BUYERS GUIDE

<バイヤーズガイド>
ホントに買っていいんですか?
気になるクルマをユーザー目線で掘り下げます

アルファロメオ・ブレラが欲しい‼ ALFA ROMEO BRERA

EDITOR中島秀之
PHOTOGRAPHER山本佳吾

MARKET INFORMATION

2.2と3.2で価格に大きな差はなく
初期型に比べ最終型は売り物が少ない

ブレラは新車時に大量に売れた車種ではない上に、販売終了から10年近くが経過しているため、現在の中古車のタマ数は多いとは言えない。その中で比較的売り物が多いのは2006~08年式の2.2JTSで、M/Tとセレスピードが同じくらいの割合のようだ。一方3.2JTS Q4はQトロニック、M/T共に数が少ない。価格的に見ると、グレードによる差と言うより個体の程度の差による違いが大きい。つまり、2.2と3.2 Q4の同じ年式、同程度だった場合、価格はそれ程変わらないということだ。

これは3.2に燃費が悪いイメージがあるためのようで、この点を気にしないでよければ、性能に勝る3.2 Q4はお買い得とも言える。A/TとM/Tによる価格差もそれ程ない。

また今回取材した個体のように、「パック・バイ・キセノン(キセノンライトとレザーシートのセットプション)」や、ポルトローナ・フラウ製高品質レザー内装などのオプションが装着されている場合、若干価格に上乗せされる場合もあるが、基本的に大差はないので、ついていればラッキーと言える。

2009年以降のモデルは極端に売り物が少なく、特にTIは殆ど流通していない。また限定販売車はそれ以上に売り物がない。もし状態の良いホワイト・エディションやイタリアインディペンデントが売り物として出れば、レギュラー車より大幅に高価となる可能性が高い。  

現在の相場は、走行10万km以上のものや修復有車を除き、ブレラ/スパイダーともに100~200万円ほど。なるべく状態の良いものを見つけて欲しい。

2006~2011年100~200万円
(2020年11月調べ)

TROUBLE SHOOTING

01:特別注意すべき点はないが始動性が悪い場合は点検を

基本的に設計の新しいクルマで、エンジンもタイミングチェーンを使用しているため、消耗品の交換など以外で、特に日常的に注意すべき部分はない。ただし初期モデルは2.2、3.2共、始動時にややカブりやすい傾向があるという。始動に時間がかかったり、かかってもアイドリングが暫く落ち着かないなどの症状が出ることがあるとのこと。特に始動性が悪い場合は、バッテリーの消耗が早くなる恐れがあるので、サービス工場に相談した方が良いだろう。

02:セレスピード搭載車は半クラッチの多用に注意

2.2に組み合わされるセレスピードは、ごく低速でクラッチに掛かる負担が大きい。このためバックギアで坂道発進するような場合、半クラッチを長く続けるとクラッチが焼け気味になる。この際ヒートギアボックスの警告が表示され、駆動が伝わらなくなるという。クラッチディスクが冷えるまで待てば解消されるが、十分注意したい。また手荒く扱われた個体は、ポンプやユニット全体の交換が必要な場合もあるので、購入前に必ず試乗して確かめたい。

03:シリンダーヘッドに溜まるカーボンは適宜除去したい

直噴機構を持つJTSエンジンは、シリンダーヘッドにカーボンが溜まりやすい特性がある。このため、吹けが悪いとか、アイドリングが常に安定しないといった症状が出た場合、添加剤などでクリーニングを行った方が良いそうだ。アルファロメオ横浜町田では、ケミカル用品王手のWAKO’S製添加剤「RECS」を使用し、吸気バルブから、ピストンヘッド、シリンダーヘッド、排気バルブまでクリーニングすることを推奨しているとのことだ。

04:フロントのライト周りのメッキコーティングが弱い

フロントのライト周り、ヘッドライトやフォグランプ基部の、樹脂パーツに施されたメッキコーティングが、エンジンルームの熱によって傷みやすい。そのまま使用していても問題はないが、メッキが内部に剥がれ落ちたりして、明るさに影響を与えるようだと交換が必要になる。ヘッドライトは個別の交換が難しいためユニット交換となり、その場合片側20万円以上かかる。またフォグランプも片側3万円前後必要になるというから、購入時に注意したい。

TOPICS

休眠状態の2+2クーペの復活は?

ブレラの生産終了後、長い歴史を誇るアルファロメオ製2+2クーペは休眠状態に入っている。2010年のジュネーブショーで発表されたベルトーネのパンディオンを始め、いくつかのコンセプトモデルが登場したが、いずれも生産に向けた動きは見せていない。2016年に登場した現行ジュリアに、2ドアクーペが登場するという噂もあったが、現在は全く聞かなくなっている。当面2+2クーペの復活はないかもしれない。

1 2 3