BUYERS GUIDE

<バイヤーズガイド>
ホントに買っていいんですか?
気になるクルマをユーザー目線で掘り下げます

ルノー4が欲しい!! RENAULT 4

EDITOR中島秀之
PHOTOGRAPHER山本佳吾
協力: コレツィオーネ

HISTORY

ルノー4販売の変遷

1961年

10月:ルノー4を正式発表。廉価版のR3【A】、標準車のR4、6ライトウインドウで装備が充実したR4L【B】の3グレードに、車体後部を一段高い荷室とした商用車フルゴネット【C】を加えた4タイプ。エンジンはR3のみ直4 OHV 603cc/22.5psで、R4は同747cc/26.5ps、ミッションはいずれも3速M/T(1速ノンシンクロ)だった。

【A】R3
【B】R4L
【C】フルゴネット

1962年

3月:R4Lに下ヒンジのテールゲートなどを備え、747ccエンジンを32psとした豪華版R4シュペールコンフォール【D】を追加。

【D】R4シュペールコンフォール

ルノーと密接な関係にあるコーチビルダー、サンパール社が開発・生産する4WDモデル、R4SINPAR 4×4を発売。

9月:R3が生産終了となり、R4シュペールコンフォールに代わる最上級車R4Lシュペール(当初輸出専用)【E】が登場。ドーフィン用直4 OHV 845cc/32psエンジンを搭載。

【E】R4Lシュペール

1963年

3月:R4Lをベースに、女性雑誌ELLEとの共同開発により誕生した、パリジェンヌ【F】が登場。籐を模した模様かチェックの柄が入ったカラーリングや特別内装を装備。

【F】パリジェンヌ

9月:1964年モデルを発表。初のマイナーチェンジを行い、バンパーがバータイプから鋼板製になる。ミッションは3速のままフルシンクロ化。R4L、R4Lシュペール【G】はリアクオーターウインドウもスライド開閉式となる。またフルゴネットに後席とサイドウインドウを設けたブレーク仕様【H】を追加。

【G】R4Lシュペール

【H】ブレーク

1965年

9月:1966年モデルを発表。グレード体系を一新。ルノー4ルクス、ルノー4エクスポート【I】、ルノー4パリジェンヌの3種となる。またエクスポートとパリジェンヌは845ccエンジンがオプションに。

【I】エクスポート

1967年

9月:1968年モデル【J】を発表。フロントグリルをヘッドライト一体型に変更。ミッションがフルシンクロの4速M/Tとなり、パリジェンヌは1968年モデルで生産を終了した。

【J】1968年モデル

1968年

6月:ルノーと密接な関係にあるコーチビルダーのサンパール社が改造と生産を担当した、ドアのないオープントップモデルのプレ・ネール【K】を発売。

【K】プレ・ネール

1970年

電装系が6Vから12Vに変更された。

1971年

9月:1972年モデル【L】を発表。ベーシックエンジンが782cc/30psとなる。

【L】1972年モデル

1975年

6月:フルゴネットに、全長を8cm延長したF6【M】と呼ばれるタイプを追加。エンジンはR4GTL登場に先立ち、直4OHV 1108cc/34psを搭載する。

【M】F6

10月:1976年モデルを発表。フロントグリルが樹脂製の黒いものとなり、各部を改良。装備の違いにより、4L、4TLと、バンパーなどを黒塗装とし、派手な内装を与えた若者向けのサファリの3タイプ【N】に。プレ・ネールは廃止。ミッションはR6用に変更。

【N】4L/サファリ/4TL

1977年

10月:東京モーターショーにキャピタル企業がサファリを参考出品。その後正規輸入を開始。サファリの後、TL、GTLを輸入。またフルゴネットも各種輸入された。

1978年

1月:直4 OHV 1108cc/34psエンジンを搭載し、グレーのオーバーライダー付バンパーやサイドモールを備えたGTL【O】を新設定。サファリは廃止。

【O】GTL

7月:フルゴネットF6をベースにリアを荷台にしたピックアップ【P】を発売。

【P】ピックアップ

1981年

5月:GTLをベースに、ストライプなどで装飾したジョギング【Q】を5000台限定発売。

【Q】ジョギング

1982年

インストゥルメントパネルを変更。

1983年

フロントディスクブレーキをGTLに用意。845ccエンジンが34psとなる。

1985年

3月:GTLベースの特別仕様車シックスティーズ【R】を2200台限定発売。

【R】シックスティーズ

1986年

TLの845ccエンジンが直4 OHV 956cc/34psに変更される。

5月:GTLの装備を豪華にしたGTLクラン【S】を発売。

【S】GTLクラン

TLをベースに、独自の内外装を与えたTLサバーヌ【T】を発売。

【T】TLサバーヌ

フランス本国での生産を終了。スペイン工場で生産を継続。

12月:日本のキャピタル企業がルノーの輸入権を返上。以後ルノー4は並行輸入される。

1992

TLサバーヌをベースに独自の内外装カラーを与えた若者向けカルト・ジューヌ【U】を発売。

【U】カルト・ジューヌ

GTLクランをベースとした最終限定車バイバイ【V】を1000台限定発売。インパネにシリアルナンバー入り。

【V】バイバイ

12月:R4の生産終了を発表。1994年まで、モロッコとスロベニアで生産を継続。

1 2 3