BUYERS GUIDE

<バイヤーズガイド>
ホントに買っていいんですか?
気になるクルマをユーザー目線で掘り下げます

VW GOLF II

EDITOR中島秀之
PHOTOGRAPHER山本佳吾
協力: スピニングガレージ

フォルクスワーゲンゴルフIIが欲しい!!

フォルクスワーゲン・ゴルフIIは、1983年夏に発表された。ボディは全長とホイールベースが長くなり、初代のイメージを残しながら、時代にマッチしたデザインと良好な空力性能も獲得。サスペンションは初代から受け継がれた、前ストラット、後トーションビームを採用していた。

エンジンは、欧州市場では豊富なバリエーションを誇ったが、1984年4月に導入された日本仕様は、当初ガソリン1.8リッター直4 SOHC+KEジェトロニック/90psと、ディーゼル1.8リッター直4 SOHC/54ps、およびそのターボ版70psが用意された。

ボディは2ドアと4ドアがあり、グレードはガソリンが2種にディーゼルが3種だったが、翌年高性能仕様のGTI(ガソリン1.8リッター直4 SOHC+KEジェトロニック/105ps)と豪華仕様GLX(90ps)を追加。1987年には1.8リッターDOHC 16V/125psのGTI 16Vと、フルタイム4WDのシンクロも登場した。

同年10月に、三角窓を廃した中期型にマイナーチェンジ。その際通常のガソリン車は、燃料噴射をデジファントに変更して105psとなった。またGTIは16V仕様のみに絞られた。

1989年10月に再度マイナーチェンジ。ガソリン車はCiを廃止し、最上級グレードGLiを発売。GLiとGTIにはカラードエプロンの通称ビッグバンパーが装備された。また1991年6月には、4WDで車高を上げたカントリーが限定発売された。

1992年にゴルフIIIが導入された。

EXTERIOR & ENGINE

質実剛健なのに可愛い、絶妙デザイン

VW社内デザインのボディは、ゴルフIのイメージを継承しながら、巧みに近代化を図っている。現車は1991年式GLi 4ドア(3A/T)で、ボディ同色大型エプロンを備える。

ヘッドライトはスモールとロー&ハイビームを兼ねる。バンパー部はウインカー。

テールランプは上がウインカーとバック、下は外がスモールで中がブレーキ。

1.8リッター直4 SOHC 8Vエンジンは、中期型以降、ボッシュ製デジファント(電子制御インジェクション)を装備することで、105psを発揮した。

現車は純正オプションのBBS製メッシュ・ホイールを装着。タイヤは185/55R15で、標準より2インチ・アップしている。

INTERIOR & LUGGAGE

シンプルだが必要なものは全てある!

ゴルフI後期型とよく似た、角張ったインパネ・デザインを採用。右ハンドル仕様の場合、ペダルは左にオフセットしている。オーディオは当時の純正ではなく、交換されたものだ。

メーターもゴルフI後期型とよく似た意匠で、外観同様先代からの継続性を意識していたのがわかる。シンプルだが非常に見やすく、わかりやすい。

インパネ中央にオーディオと空調スイッチが並ぶ。センターコンソールは灰皿の上に前席用パワーウインドウスイッチ。

現車の内装の状態は良好。シートは硬めで、背筋を伸ばして座るタイプ。サポート性は期待できないが、長時間のドライブでも疲れなさそうだ。

後席は座面がやや高くなっており、大人二人なら余裕で座れる広さ。左右のベルトは3点式だが、ヘッドレストは当時まだ装着されていなかった。

ラゲッジは通常でも十分広いが、後席をダブルフォールディングすればワゴン並みに使える。またGLiは6対4の分割可倒だ。

IMPRESSION

時代を感じさせる部分はあるが
それが運転の楽しさにつながる

今回取材でお借りしたのは、最終型の豪華バージョンGLiの3速A/T仕様。走行距離は11万kmを超えているが、1年程前にオールペイントされている上、長くスピニングガレージでメンテされてきた個体のため、非常に良い状態に保たれている。内装のコンディションも良く、シートはいかにもこの時代のドイツ車らしい硬めのもので、背筋を伸ばして座ることになる。

走り出してまず驚くのは、アクセルペダルが重いというか硬いこと。これは、アクセルワイヤーの取り回しが複雑な右ハンドルのA/T仕様だけの特徴だそうで、最初は違和感を感じる。ただ慣れれば、それほど気にならなくなる。またA/TセレクターをDに入れると、振動がかなり伝わるが、これも走り出してしまえば、さして気にならない。

中期型以降、ほとんどの車種に装備されていたパワーステアリングは、やや重めだがフィールは自然。また取材当日は小春日和でエアコンを使ったが、問題なく冷えていた。因みに現在はノンフロンのCOLD12というACガスを使用しているそうだ。

もちろん3速A/Tゆえ加速は緩やかで、変速ショックも大きいし、高速になれば音も煩い。安全装備はエアバッグどころかABSすら備わらない。だがそれがどうした? と思ってしまう。なにせ、現代の路上で必要な装備は最低限揃っているのだ。不便だったり慣れが必要だったりするのも、結構楽しかったりする。クルマってこれで十分じゃないか。久々にゴルフIIに乗って、改めてそう思ってしまった。

SPECIFICATION
VOLKSWAGEN GOLF II GLi 4DOOR
全長×全幅×全高:3985×1665×1415mm
ホイールベース:2475mm
車両重量:1050kg
エンジン型式:水冷直列4気筒SOHC 8バルブ
総排気量:1780cc

最高出力:105ps/5400r.p.m.
最大トルク:15.1kg-m/3800r.p.m.
サスペンション(F/R):ストラット/トレーリングアーム
ブレーキ(F/R):ディスク/ドラム
タイヤ(F&R):175/70R13

1 2 3