BUYERS GUIDE

<バイヤーズガイド>
ホントに買っていいんですか?
気になるクルマをユーザー目線で掘り下げます

シトロエンBXが欲しい!! CITROËN BX

EDITOR中島秀之
PHOTOGRAPHER奥村純一
協力: MODERN-SUPPLY GARAGE

シトロエンBXが欲しい!!

『シトロエンBX』は、1982年秋のパリ・サロンで、事実上GS系の後継車として発表されている。

プジョーのパーツを最大限利用しつつ、サスペンションなどには独自のハイドロニューマチックを採用。ボディデザインはベルトーネのチーフ、マルチェロ・ガンディーニが担当した。

初期型はボビン式メーターなどを装備。日本には西武自販を通じて、1984年5月に1.6リッター直4SOHC+キャブ+5速M/Tの『16TRS』がまず輸入された。翌年パワーステアリング付となり、4速A/Tも追加されている。

1986年秋には、マイナーチェンジされたモデルを導入。ライト周りやバンパーが変更され、インパネは一般的なアナログ式になった。『16TRS』に加え、1.9リッター+キャブの『19TRS』も追加された。

1987年には、120psの1.9リッターSOHC+インジェクション・エンジン+5速M/T(1989年から4速A/Tを追加)とエアロパーツを装備した『19GTi』、1.9リッター+キャブ・エンジンのワゴン『19TRSブレーク(4速A/T)』を追加。

1989年にはGTiと同じ120psエンジンの『19TRIブレーク(4速AT)』や、1.9リッターDOHC16バルブ(145ps)エンジンとエアロを装備した『19GTi 16バルブ(5速M/T)』を発売。更に1.9リッターSOHC+インジェクション(100ps)エンジンの『19TRI(4速A/T)』も登場。

同年秋からマツダ系のユーノス店でも取り扱いを開始。1990年には1.6リッター+キャブの『16TZS(西武自販)』や1.6リッター+SPIの『16TZI(ユーノス/4速A/T)』が登場。更に1991年春に5ドアとブレークの19TRIは『19TZI(4速A/T)』に進化し、1993年まで販売が続けられた。

EXTERIOR & ENGINE

細身の角張ったボディが
今となっては新鮮

マルチェロ・ガンディーニによるボディデザインは、全体に直線基調でありながら、非常に個性的。撮影車両は1991年式の16TZS。

ヘッドライトはガラス製レンズを持つ。フォグランプは当時の純正オプション。TZ系は上部が黒のバンパーを採用する。

テールランプは外側がウインカーとバックフォグ、中央にバックとスモール、内側(上下点灯)がブレーキという配置。

後方に傾けて搭載される1.6リッター直4SOHC+キャブレター・エンジン。左右緑色の球体がスフェア。

フルホイールカバーを持つ純正スチールホイールに、165/70R14サイズのタイヤを装着。

SPECIFICATION

CITROËN BX 16TZS
全長×全幅×全高:4235×1680×1365mm
ホイールベース:2655mm
車両重量:1060kg
エンジン:水冷直列4気筒SOHC
総排気量:1580cc

最高出力:92.5ps/6000r.p.m.
最大トルク:13.4kg-m/3500r.p.m.
サスペンション(F/R):ストラット/トレーリングアーム
ブレーキ(F&R):ディスク
タイヤ(F&R):165/70R14

INTERIOR & LUGGAGE

快適な座り心地のシートと
十分に広い室内

直線基調のインパネ。シトロエンらしさを強調する1本スポーク(ただしスポークがかなり太い)ステアリングが目立つが、それ以外はこの時代らしいデザイン。

Veglia製のアナログメーターは、初期型のボビン式に比べると極めてオーソドックスなデザイン。4つのメーターと各種警告灯がズラリと並ぶ。

センターコンソールには、空調の吹き出し&スイッチ類の下に、蓋付きの灰皿とコインケース、オーディオなどが並ぶ。

TZSのシートは、TRS時代から引き継がれた形状。樹脂のフレームに柔らかなスポンジを貼り付けたような造りで、快適な座り心地を提供してくれる。

後席も前席同様、フワリと包み込まれるような座り心地を味わえる。バックレストは当時オプションで、非装着車が多いのだが、前席用を改造して装着できるそう。

ラゲッジスペースはかなり大きい上、床面がフラットで使いやすい。

6対4分割可倒になったのは1991年モデル以降。それまでは一体可倒。

ダブルフォールディングにすれば、写真のように荷室は広大になる。

1 2 3