BUYERS GUIDE

<バイヤーズガイド>
ホントに買っていいんですか?
気になるクルマをユーザー目線で掘り下げます

ルノー・スポール・スピダーが欲しい!! RENAULT SPORT SPIDER

EDITOR中島秀之
PHOTOGRAPHER宮越孝政
協力: オート・ポワ・ルージュ

HISTORY

ルノー・スポール・スピダー販売の変遷

1995年
3月:ジュネーブショーで、ルノー・スポール・スピダーが発表される。

1996年
市販仕様が欧州市場で販売開始。当初ソットヴァンのみ。
欧州で、ルノー・スポール・スピダー・エルフ・トロフィー(ワンメイクレースシリーズ)が開始される(1998年まで)。
6月:PRV製3リッターV6ターボを搭載し、クーペに改造したスピダーが、ル・マン24時間レースに挑んだが、予選落ちとなった。
7月:SiFoにより、ソットヴァンの並行輸入が開始される。その後他社でも並行輸入を次第に開始していく。

1997年
欧州市場で、フロントスクリーンと小さなサイドスクリーンを備えたパルブリーズの販売を開始。パルブリーズの日本への並行輸入が開始される。
当時ルノーの輸入代理店だった、ヤナセ系のフランス・モーターズにより、パルブリーズの正規輸入および販売を開始(1999年までに130台)。
・ルノー・スポール・スピダー(パルブリーズ):2リッター直4DOHC 150ps 5速M/T

1999年
・生産を終了。

VARIATION

Saute-Vent
ロードカーのソットヴァン。エアロスクリーンは、見た目以上に空気を上方に逃がしてくれるという。それでも、高速道路を走る時はヘルメットをしていないと、飛び石などで負傷する危険があった。
Trophy

ワンメイクレース車両はソットヴァンで、ロールケージが備わる。写真はタルガ・タスマニア出場車。

LM

ル・マン挑戦車はPRV製V6ターボ・エンジンと、ルーフのある独自のボディカウルを備えていた。

1 2 3