BUYERS GUIDE

<バイヤーズガイド>
ホントに買っていいんですか?
気になるクルマをユーザー目線で掘り下げます

BMC/BLMC ADO16 SERIES

EDITOR中島秀之
PHOTOGRAPHER奥村純一
協力: オートモビル・アシスト・ブレス

BMC/BLMC ADO16シリーズが欲しい!!

BMCがミニ発売から3年後の1962年に発表したのが、ADO16シリーズ最初のモデル、モーリス1100だった。ADO16とは、アマルガメテッド(統合された=BMC誕生以降)・ドローイング・オフィスの16番目のモデルという意味を持つ。

メカニズム的には、アレック・イシゴニス設計のミニをそのまま大きくしたもので、センターモノコックの前後にサブフレームを装着し、サスペンションとパワートレインを搭載したFF方式。エンジンは1089ccのBMC・Aタイプが、ミニ同様4速M/Tと2階建てに横置きされた。

サスペンションは、形式こそミニと同じだが、ラバーコーンの代わりに、アレックス・モールトン設計によるハイドロラスティックが採用されていた。ラバースプリングと液体を組み合わせ、左右別々に前後を連結したこのシステムは後にミニにも採用される。

ボディタイプは4ドアが基本で、2ドア(当初輸出用)、3ドアワゴン(1966年~)の3タイプを用意。またBMCのブランド戦略に合わせ、MG、オースチン、ヴァンデン・プラ(・プリンセス)、ライレー(・ケストレル)、ウーズレーの全6種が用意された。

各車の詳細は別項を参照していただきたいが、大きな変更点としては、1967年にまず1275ccエンジンがオプション設定され、その後リアのテールフィンが短いMk.2ボディに進化、1275ccエンジンが標準化された。さらに1971年にMk.3となり、1974年に生産を終了した。

EXTERIOR & ENGINE

ミニを元にデザインと快適性を向上

ウインドウが大きくてCピラーが太い、この時代のピニンファリーナらしいボディデザイン。小さなノッチが付くテールは、カワイイ印象。取材車両は1971年式、モーリス1300GT。

丸2灯のヘッドライト。現車はH4タイプが装着されていた。下にウインカー&スモール・ランプが備わる。

1967年10月のマイナーチェンジで、テールフィンが短くなり、テールランプレンズも大型のものになった。

トランクリッド右にある1300GTのエンブレム。モーリスとオースチンにのみ用意されたグレードだった。

以前から装着されていたというTEX製のフェンダーミラー。全体のデザインによくマッチしている。

サイドウインドウ上には、ステンレス製と思しきバイザーが装着されていた。今となっては貴重品?

タイヤは145R12サイズ。ホイールは本来スチールだが、現車はパナスポーツ・フォーミュラを装着する。

SUツインキャブ装備で70psを発揮する1275ccのBMC・Aタイプユニット。現車はシュラウドまでオリジナルの状態。

INTERIOR & LUGGAGE

意外なほど広く、開放的なインテリア

インパネは70年代製らしく、パッドの入った黒一色の樹脂製。3連メーターはいずれもお約束のスミス製だが、左端の時計のみイエーガー製のお洒落なものが装着されていた。ステアリングは貴重なレスレストン製3本スポークに交換されている。

シフトレバーは床から生えている。カセットデッキの下にヒーターなどのスイッチが見える。

前席は、座面がふわりと沈みこみ身体を支えてくれる。現車は3点式シートベルトを左右に装備していた。

後席は座面が高く、座ると視界が良くて開放的な雰囲気。2点式ベルトやアームレストまで備わる豪華仕様。

ボディ形状的にはリアに小さなノッチが付くだけなのに、トランクスペースは十分以上の容量を確保する。

IMPRESSION

長距離ドライブに出かけたくなる!

ADO16シリーズはこれまで様々なタイプを運転してきたが、モーリス/オースチンの1300GTは初めて。外観はかなりスポーティだが、走りはどうだろうか。乗り込むと、まずシートの座り心地の良さに驚く。フワッとお尻が沈む感じはフランス車のようだ。インパネの3連メーターがまたスポーティ。ステアリングがレスレストンに替えられているのでなおさらそう思える。

エンジンをかけると、お馴染みのAタイプ・サウンドが響く。ただミニほど車内はうるさくなく、静かに走り出す。SUツインキャブ装備で70psのエンジンは、低回転から素直にトルクを出して、スルスルっと車速を乗せていく。その際、ハイドロラスティック・サスペンション独特の、車体があまり姿勢を変えることなく、路面の凸凹を吸収してしまう、快適な乗り心地が続く。

この感じは、以前乗ったヴァンプラ1300やMG1300とほぼ同じ。ということは、GTを名乗るものの、これはスポーツ仕様というより、モーリス/オースチンの高級グレードであって、本来のGT、つまり長距離走行が得意な仕様ということなのだろう。

ハンドリングは基本的に素直で、ミニほどクイックではないが、これもクルマの性格に合っている。また初期の1100に比べてボディ剛性がしっかりしているように感じたが、個体差というより70年代のものは補強などが加えられているからだろう。

同じ色のミジェットとの2台持ちなんてお洒落だなぁ、などとつい思ってしまうほど、状態の良い魅力的な個体だった。

SPECIFICATION

MORRIS 1300GT
全長×全幅×全高:3685×1530×1350mm
ホイールベース:2375mm
車両重量:837kg
エンジン:水冷直列4気筒OHV8バルブ
総排気量:1275cc

最高出力:70ps/6000r.p.m.
最大トルク:10.6kg-m/3250r.p.m.
サスペンション(F/R):ダブルウィッシュボーン/トレーリングアーム
ブレーキ(F/R):ディスク/ドラム
タイヤ(F&R):145-12

1 2 3