BUYERS GUIDE

<バイヤーズガイド>
ホントに買っていいんですか?
気になるクルマをユーザー目線で掘り下げます

シトロエンCXが欲しい!! CITROËN CX

EDITOR中島秀之
PHOTOGRAPHER奥村純一
協力: MODERN-SUPPLY GARAGE

HISTORY

シトロエンCX 販売の変遷

(※下線は日本市場での変遷)

1974
8月:パリサロンでCXがデビュー。当初は2リッター直4OHV+4速M/Tのセダンのみ。

CX(2000)2リッター直4OHV(102ps)+4速M/T

1975年
1月:112psの2.2リッター直4OHVエンジンと4速M/TのCX2200を追加発売。
*CX2200(スーパー) 2.2リッター直4OHV(112ps)+4速M/T。

9月:高級仕様のCX2200パラスと、半自動3速ミッションのCマチック仕様を追加発売。

CX2200パラス2.2リッター直4OHV(112ps)+4速M/T(3速Cマチック)

秋:西武自販により日本市場で発売。日本仕様は2 .2リッター(112ps)+4速M/TのCX2200(スーパー)。
12月:2.2リッター直4OHVディーゼル・エンジン(66ps)仕様を追加設定。
*CX2200ディーゼル 2.2リッター直4OHV DE(66ps)+4速M/T。

1976年
1月:ホイールベースが250mm長いワゴンボディのブレークと、3列シートのファミリアールを追加発売。
*CX2000/2200ブレーク 2リッター直4OHV(102ps)&+2.2リッター直4OHV DE(66ps)4速M/T。

CX2000/2200ファミリアール 2リッター直4OHV(102ps)&+2.2リッター直4OHV DE(66ps)4速M/T。



2月:ブレークと同じロングホイールベースのセダン、プレステージュを追加発売。
エンジンは115psの直4OHV 2.4リッターを搭載。

CXプレステージュ 2.4リッター直4OHV(115ps)+4速M/T(3速Cマチック)。

春:パワーステアリングを備えた豪華版CX2200パラス(4速M/T)が日本仕様として発売される。その後本革シート仕様も選択可能に。
7月:それまでの2200に代わり、プレステージュで採用された2.4リッターエンジンを搭載するCX2400(スーパー)が新たに発売される。

CX2400(スーパー) 2.4リッター直4OHV(115ps)+4速M/T(3速Cマチック)。

CX2400パラス 2.4リッター直4OHV(115ps)+4速M/T(3速Cマチック)。

CX2400ブレーク/ファミリアール 2.4リッター直4OHV(115ps)+4速M/T(3速Cマチック)。

12月:日本市場で2400ccエンジン搭載車が発売される。日本仕様は100psの昭和50/51年排気ガス対策車で、豪華仕様のCX2400パラスの4速M/T。本革シートも選択可能。

1977年
5月:2.4リッター直4OHVにインジェクション(ボッシュLジェトロニック)を装備し128psとしたエンジンと5速M/Tを搭載するスポーティモデルの2400GTiを追加発売。

CX2400 GTi 2.4リッター直4OHV+インジェクション(128ps)+5速M/T。

2.4リッターインジェクション・エンジンは、その後プレステージュに標準となり、5速M/Tは1978年MYからCX2400でオプションに設定された。
秋:日本仕様のCX2400パラスに、3速Cマチック仕様が新たに設定される。その後日本仕様はCマチックに統一される。

1978年
2月:排気量を2.5リッターに拡大し、75psとしたディーゼル・エンジンを2.2リッターに代わり採用。セダンとブレーク/ファミリアールに搭載された。また夏から5速M/Tも設定された。
*CX2500ディーゼル 2.5リッター直4OHV DE(75ps)+4速M/T(5速M/T)
*CX2500ディーゼル ブレーク2.5リッター直4OHV DE(75ps)+4速M/T(5速M/T)
*CX2500ディーゼル ファミリアール2.5リッター直4OHV DE(75ps)+4速M/T(5速M/T)

CX2500ディーゼル パラス2.5リッター直4OHV DE(75ps)+4速M/T(5速M/T)。

1979年
7月:PRV 製の新型2リッター直4SOHCエンジン(106ps)が、それまでの2リッターエンジンに代えてセダンに搭載される。装備の違いでアテナとレフレクスの2種を設定。その後ワゴン、ブレークにも採用される。
*CXアテナ2リッター直4 SOHCエンジン(106ps)+5速M/T(3速Cマチック)。

