BUYERS GUIDE

<バイヤーズガイド>
ホントに買っていいんですか?
気になるクルマをユーザー目線で掘り下げます

FIAT PANDA

EDITOR中島秀之
PHOTOGRAPHER宮越孝政
協力: コレツィオーネ

フィアット・パンダが欲しい!!

初代フィアット・パンダは1979年11月に発表。設計はジョルジェット・ジウジアーロ率いるイタルデザインが担当、シンプルかつコストが安い大衆車として生を受けた。

サスペンションは前ストラット、後ろは当初リーフだった。空冷2気筒エンジンの30と、水冷直4OHV 903cc/45psの45が用意されていた。

日本には1980年に少数が並行輸入された後、1982年からJAXにより45の正規輸入が開始された。1984年には、965cc/48psエンジンとパートタイム4WDを組み合わせた、4×4を導入。それぞれにダブルサンルーフ仕様も用意されていた。

1986年に、直4SOHC 999cc/45ps(4×4は50ps)のFIREユニットを搭載し、リアサスペンションをΩアームに改め、各部を改良した中期型が登場。1989年には輸入元がサミットモータースなどに変わり、インジェクション装備の45psエンジンに変更。全車5速M/Tになった。1991年に富士重工製ECVTを装備したモデルを初導入(44ps)。輸入元がフィアット・アンド・アルファロメオ・モータース・ジャパンとなった1992年には、グリルや装備が異なる後期型を日本で発売。翌1993年には、エンジンを1108cc/50psとした最終型1100(1.1)が登場。FFの5速M/TとECVT、4×4の3種があったが、1996年にFF/5速MTの輸入を終了。更に1999年に、残る2タイプの正規輸入も終了した。その後2003年に本国生産が終了した。

EXTERIOR & ENGINE

シンプルだが明るさ全開のキャラ

直線的だがしっかり個性を主張するジウジアーロ流デザイン。フロントを含め全面が平面ガラスとなっている。そのシンプルさが未だ人気の高さの秘訣となっている。取材車両は1995年式、1.1セレクタ。

ヘッドライトはスモール、ロービーム、ハイビームが一体で、その外側にウインカーが備わる。

テールライトは上がスモール&ブレーキ、中がウインカー、下はバックフォグ(右側はバック)。

オプション設定のダブルサンルーフは、ご覧のように前後ともキャンバストップが前に開く。開放感は抜群だ。

前後共155/65R13のタイヤに、ホイールキャップ付純正スチールホイールの組み合わせ。

フロントに横置きされる50psの1.1リッター直4SOHCエンジン。エンジンルーム内にスペアタイヤを収納する。

INTERIOR & LUGGAGE

鉄板剥き出しでも幸せになれる室内

明るく開放的なインパネ周り。紫色のファブリックが貼られたトレイ状の部分に、樹脂製灰皿などを置くことが前提となっている。もちろん小物も置いておけるが、鍵のかかるグローブボックスはない。

横長のメーターナセルの左に速度計、中央上に燃料系を配置。中央下は水温警告灯、右は各種インジケーターが俯瞰の車体イラストの周りに配置されている。

センターコンソールはECVTのセレクターがほぼ占拠。トレイ状のインパネの下にクーラーの吹き出しとスイッチを配置。

初期型はハンモックシートだったが、中期型からはいわゆる普通の形状となる。クッションは薄いが座り心地は意外に良い。

ベンチのようなリアシートは座面、バックレスト共に横長の一体式。大人2人なら問題なく座れるが、ヘッドレストは非装着。

通常状態でもトランクスペースは意外に広いが、バックレストを倒せば大きな物も搭載可能。更にダブルフォールディングさせれば広大になる。後席は左右に3点式ベルトを装備する。

IMPRESSION

セレクタでもキビキビ走れる!

今回お借りしたのは、1995年式の1100セレクタ、Wサンルーフ仕様。50psのインジェクション付エンジンにECVTを組み合わせたモデルだ。

まずその内外装の状態の良さに驚いた。もちろん年式相応の部分もあるにはあるが、ボディの塗装やシート生地の美しさなど、10万km以上走行している四半世紀前の大衆車とは思えないほど……。前オーナーが大切にしていたのが偲ばれる。

座面も背面も薄いのに、座ると包まれるように感じられるシートに収まりスタートさせる。走り始めても好印象は変わらなかった。低回転からピックアップよく元気に吹けるエンジンと、予想以上にレスポンスが良くてスムーズなECVTのお陰で、実に軽快に走るのだ。

パンダはM/Tに限るという意見も理解できるが、状態の良い個体であれば、セレクタを選んでも、その明るいキャラクターを十分に満喫できるだろう。

ブレーキは踏み始めの制動が弱めだが、踏めばきちんと止まってくれる。ノンパワーのステアリングも、走り出してしまえば軽く、ハンドリングも素直だった。もっとも車庫入れなど据え切りに近い速度域では、重いと感じることもあったが。

走行中はインパネのどこかから、「キシキシキシ……」と何かが擦れる音が聞こえたし、振動も騒音も今の大衆車と比較したら凄く大きいだろう。だが「それが何か?」と開き直れる強い魅力がパンダにはある。当時を知る世代はもちろん、若い世代にもぜひお勧めしたい。

SPECIFICATION

FIAT PANDA 1100セレクタ
全長×全幅×全高:3405×1510×1485mm
ホイールベース:2165mm
車両重量:740kg
エンジン形式:直列4気筒SOHC 8バルブ

総排気量:1108cc
最高出力:50ps/5250r.p.m.
最大トルク:8.6kg-m/3000r.p.m.
サスペンション(F/R):ストラット/Ωアーム
ブレーキ(F/R):ディスク/ドラム
タイヤ(F&R):155/65R13

1 2 3