BUYERS GUIDE

<バイヤーズガイド>
ホントに買っていいんですか?
気になるクルマをユーザー目線で掘り下げます

アルファロメオ164が欲しい!! ALFA ROMEO 164

EDITOR中島秀之
PHOTOGRAPHER山本佳吾
協力:コレツィオーネ(http://www.collezione.co.jp/

HISTORY

アルファロメオ164国内販売の変遷

1987年
10月:フランクフルト・ショーでアルファ164が発表される。

1989年
2月:大沢商会が輸入元となり、アルファ164の輸入・販売を開始。コーンズ・モータース系列でも販売を行った。3リッターV6 SOHC(185ps)エンジンを搭載するFF車で、ベースモデルと、本革内装で後席もパワーシートとするなど内装を豪華にした特別仕様車が用意された。4速A/Tのみ。
*164 3リッターV6 SOHC/185ps 4A/T FF 左ハンドル
*164特別仕様車 3リッターV6 SOHC/185ps 4A/T FF 左ハンドル

1990年
4月:メーカー直系のインポーター、アルファロメオジャパンが発足。ディーラー網「アレーゼ」でも販売を開始。
11月:インポーターがフィアットアンドアルファロメオモータースジャパンと改称。
12月:200psに出力を向上した3リッターV6 SOHCエンジンと5M/Tを組み合わせ、エンジン搭載位置を下げた、高性能仕様のクアドリフォリオ(QV)を追加設定。
*164クアドリフォリオ 3リッター V6 SOHC/200ps 5M/T FF 左ハンドル

1991年
7月:エンジン搭載位置を下げ、ステアリングラックを変更、オイルクーラーを装着し、タイヤサイズを205/55VR15から195/60VR15とし、シートポジションを下げるなどの変更を行った164Lを、164に代わり発売。革内装、リア独立シート、シートヒーターなどを加えた164Lトップ・バージョンも設定。右ハンドルも選べるようになった。
*164L 3リッター V6 SOHC/185ps 4A/T FF 左右ハンドル
*164Lトップ・バージョン 3リッター V6 SOHC/185ps 4A/T FF 左右ハンドル

1993年
7月:マイナーチェンジされたモデルを日本で発売。ヘッドライトの厚さが薄くなり、プロジェクターランプを採用、内装コンソールのスイッチ類レイアウトが変更された。また前後バンパーの衝撃吸収構造化により110mm全長を延長し、本革内装、205/55ZR16タイヤなどを標準装備する164スーパーを、クアドリフォリオに代わり新たにラインナップ。日本仕様は、164Lが従来の3リッター V6 SOHCエンジンで、164スーパーは新開発の3リッター V6 DOHC 24V/210psエンジンを搭載し、電子制御4速A/Tを装備する。
*164L 3リッター V6 SOHC/185ps 4A/T FF 左右ハンドル
*164スーパー 3リッター V6 DOHC 24V/210ps 4A/T FF 左ハンドル

1994年
3月:電子制御可変前後トルク配分式センターデフを持ち、専用サスペンションなどを備えた164Q4が日本で発売される。基本的に受注輸入方式で販売。3リッター V6 DOHC 24Vエンジンは230psとされ、ゲトラグ製6速M/Tと組み合わされる。ボディはエアロパーツ装着の後期型QV(日本未導入)と同タイプで、日本仕様は本革内装&フロント・レカロシートを装備。
*164Q4 3リッター V6 DOHC 24V/230ps 6M/T 4WD 左ハンドル

1995年
5月:164Lが、164スーパーと同じボディに変更され、164スーパー(12V)となった。3リッターSOHCエンジンは175psにパワーダウンされている。また従来の164スーパーは、164スーパー24Vの名称に変更された。
*164スーパー(12V) 3リッター V6 SOHC/175ps 4A/T FF 左右ハンドル
*164スーパー24V 3リッター V6 DOHC 24V/210ps 4A/T FF 左ハンドル

1 2 3