CX レフレクス 2リッター直4SOHCエンジン(106ps)+4速M/T。

10月:プレステージュ用ロングボディに、2.5リッターディーゼル・エンジンを搭載した、リムジンが発売される。

CX2500ディーゼル・リムジン2.5リッター直4OHV DE(75ps)+5速M/T。

1980年
6月:日本市場で、2.5リッターディーゼル・エンジン+5速M/TのCX2500D(75ps)が発売される。
秋:1981年MYとして以下の変更が行われた。CX2400のOHVエンジンがインジェクション装備で120psに向上。CX2400パラスとCX2500ディーゼルは5速M/Tが標準化。CX2400GTiにリアスポイラー、幅広Cピラーなどが標準装備される。CX2400パラスとプレステージュに、ZF製3速フルオートマチックが設定された(その後各グレードが採用)。

CX2400GTi2.4リッター直4OHV(120ps)+5速M/T。

1982年
春:2400ブレーク/ファミリアールがインジェクション・エンジンとなり、ZF製3速A/Tが選択可能になる。また全モデルのフロントフェンダーがワイドになり、セダン全車のCピラーがワイドになった。
秋:装備を見直し、レフレクスがCX20、アテナがCX20 TREの名称となった。

アテナがの装備が見直されると共に、名称がCX20 TREへと改名された。

他のグレード名がCX25Dなど、排気量を二桁で表すものに変更されていく。

1983年
4月:2500ディーゼルにターボチャージャーを装備したエンジンを搭載する、25RDターボを追加(95ps)。その後ブレーク/ファミリアールにも搭載。

CX25RDターボ 2.5リッターディーゼル直4OHV+ターボ(95ps)+5速M/T。

春:日本仕様のエンジンが2.4リッターのままながら125psとなり、3速A/Tと組み合わされることに。セダンはCX2400パラス。
春:日本市場で2.5Lディーゼル(75ps/5速M/T)エンジン搭載のファミリアールを発売。CX2500ディーゼル・ファミリアール
春:ホイールベースの長いCXプレステージュが日本で発売される。2.4リッターインジェクション125psで3速A/T。

7月:2.4リッターOHV+インジェクション・エンジンが、排気量を2.5リッターとし138psに出力を向上。その後ブレーク/ファミリアールにも搭載。

車名が25IE、25パラスIEへと変更された。

1984年
7月:日本仕様のファミリアールに、2.5リッターガソリン+インジェクション(135ps)+3速A/T 仕様を追加。CX25IEファミリアール。
9月:ガソリン2.5リッターOHVにターボを装着し、168psとしたエンジンを搭載する25GTiターボを追加設定。

CX25 GTiターボ直4OHV2.5リッター+ターボ(168ps)+5速M/T。

1985年
1月:日本仕様のパラスとプレステージュに、2.5リッターガソリン+インジェクション(135ps)+3速A/T仕様を追加。CX25パラスIE、CX25プレステージュIE。
3月:全車にABSがオプション設定される。
7月:全車ビッグマイナーチェンジを実施。ウレタンバンパーを採用し、前後デザインを変更。インテリアも大きく変更され、シリーズ2と呼ばれることになる。グレード的に新規設定されたのは、25プレステージュ・ターボと22TRSの2種。直4SOHCエンジンに2.2リッター版(115ps)が追加された。
*CX25RDターボ 2.5リッターディーゼル直4OHV+ターボ(95PS)+5速MT
*CX25IEパラス 直4OHV 2.5リッターインジェクション(138ps)+5速M/T/3速A/T
*CX25 GTi 直4OHV 2.5リッターインジェクション(138ps)+5速M/T/3速A/T
*CX25 GTiターボ 直4 OHV 2.5リッター+ターボ(168ps)+5速M/Tなど

CX22 TRS直4SOHC2.2リッター(115ps)+5速M/T。

CX25 RD2.5リッターディーゼル直4OHV(75ps)+5速M/T。

CX25 プレステージュ・ターボ 直4OHV2.5リッター+ターボ(168ps)+5速M/T。

秋:日本仕様のセダンに、ややスポーティなGTi(2.5リッター/135ps+3速A/T)を追加。CX25GTi。

1986年
3月:日本市場でマイチェンしたシリーズ2の販売を開始。エンジンは全て2.5リッター直4OHV+インジェクション(135ps)で3速A/T。グレードはCX25 GTi、CX25プレステージュ、CX25ファミリアールの3種。
7月:ガソリン・ターボ・エンジンに空冷式インタークーラーを設定。

CXプレステージュ・ターボ2 直4OHV2.5リッター+ターボ(168ps)+5速M/T。

1987年
4月:ディーゼル・ターボ・エンジンにも空冷式インタークーラーを設定。120psに。

CX25RDターボ2 2.5リッター直4OHV+ターボ(120ps)+5速M/T。

1989年
5月:シトロエンXMがデビュー。プレステージュ/セダンが生産終了。ブレーク/ファミリアールは1991年まで、CXエヴァジオンの名でユーリエ(カロジエ)で生産を継続。

1 2 3