TMB IMPRESSION

<インプレッション>
実際乗ったらどうなんですか?
TMBが選りすぐった“名車”を運転してみて感じたこと

ビッグプジョーの真骨頂PEUGEOT 604 SL

1975年に登場した604は、41年振りに復活したプジョーのフラッグシップモデル。大きなボディにV6エンジンを搭載し、大統領の公用車としても用いられた。当時の時代背景もあって、セールスは成功しなかったものの、プジョーが本気で作り込んだサルーンは今もなお輝き続けていたのだった。

VIEW

フツーのフランス車じゃ満足できない!?RENAULT ESPACE & CITOROËN C4 CACTUS

フランス車を選ぶのは、ステイタス性や経済性ではなく「味わい志向派」が多い。なのでディープ方向に進むのも自然の成り行きといえる。日本へ正規導入されていないのであれば、現地仕様車を積極的にチョイスする人も増えてきているようだ。

VIEW

いつの時代も身近に寄り添う相棒CITOROËN 2CV & FIAT 500

高騰し続けているクラシックカー市場のなかで、シトロエン2CVと2代目フィアット500は、今も身近な存在でいる。フレンドリーなデザイン、ワクワクする走り、この2台は我々にとって永遠の定番なのだ。

VIEW

ヒストリックなスポーツカーを手軽に楽しみたいMORGAN PLUS 8

クラシカルな雰囲気はそのままに、その時代に合わせたパワートレインを搭載するモーガンは、気兼ねなくヒストリックカーの気分が味わえる数少ないブランドだ。最近はニューモデルが投入されるなど、日本での人気も再燃している。

VIEW

名門の名門たる所以LANCIA FULVIA COUPE 1.3S

今から110年以上前の1906年に創立され、イタリアの中流階級に愛され、気品溢れる車両を作り続けてきたランチア。もちろんストラトスやデルタの活躍によるラリーのイメージも強い。ただ、ラリーで活躍した最初のマシンは、鼻先に狭角V4ユニットを搭載したこのフルヴィアからなのだ。

VIEW

60年たっても色あせない、高貴なる気品CITROËN DS 19

1955年のパリ・サロンに登場するやいなや、その先進的なデザインとメカニズムで会場の話題を一気さらったDS。瞬く間にバックオーダーを抱えるほどの人気を博したという。半世紀を超えて、その伝説に今一度触れてみる。

VIEW

オール・イン・ワンの四角いジュリアALFA ROMEO GIULIA SUPER

2017年に再び日本上陸を果たし、発売が開始されたアルファロメオ・ジュリア。その起原を辿れば、多くの人が2ドアGTの"段付き"を思い浮かべることだろう。しかし今回は、4ドア・セダンのベルリーナに光を当ててその魅力に迫りたい。

VIEW