TMB IMPRESSION

<インプレッション>
実際乗ったらどうなんですか?
TMBが選りすぐった“名車”を運転してみて感じたこと

私小説:ジャッカルの日、その後ALFA ROMEO GIULIA SPIDER

1973年に公開された「ジャッカルの日」という映画をご存知だろうか? 当時はちょっとした暗殺映画ブームで、「暗殺」を題材にした映画が数多く発表された。その中でも名画と誉れ高い「ジャッカルの日」。今回はその主人公の愛車として登場したジュリア(ジュリエッタ)スパイダーが主役。そこでちょっと趣向を変えて、私小説風にアレンジしたストーリーをお読みいただこう。

VIEW

サーキットに舞い降りた、かわいい悪魔ALFA ROMEO 1750 GTV RACER

その日筑波に佇んでいたのは、深紅のボディに身を包み、心臓部には丁寧にチューニングされたアルファツインカムを積む、アルファロメオ1750GTV。ナンバーなしのサーキット専用車らしく、ヘッドライトの一部を取り外してエアインレットとし、加えて前後バンパーレス、車高は徹底的に低められ、今にも飛び掛かってきそうな獰猛なフォルムを身に纏っていた。

VIEW

限界領域で分かったアルピーヌの本来の姿ALPINE A110 ON TRACK

2018年の日本上陸以来、スポーツカーファンを魅了し続けるアルピーヌA110。公道での走りの気持ちよさは多く語られているところだが、ではサーキットでのA110の実力は、いったいどれほどのものなのか? ここでは開発にも携わった石井昌道によるサーキットインプレッションをお届けしよう。

VIEW

ピュアな楽しさを味わえ!ALFA ROMEO 4C&LOTUS ELISE SPORT 220II

目まぐるしいスピードで変化を遂げている自動車業界。スポーツカーも例に漏れず、電動化を始めとする変化の時が訪れている。シンプルなメカニズムを持つ、ライトウェイト・ミッドスポーツカーが新車で買えるのも、もしかしたらあと少しの期間なのかもしれない。

2021.01.03

VIEW

DSとラリーの意外な関係CITROËN DS 21 RALLY MODIFIED

DS/IDがラリーシーンで活躍していたと聞いて、意外と思う人もいるだろう。ラリーカーにしては大きく、重く、遅く、そして信頼性に欠けると。しかしシトロエンに普遍的なロジックが通用しないのは今も昔も一緒。WRCの前身であるERC(欧州ラリー選手権)では、強大なライバルを相手に互角以上に渡り合い、特に路面状況が悪ければ悪いほどその力を発揮。優秀な成績を収め、DS/IDの信頼性の高さを証明したのだ。

VIEW

幻の自動車メーカーが展開する斬新な世界観MATRA M530 SX

フランスにもスポーツカーは数多くあるが、一際個性的なモデルをリリースしていたメーカーといえばマトラだろう。M530SXは、丸い目と口を開けた愛嬌のあるスタイルだったが、その中身は4シーターミドと先鋭的だった。

VIEW

アバルトと鎬を削った名チューナーFIAT GIANNINI 127 NP

1920年創業のジャンニーニ社はミッレミリアの黎明期から活躍し、イタリアにその名を轟かせた名チューナーで、アバルトともライバル関係にあった。そんなジャンニーニが手掛けたイタリアンピッコロをお楽しみいただこう。

VIEW

カロッツェリア・ギアが手掛けた流麗なオープンモデルRENAULT CARAVELLE

エレガントなボディラインが魅力のオープンモデル「カラベル」。その優雅な佇まいは、現代のどのクルマを持ってきても、到底太刀打ちできない説得力がある。かつて一世を風靡たプロムナードカーとは、どのようなクルマなのか?

VIEW