だ。 とはいえ、季節の良い時のオープン走行は最高に気持ち良いし、ワインディングでは運転する楽しさが十分に味わえるロードスターは、今さらながら実に魅力的なクルマに思えた。

SPECIFICATION
BLAZE EDITION VS 6AT
全長×全幅×全高:3995×1720×1245mm
ホイールベース:2330mm
車両重量:1100kg
エンジン:直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量:1998cc

最高出力:166ps/6700r.p.m.
最大トルク:19.3kg-m/5000r.p.m.
トランスミッション:6速A/T
サスペンション(F/R):ダブルウイッシュボーン/マルチリンク
ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ(F&R):205/45R17

1 2 3