BUYERS GUIDE

<バイヤーズガイド>
ホントに買っていいんですか?
気になるクルマをユーザー目線で掘り下げます

アルファロメオ・スパイダー(初代シリーズ4)が欲しい!! ALFA ROMEO SPIDER(Sr.4)

EDITOR中島秀之
PHOTOGRAPHER奥村純一
協力: K-REX

アルファロメオ・スパイダー(初代シリーズ4)が欲しい!!

アルファロメオのジュリア・シリーズ(105系)は、1962年にまずセダンのみが登場し、クーペとスパイダーはジュリエッタ系ボディの1.6リッター版にその名が与えられていた。クーペは翌年新しいボディになったが、スパイダーは1965年まで古いボディのまま生産が続けられた。

1966年のジュネーブショーでようやくスパイダーの新型が登場。直列4気筒1.6リッターDOHCエンジンをフロントに縦置きし後輪を駆動、サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーンでリアがトレーリングリンクによるリジッドという、ジュリア系のメカニズムを流用。ボディはピニンファリーナの手による美しいデザインを採用していたが、テールエンドが丸く尖っていたことからボートテールとも呼ばれた。また車名は旧型との混同を避けるためか単純にスパイダーとされたが、公募で決定したサブネームのデュエットの名も用いられた。

その後スパイダーはバリエーションを増やしつつ、1969年にはテールをスパッと切り落としたようなデザインのシリーズ2、通称コーダトロンカに進化。更に1983年には前後スポイラーなどを装備したシリーズ3、通称エアロディナミーカへと発展。1986年にはエンジンが電子制御インジェクション化され、エアロパーツなどを備えたクアドリフォリオ・ヴェルデが追加されている。また1988年から大沢商会の手で、このシリーズ3が国内販売されている。

1990年に、前後樹脂バンパーやパワステなどを装備し、ピニンファリーナでリデザインされたシリーズ4、通称ヴェローチェがデビュー。前年設立された日本法人の手で、5速M/T仕様と3速A/T仕様が1991年から国内販売された。

このシリーズ4は1993年まで生産され、ジュリア系スパイダーは27年におよぶ長い寿命に終止符を打った。

EXTERIOR & ENGINE

クラシックとモダンが見事に融合

シリーズ4ではリアスポイラーなどが廃止され、基本デザインの良さが強調されることになった。オープン時のデザインがやはり美しいが、幌を閉じた姿もなかなかハンサムだ。

丸型のヘッドライトはキャレロ製。バンパーにスモール&ウインカー、サイドウインカーを装着する。

テールライトは上段端部分がスモール&ブレーキで隣が反射鏡、下段端がウインカーで隣がバック。

アルファの盾はSr.3と同様バンパーに組み込まれているが、より一体感のあるデザインとなった。

クラシカルな三角窓はエアコンの備わるシリーズ4まで残された。外気を取り入れるのに有効で、とても便利。

ミラーは本来ボディ同色の四角いタイプが備わる。現車はアルファ純正タイプの丸型を装着している。

指で引っ張って開ける、美しい形状のドアノブはシリーズ2の途中から、この最終型まで使用された。

リアフェンダー前部に装着されるピニンファリーナの美しいエンブレム。ボディ側面を引き締めている。

本来195/60-15のタイヤとディッシュ型アルミの組み合わせだが、現車は185/70-14のタイヤとGTAレプリカホイールを装着する。

長い歴史を持つアルファ・ツインカムを搭載。2リッター+電子制御インジェクションで120ps/17.3kg-mを発揮する。高回転での伸びはないが低速から扱いやすい。

INTERIOR & LUGGAGE

イタリアの伊達をインテリアでも強調

斜めに生えたシフトレバーが特徴的なインテリア。ステアリングは本来エアバッグ付だが、現車はmomoのINDYに交換されていた。全体の造形やカラーリングは、いかにもイタリアらしい雰囲気だ。

透明パネルの奥に整然と並んだメーター。速度計とタコメーターの間は、上段が油圧と電圧、下段が燃料と水温。

センターコンソール部には空調関係と時計があり、下段にパワーウインドウとハザード・スイッチなどが並ぶ。

表皮がレザーとバックスキンのコンビのシート。オープンカーだが座面の厚さ、長さとも十分にあり、座り心地が良い。

シート後方に大きなスペースがあり、荷物が積めるのも嬉しい。現車はここにナビの本体やスピーカーを設置している。

深さはそれ程ないが十分に広いトランクスペース。カーペットのバルクヘッド部にアルファのマークが刻印されていた。

幌は本来黒だが現車はベージュに変更されている。

幌の開閉は手動だが、操作はとても簡単。ラッチを2ヶ所外して後ろにズラすだけだ。

SPECIFICATION
ALFA ROMEO SPIDER VELOCE(5M/T)
全長×全幅×全高:4260×1630×1290mm
ホイールベース:2250mm
車両重量:1180kg
エンジン型式:直列4気筒DOHC 8バルブ

総排気量:1961cc
最高出力:120ps/5800r.p.m.
最大トルク:17.3kg-m/4200r.p.m.
サスペンション(F/R):ウィッシュボーン/リンク固定
ブレーキ(F&R):ディスク
タイヤ(F&R):195/60R15

1 2 3