BUYERS GUIDE

<バイヤーズガイド>
ホントに買っていいんですか?
気になるクルマをユーザー目線で掘り下げます

シトロエンC3(2代目)が欲しい!! CITROËN C3(II)

EDITOR中島秀之
PHOTOGRAPHER山本佳吾

HISTORY

シトロエンC3(2代目)国内販売の変遷

2007年
6月:2代目シトロエンC3が本国で発表。
9月:フランクフルトショーで正式デビュー。

2010年
5月:2代目シトロエンC3を日本で発売。ゼニスウインドウを全車に採用。ベース仕様C3と、装備を豪華にしたC3エクスクルーシブの2種。
 *C3 直4 DOHC 1.6リッター/120ps  4速A/T 右ハンドル
 *C3エクスクルーシブ 直4 DOHC 1.6リッター/120ps  4速A/T 右ハンドル

2011年
8月:C3をベースに、ESP、クロームドアミラーカバー、ブリリアントダッシュボード(黒または白)、専用ファブリックシートなどを装備した特別仕様車、C3 AIRPLAYを150台限定発売。
 *C3 AIRPLAY  直4 DOHC 1.6リッター/120ps  4速A/T 右ハンドル

2012年
1月:C3をベースに、ESP、クロームドアミラーカバー、チタンシルバーダッシュボード、黒レザーシートなどを装備した特別仕様車、C3 Leather Edition を発売。9月にも再発売。
 *C3 Leather Edition  直4 DOHC 1.6リッター/120ps  4速A/T 右ハンドル
春:ベースグレードC3の装備を一部見直し、セダクションに名称変更。ESPを標準装備とし、ベージュのファブリック内装を廃止。
 *C3セダクション 直4 DOHC 1.6リッター/120ps  4速A/T 右ハンドル
5月:セダクションをベースに、クロームドアミラーカバー、ダークブラウンダッシュボード、専用ファブリックシート(ダークブラウン)などを装備した特別仕様車、C3 AIRPLAY2を100台限定発売
 *C3 AIRPLAY2 直4 DOHC 1.6リッター/120ps  4速A/T 右ハンドル

2013年
2月:セダクションをベースに、専用ボディ色パールホワイト、ホワイトダッシュボード、専用ファブリックシート、17インチ・ツートンホイール、HiFiオーディオなどを装備した特別仕様車、C3 Pearl White Editionを120台限定発売。
 *C3 Pearl White Edition 直4 DOHC 1.6リッター/120ps  4速A/T 右ハンドル
7月:マイナーチェンジされたモデルを日本で発売。新デザインのフロントグリルとLEDランプを採用し、内装も仕様を変更。エンジンなどメカニズムは従来通り。
 *C3セダクション 直4 DOHC 1.6リッター/120ps  4速A/T 右ハンドル
 *C3エクスクルーシブ 直4 DOHC 1.6リッター/120ps  4速A/T 右ハンドル

2014年
2月:直3 DOHC 1.2リッター/82psエンジンとETG5ミッションをC3に搭載。従来の1.6リッター仕様より70kg軽量化。
 *C3セダクション 直3 DOHC 1.2リッター/82ps 5速ETG 右ハンドル
 *C3エクスクルーシブ 直3 DOHC 1.2リッター/82ps 5速ETG 右ハンドル
5月:セダクションをベースに、ブリリアントブラック・ダッシュボード、黒レザーシート、16インチアロイホイールなどを装備した特別仕様車、C3Leather Edition を200台限定発売。
 *C3 Leather Edition 直3 DOHC 1.2リッター/82ps 5速ETG 右ハンドル

2015年
4月:セダクションをベースに、ブリリアントブラック・ダッシュボード、黒レザーシート、16インチアロイホイールなどを装備した特別仕様車、C3Leather Edition を200台限定発売。
 *C3 Leather Edition 直3 DOHC 1.2リッター/82ps 5速ETG 右ハンドル
9月:ラインナップを変更。セダクションをベースにフルレザーシートを組み合わせ、16インチアルミホイールを装着して価格を抑えた、C3 Seduction Leatherのワングレードとした。
 *C3 Seduction Leather  直3 DOHC 1.2リッター/82ps 5速ETG 右ハンドル

2016年
7月:セダクションをベースに、カジュアルな新ファブリックシートと新デザインの16インチホイールキャップを装備し、価格を199万円に抑えた、C3 FEELを発売。
 *C3 FEEL  直3 DOHC 1.2リッター/82ps 5速ETG 右ハンドル

2017年
7月:3代目C3を日本で発売。

VARIATION

EARLY MODEL(BASE)
初期型のベースグレード。ベロアのシート生地は、外装色によってラマと呼ばれるベージュもあった。
AIRPLAY
2011年登場のエアプレイは、ベース車を元にESP、クロームドアミラー、黒か白のダッシュボード、専用ファブリックシートなどを装備。
Leather Edition
2012年登場のレザーエディションはベース車を元に本革シート、シルバーダッシュボード、ESPなどを装備。
AIRPLAY2
2012年登場のエアプレイ2は、セダクションを元にダークブラウンのシートとダッシュボード、クロームドアミラーなどを装備している。
Pearl White Edition
2013年登場のパールホワイトエディションは、専用ボディ色、17インチホワイトホイール、白ダッシュボードなど8アイテムを装備する。
MID MODEL
2013年6月にフェイスリフトを実施。新グリルとLEDライト、新シートが採用され、高級オーディオやオートエアコンが全車標準になった。
LATE MODEL
2014年に登場した後期型は、直列3気筒1.2リッターNAエンジンと、ETG5と呼ばれるシングルクラッチ・セミA/Tミッションを搭載する。このエンジンは82psと12.0kg-mを発揮するので、それまでの1.6リッター直4より三割がた非力ということになる。ただし車重は約70kg軽くなり、アイドリングストップ機能も装着されたため、燃費は57%改善されている。内外装は2 013年にマイナーチェンジを受けた際と同じで、フロントマスクのデザインやシートの形状などが異なる。装備内容の異なるエクスクルーシブとセダクションを用意。セダクションはオートACなどが標準となる代わりにタイヤは15インチになった。またヒルスタートアシスタンスやパドルシフトも新たに装備された。
Leather Edition 2&3
セダクションをベースにしたレザーエディションは2014年(左)と2015年(右)に発売。それぞれに専用ボディ色が用意されていた。
Seduction Leather
2015年秋から暫く、セダクションにフルレザーシートを組み合わせた、セダクション・レザーのワングレードとなった。
FEEL
2016年夏に、新ファブリックシートやスチールホイールなどの採用で、価格を199万円に抑えたFEELが追加された。
1 2 3