TMB IMPRESSION

<インプレッション>
実際乗ったらどうなんですか?
TMBが選りすぐった“名車”を運転してみて感じたこと

LOTUS SEVEN SERIES2

ケータハムが継承したことで、現代でも多くのフォロワーを持つセブン。往年のフォーミュラカーを範とするライトウェイト・スポーツの決定版は、今なおスポーツカーファンにとってのマスターピースであり続けている。

TEXT / 吉田拓生 PHOTO / 佐藤亮太
SPECIAL THANKS / ウィザムカーズ(https://www.witham-cars.com

天衣無縫のマスターピース

メイクスや時代、そして国籍まで乗り越えて究極のライトウェイト・スポーツカーとして語られることが多いロータス・セブン。500kgに満たない車重を誇るこのクルマの存在感は、時代が進みクルマの車重が増すほどにクローズアップされていくことになるのだろう。

タイヤが四隅に張り出したセブンの独特のスタイリングは、今日ではロータス・カーズの創始者であり稀代の発明家でもあったアンソニー・コーリン・ブルース・チャプマンのアイデアのように思われているが、戦後のイギリスでは多くのバックヤードビルダーがセブンによく似た“スペシャル”を作り出していた。

戦勝国ではあったが疲弊していた戦後のイギリス人はしかし、古びたオースティン・セブンに大改造を施して、戦中には飛行場として使われていたグッドウッドやシルバーストンといったサーキットに持ち込んで鬱憤を晴らしたのである。

現代ではシンプルの極みとして知られるセブンだが、デビュー当初その簡潔さには違った意味があった。高い税金から逃れるためにキットカーとしてセブンを購入したアマチュア・レーサーたちにとっては組み立てやすい構造こそ重要なものだったのである。

これ以上何も差し引くことのできないロータス・セブンの構造は、アルミモノコック構造が出回る以前のフロントエンジンフォーミュラカーそのものだった。ゲージの細い鋼管をロウ付けの低温溶接でスペースフレームとして組み上げ、そこにストレスメンバーとしても効くアルミパネルをリベット留めしていく。軽量というだけでなく現代では高級なイメージも纏うアルミボディだが、戦後のイギリスでは鉄の方がはるかに貴重でありアルミは配給による入手が容易だった。ちなみにセブンのフレームに塗られたグレーのペイントは英国海軍の使い残しである。

50年以上も前に既にこのスタイルが確立されていたセブン。

ケントのOHVエンジンは、ウェーバーのキャブを1基搭載する初期型。ロータス製のインマニが備わり、軽やかな吹け上がりを約束する。

1 2