BUYERS GUIDE

<バイヤーズガイド>
ホントに買っていいんですか?
気になるクルマをユーザー目線で掘り下げます

ロータス・エランが欲しい!! LOTUS ELAN

EDITOR中島秀之
PHOTOGRAPHER奥村純一
協力: ウィザムカーズ

ロータス・エランが欲しい!!

ロータス・エランは1962年のロンドンモーターショーでデビューした。FRPモノコックの前作エリートとは異なり、X型鋼板バックボーンフレームにFRP製ボディを載せる構造が新たに採用されていた。

エンジンは、フォード製鋳鉄ブロックに独自のDOHCヘッドを組み合わせたロータス・ツインカム(当初1.5リッター/100ps)で、ミッションは4速M/T、サスペンションは前ダブルウィッシュボーン、後ストラット、ブレーキは4輪ディスクを装備していた。

翌1963年から本格的な販売を開始し、同年5月には排気量を1.6リッターに拡大(105ps)。更に1964年10月には、インパネやテールランプを変更したS2にマイナーチェンジした。

1965年9月にフィクスドヘッドクーペ(FHC)を追加。トランクリッドの切り欠きが変更され、サッシ付ドアやパワーウインドウなども採用された。翌1966年1月にはドロップヘッドクーペ(DHC)の高性能仕様、SE(115ps)を追加。更に6月には、DHCもFHCと同様のトランク&インパネ形状を持つS3に進化している。

1968年3月に、ホイールアーチ形状、タイヤサイズ、テールランプ形状などを変更したS4が登場。1971年2月には126psのビッグバルブ・ユニットを装備、3色にボディを塗り分けたスプリントが追加された。

なお全く異なるボディを持つエラン+2は、1968年に登場。2座のエランが1973年に生産を終えた後も作られ、1975年に生産を終了した。

EXTERIOR & ENGINE

コンパクトでスタイリッシュなボディ

1962年発表ということを考えると、異例にモダンなボディデザインだったエラン。構造もデザインも故ロン・ヒックマンの卓越したアイデアの賜物。現車はフロントの車高が僅かに低められている。撮影車両は1965年年式のシリーズ2。

ウェーバー40DCOE×2キャブを備えたロータス・ツインカム。105psだが、600kg台の軽量ボディには十分以上。現車は配線やパイプ類まで美しい状態。

純正スチールホイールは、S2までホイールキャップ付4穴タイプ。現車はダンロップSP10の145/80R13を装着。

S2まではドアにサッシが付かず、アクリル製のサイドウインドウは、上部のフックを持って手動で上げ下げする。クラシカルで人気が高いが、幌をしても隙間があり、雨天時は水が侵入する。

テールライトはS2とS3がこのタイプ。外がウインカーで内がスモール&ブレーキ。

S2までの幌は、最初にサイドフレームを付けてから横骨を渡し、ビニール製幌を装着する。S3から折り畳み式の骨になる。

ヘッドライトはインマニの負圧を利用したリトラクタブル式。バンパー下にスモールとウインカーを配置。

INTERIOR & LUGGAGE

タイトで質素だが
居心地の良いインテリア

S2からフルワイズになったインパネ。助手席前に蓋&鍵付きのグローブボックスが設けられた。ステアリングは大径のウッドで、ハンドブレーキはステッキタイプ。

スミスのメーターは左から燃料、回転、速度、油圧と水温のコンビ。右下の時計は後付け。

ヨーロッパほどペダル間隔は狭くなく、それでいてヒール&トウがやりやすい絶妙な配置。

シートは着座位置が低いものの、意外に弾力があり座り心地がいい。現車のシートベルトはおそらく1970年代の純正品。

S2まではトランクリッドがリアエンドまで届いておらず、開口部が小さい。内部にはカーペットが敷かれ豪華な印象。

ANOTHER CAR

シリーズ3は対候性と快適性がアップ

LOTUS ELAN Sr.3

ドアサッシとトランクエンドが異なるS3。現車はホイールアーチが角張っているが、S4とも形状が異なる。

インパネはラジオのスペースや灰皿などを追加。下側にパッドが付き、ウッドの材質も豪華になった。

ドアにサッシが付き、サイドウインドウはガラスの巻き上げに進化。パワーウインドウも装備された。

トランクリッドがボディ後端まで延長され、開口部が大きくなった。LOTUSの文字も装備された。

純正スチールホイールは、S2までホイールキャップ付4穴タイプ。現車はダンロップSP10の145/80R13を装着。

SPECIFICATION

LOTUS ELAN Sr.2
全長×全幅×全高:3683×1422×1149mm
ホイールベース:2134mm
車両重量:674kg
エンジン:直4DOHC 8バルブ
総排気量:1558cc

最高出力:105ps/5500r.p.m.
最大トルク:14.9kg-m/4000r.p.m.
サスペンション(F/R):ダブルウィッシュボーン/ストラット
ブレーキ(F&R):ディスク
タイヤ(F&R):145-13(520-13)

1 2 3