BUYERS GUIDE

<バイヤーズガイド>
ホントに買っていいんですか?
気になるクルマをユーザー目線で掘り下げます

オースチン・ヒーレー・スプライトMk.1が欲しい!! AUSTIN HEALEY SPRITE Mk.1

EDITOR中島秀之
PHOTOGRAPHER奥村純一
協力: オートモビル・アシスト・ブレス

オースチン・ヒーレー・スプライトMk.1が欲しい!!

元ラリードライバーのドナルド・ヒーレーは、オースチンの総帥レオナード・ロードと共同でオースチン・ヒーレー・ブランドを創立。1953年に最初の市販車100(後の100/6、3000)を登場させた。

続いて2人は、財布の軽い若者が購入できる軽量で安価なスポーツカーを計画。開発はドナルドと息子のジェフリーに任され、1958年5月にオースチン・ヒーレー・スプライト(妖精)としてデビューすることになった。

ボディは軽量なモノコック構造を採用し、剛性確保のためトランクリッドは設けられなかった。エンジンはBMC・Aタイプ直4OHV 948ccで、SUツインキャブ装備により42.5ps/7.18kg-mを発揮。サスペンションは前がウィッシュボーン、後ろが1/4リーフ+ラジアスアームで、ブレーキは4輪ドラム。ラック&ピニオン・ステアリングも採用されていた。

北米の安全基準を満たすために、ピョコンと飛び出したヘッドライトにより、イギリスではカエルの目、北米では昆虫の目、日本では後にカニ目と呼ばれたこのクルマ、車重602kgと軽量で、侮れない性能を発揮した。

このため狙い通り若者を中心に人気を呼び、3年間で4万9000台程が生産されるヒット作となった。

1961年に各部をモダナイズしたスプライトMk.2と、双子車のMGミジェットMk.1が登場。以後仕様変更を続ける(別項参照)が、スプライトは1971年に生産を終了。ミジェットは1979年まで生き延びた。

EXTERIOR & ENGINE

小さく軽い車体に笑った顔がよく似合う

どこまでも曲線的なボディデザインと笑った顔が魅力的。剛性確保のためトランクリッドは備わらず、荷物は車内から出し入れする。撮影車両は1961年式のMk.1。

948ccのBMC・Aタイプは42.5psを発揮。現車はキャブを1 1/4に変更、発電機もオルタネータに交換されている。

ビニール製の幌は、座席後ろにある幌骨を反転させて取り付け、その上に装着する。サイドウインドウも別に用意される。

かわいいメッキ・キャップ付き純正スチール・ホイールに履くタイヤは、145/80R13サイズのミシュラン。

ボンネットからピョコンと飛び出したようなヘッドライト。現車にはルーカスのH4タイプが装着されていた。

フロントバンパーは新車時のオプションで、全長が50mm長くなる。現在もリプロ品が購入できる。

テールライトは上の赤いレンズがリフレクター、スモール&ブレーキで、下の丸いレンズがウインカー。

INTERIOR & LUGGAGE

50年代生まれらしい簡素なインテリア

インパネにはメーターとスイッチがずらりと並ぶ。エンジン始動はキーを回して、右上のSボタンを引く。

メーターはクラシカルな字体のもが備わる。速度計はオリジナルだが、回転計はルーカスの電気式のものに交換されている。

オリジナルのタコドライブ付ダイナモとタコメーター。希望により戻すこともできる。

シートは座面に厚みがあり、意外に座り心地が良い。ペダルは奥にあり、大径ステアリングを抱える姿勢となる。

トランクルーム内のものは座席後ろから出し入れする。幌骨はこのように収納され、必要な時は外して上の金具に逆向きに差し込む。

ドア外側にはノブがなく、開閉は内側のレバーを動かして行う。サイドウインドウは取り外式を用意する。

この個体はトノーカバーも備える。一人で運転する時の風除けやオープンで駐車する際の防犯に役立つ。

ミッションは4速M/T。フロアの一部を高くして、操作しやすい位置にシフトレバーを配置している。

SPECIFICATION

AUSTIN HEALEY SPRITE Mk.1
全長×全幅×全高:3490(3540)×1350×1260mm
ホイールベース:2030mm
車両重量:602kg
エンジン形式:水冷直列4気筒OHV 8バルブ
総排気量:948cc

最高出力:42.5ps/5200r.p.m.
最大トルク:7.18kg-m/3300r.p.m.
サスペンション(F/R):ウィッシュボーン/1/4楕円リーフ+ラジアスアーム
ブレーキ(F&R):ドラム
タイヤ(F&R):5.20×13

1 2 3