BUYERS GUIDE

<バイヤーズガイド>
ホントに買っていいんですか?
気になるクルマをユーザー目線で掘り下げます

ローバー・ミニが欲しい!! ROVER MINI

EDITOR中島秀之
PHOTOGRAPHER奥村純一
協力: C. WORKS

ローバー・ミニが欲しい!!

1959年に誕生したクラシック・ミニ。日本では1976年に正規輸入が途絶え、複数の業者が並行輸入していた。だが1982年に当時の輸入元、日英自動車が日本仕様の販売を開始。999cc+キャブ・エンジン、4速M/Tまたは4速A/Tで、10インチホイールと4輪ドラム・ブレーキだった。

1984年に12インチホイールと前輪ディスクブレーキが標準となった。更に翌1985年には、日英自動車が輸入代理権をオースチン・ローバー・ジャパン(ARJ)に譲渡。以後ARJが輸入元となり、正規輸入車が販売される。

この時代、直4OHV+キャブレター・エンジンは999cc/42psで、グレードはメイフェアを主体に、様々な特別仕様車を用意。また1989年にはベース車のスプライトも登場した。

1989年に輸入元がローバー・ジャパンに改称。それまで単純にミニと呼ばれてきたが、この後次第にローバー・ミニと呼ばれるようになる。

1990年に、メトロ用1271cc/61psエンジンを搭載したクーパー1.3が登場、翌年レギュラー化される。更に1992年にはシングルポイント・インジェクション装備の1271ccエンジンが登場。メイフェアなどは53ps、遅れて登場したクーパー1.3i用は62ps(A/Tは53ps)だった。

1996年末に広範囲の改良を実施。運転席エアバッグ、サイドインパクトバーやルーフアンテナの採用、内外装の変更などが行われ、4速M/Tは全車62psとなった。この後2000年まで、新車の販売は継続された。

EXTERIOR & ENGINE

誰からも愛される
小さくかわいいボディ

1959年から40年に亘り基本設計を変えなかったクラシック・ミニ。クラシカルで飽きのこないスタイルが今も愛されている。現車は1996年式のメイフェア1.3iで、モノトーンの落ち着いた雰囲気。ボディカラーはタヒチブルーで4速M/T、クーパー用ホイール、前輪Hi-Loキット付き。
ヘッドライトはH4タイプで、スモールとロー&ハイ兼用。下はウインカーで、この年式はレンズがクリアーになっている。
四角いテールランプは上からウインカー、スモール&ブレーキ、バック&リフレクターで、バンパー右下にバックフォグも装備。
狭いスペースにエンジンや補器類がみっちり詰まったエンジンルーム。この年式までメイフェアは4速M/Tでも53psエンジンを搭載。
現車は純正のクーパー用8本スポークホイールを装備。タイヤはダンロップのエコタイヤEC201の145/70R12サイズを装着する。

SPECIFICATION

ROVER MINI MAYFAIR1.3i
全長×全幅×全高:3075×1440×1330mm
ホイールベース:2035mm
車両重量:720kg
エンジン:水冷直列4気筒OHV
総排気量:1271cc

最高出力:53ps/5000r.p.m.
最大トルク:9.3kg-m/2600r.p.m.
サスペンション(F/R):ウィッシュボーン/トレーリングアーム
ブレーキ(F/R):ディスク/ドラム
タイヤ(F&R):145/70R12

INTERIOR & LUGGAGE

意外に豪華なインパネと
意外に広い車内

この年式ではエアバッグは備わらず、ステアリングはシンプルなデザイン。インパネにはウッドパネルが標準で備わる。アクセルペダル、シフトブーツ、ドア内張のレバーは市販パーツに交換されている。
メーターは3連で、左から速度計、燃料&水温計、回転計の順。この年式までホーンのスイッチは、ステアリングコラム左側のレバーの先端に存在した。
オーディオとシフトノブはノンオリジナル。オーディオ左側はクーラーのスイッチで、空調吹き出し口の上に回転式の灰皿が備わる。スイッチパネルの下はヒーターのコントローラー。
前席はソフトな座り心地。ステアリングは角度が寝ており、抱えるように運転する。前席は後ろ側が持ち上がって前に倒れ、後席への乗降を助ける。
後席は大人2人が一応ちゃんと座れる。小柄な人なら長距離でも大丈夫だろう。ベルトは左右三点式を装備しているが、ヘッドレストは備わらない。
トランクは左側に燃料タンクがあり、右側もタイヤハウスの出っ張りがある。右手前の黒い袋は純正のジャッキ。
1 2 3