BUYERS GUIDE

<バイヤーズガイド>
ホントに買っていいんですか?
気になるクルマをユーザー目線で掘り下げます

アウトビアンキA112アバルトが欲しい!! AUTOBIANCHI A112 ABARTH

EDITOR中島秀之
PHOTOGRAPHER奥村純一
協力: ガレーヂ伊太利屋

アウトビアンキA112アバルトが欲しい!!

エンジンとミッションを直列に繋げてフロントに横置きし、前輪を駆動するジアコーサ式レイアウト。その元祖は『アウトビアンキ・プリムラ』で、これに次いだのが1969年に発売された『フィアット128』と、『アウトビアンキA112』だった。

A112は、後に登場する『フィアット127』より小型のエントリーモデルだったが、サスペンションは前ストラット、後は横置きリーフを利用した4輪独立で、128や127と共通。エンジンは『フィアット850』と同じ直4OHV 903ccが当初搭載された。

このA112に、高性能仕様のアバルトが加わったのは1971年。アバルトによりエンジンは982cc/58psまでスープアップされ、足まわりや各部は強化。それ以外もアバルトの名に相応しい仕立てを施されていた。

その後A112アバルトは1973年、1975年、1977年、1979年にマイナーチェンジされ、エンジンは1049cc/70psに、ミッションは5速M/Tとなった。

1981年にジャックス・カーセールスが輸入権を獲得。『A112アバルト・シリーズ5』を日本で発売する。かわいい見た目ながら、走らせるとホットで、価格も輸入車としては安いことから、人気が急速に高まったのである。

1983年には、前後バンパーやテールランプなどを変更した『シリーズ6』が登場。更に翌1984年には、ロードランプ内蔵バンパーなどを採用した『シリーズ7』となり、これがA112アバルト最後の仕様となった。この最終型は1986年まで販売された。

EXTERIOR & ENGINE

小さな車体に詰まった熱い走りへの情熱

小さなノッチのついた3ドアハッチバックボディは、クラシカルな味わいを残しつつ、1980年代のトレンドも許容していた。アバルト仕様は独特のスポーティさも魅力だった。撮影車両は1983年式で、多数のモディファイがされている。

ヘッドライトは貴重な当時モノのキャレロを装着。ロー&ハイビームとスモールを兼用。下はウインカー。

三角窓があり、開閉できる。クーラーがない個体では有効で、走っている限り、それなりに涼しい。

エンジンは1049cc+シングルキャブレターで70ps。ストラットタワーバー、エアホーン、エアクリーナーなどは後付けされたもの。

テールライトは外から順に、ウインカー、スモール&ブレーキ、バック&リフレクター、バックフォグ。

純正と思われる2本出しエキゾーストエンド。アイドリングでは静かだが、踏めば元気なサウンドを奏でる。

現車はクロモドラCD58マグネシウム・ホイールを装着。タイヤはヨコハマS-208の135/80R13を装着。

SPECIFICATION

AUTOBIANCHI A112 ABARTH
全長×全幅×全高:3270×1480×1360mm
ホイールベース:2040mm
車両重量:710kg
エンジン:直列4気筒OHV
総排気量:1049cc

最高出力:70ps/6600r.p.m.
最大トルク:8.7kg-m/4200r.p.m.
サスペンション(F/R):ストラット/ウイッシュボーン+横置リーフ
ブレーキ(F/R):ディスク/ドラム
タイヤ(F&R):135SR13

INTERIOR & LUGGAGE

80年代的スポーティさに
溢れたコクピット

1977年登場のシリーズ4から、インパネはこの形状となった。1980年代に流行したサテライトスイッチを装備。オーディオ部分には蓋が備わる。

現車のメーターはワンオフ製作された、フルスケール200km/hと10000r.p.m.仕様。文字盤の色は黒、針の色は白が標準。

インパネ中央下に備わる3連メーターは、左から電圧、油温、油圧。シリーズ5&6がこの形状で、シリーズ7は形状も場所も異なる。

現車の運転席は、良く似た色味のレカロを装着。小ぶりだが、かなり快適なノーマルシートはキープされている。

後席はミニマムながら、大人2人がなんとか座れる広さを持つ。ベルトは3点式だが、ヘッドレストは備わらない。

ラゲッジルーム容量は、小さな車体の割にはきちんと確保されている。通常の状態ではトノーボードが備わる。

後席のバックレストは、5対5分割で前方に倒すことができ、長い物も搭載できる。

バックレストを左右共に倒せば、かなり大きなものも搭載できるスペースがある。

1 2 3