TMB IMPRESSION

<インプレッション>
実際乗ったらどうなんですか?
TMBが選りすぐった“名車”を運転してみて感じたこと

MAZDA R360 COUPE

オート3輪メーカーとしての地歩を固めたマツダは、同社初の乗用車として軽自動車を選択している。先行するライバルの市場を徹底的に調査した結果、リヤシートが狭くても勝負できると判断した。その結果生まれたのはユニークな2+2クーペだった。

TEXT / 増田 満 PHOTO / 佐藤亮太
SPECIAL THANKS / 西海 治

マツダ乗用車のルーツ

低いウエストラインと広いガラスエリアがスポーティさと実用性を両立。

太平洋戦争前後に、ダイハツと熾烈なオート3輪販売合戦を繰り広げたマツダ(当時は東洋工業)。そもそもコルク製造を担う広島の会社であったが、軍の指定工場になったことから工作機械やエンジンの製造を行うようになった歴史を持つ。そのマツダが戦後、爆発的なヒット作となったダイハツの軽三輪トラック、ミゼットに対抗するため、ミゼットの2年遅れで発売したのがK360だ。

K360はミゼットの2サイクルエンジンとの差別化を図るため、4サイクルのV型2気筒エンジンが採用された。簡便な2サイクルではなく、あえて手間隙のかかる4サイクル、しかもコストがかかるV型2気筒という形式を採用したのは、何も軽オート3輪のためだけではない。いずれ乗用車を開発する意図が存在した。

というのも1955年、当時の通商産業省が提唱した『国民車構想』に刺激され、1958年に富士重工業からスバル360が発売されたことがある。まだ国民の所得が低い時代であり、マイカーを持つことなど到底叶わない。ところがスバルは、その夢を現実のものにできるかもしれないと希望を持たせてくれた。それゆえ、先行して発売されていたスズキのスズライトを寄せ付けない大ヒット作となっていたのだ。

この状況を見てマツダは、オート3輪と同時に軽乗用車の開発に乗り出す。目標はスバル360であり、差別化のため開発した4サイクル・エンジンを活用するため徹底した軽量化を図ることになる。フレーム式が当たり前だった時代にモノコックボディを開発して、ボンネットには軽合金を、リアウインドウ(初期型ではサイドも)にはアクリルを採用する徹底ぶり。エンジンもK360のままではない。シリンダーヘッドやロッカーアームカバー、クランクケースなどにアルミやマグネシウムという軽量素材を盛り込んだのだ。

これらの結果、1960年に発売された当時のマツダR360クーペは380kgという軽量さを実現していた。これは1958年型のスバル360で385kg、量産後1960年型の同405kgを凌駕するものだった。同じ排気量であれば4サイクルより2サイクルが高出力化に向いていたが、軽量さにより不利な点をカバーするものだった。また販売価格も意欲的な設定とされ、1960年当時で比較するとスバル360が38万5000円だったことに対しR360クーペは31万円に抑えられていた。

またR360クーペで特筆すべき点は、この時代の軽自動車としては常識破りだったA/Tを設定していたことだ。標準の4速M/Tに加え、トルクコンバーターによる2速AT仕様が用意されていた。これは現在、家具メーカーである岡村製作所が1957年に自社開発したミカサに搭載するため開発したもので、オイルをインペラと呼ばれる容器に満たして回転慣性を利用するものだった。A/Tのクラッチとして広く採用されたものであり、”トルコン”と呼ばれ親しまれたのはこのためだ。R360クーペでは2速ギアと組み合わせられた。

Vツインの鼓動をRR方式で楽しむ、時代を超えた2+2クーペ。

発売当時、このA/Tモデルは女性向けというより身障者向けとされていた。とはいえイージードライブを好む層は今も昔も存在する。これらの結果、R360クーペは発表から発売までの間に4500台を受注。発売後の1960年8月には2000台を突破し、12月には4090台という驚異的な記録を収めた。この年の累計販売台数は2万3417台となり、軽自動車の生産シェアで64.8%にもなった。

だが、R360クーペは軽量ボディを実現するためリアシートが+2でしかない。事実上、大人が乗るには無理がある広さで、居住性ではライバルのスバル360に太刀打ちできなかった。そのため初年度の勢いが継続せず、1962年にはリアシートが実用的なキャロルを発売してスバルを追撃することになる。

2+2の2ドアクーペ、現在ならスポーツモデルとして人気が出そうだが、発売当時は庶民が自動車を所有できる時代ではなく、非常に意欲的なモデルといえた。販売台数が伸びずキャロルの印象が勝ってしまったが、R360クーペはマツダ初の4輪乗用車として記念すべきモデル。空冷V型2気筒エンジンをリヤに搭載するRRであり、軽量なボディと相まってスポーティな操縦性を備えてもいた。

実際にドライブすると、どのようなクルマであるのだろう。だが試乗できるほどの台数は現存していない。今回、初めてR360クーペを運転する機会に恵まれた。以前、キャロルに乗ったことがあり、アルミ製とはいえ重い4気筒エンジンゆえの遅さが印象に残ったもの。それとの比較という意味では、R360クーペは遅さを意識することはない。確かに速い乗り物ではないし、現代の路上においては障害物になってもしまう。だが、低回転から瞬発力があり、リアから車体を押し出す感覚がしっかりしている。すべての動きに軽さを感じられ、これはやはりスポーティなモデルなのだと結論付ける結果になった。

鉄板剥き出しのインテリアは、軽量化が徹底している証。2本スポークのステアリングホイールは大きく細いもので、軽い力で操作できる。
ドライバー正面にはスピードメーターと積算計だけのプラスチック製メーターナセル。
フロントシートは持ち上げてコマをズラすことで3段階にスライドが可能だが、リクライニングはしない。
リアに搭載された空冷V型2気筒OHVエンジンはアルミなどを多用し”白いエンジン”と呼ばれた。
フロントフード内に燃料タンクがあり、給油ごとに開閉する。
ドライサンプ方式を採用しており、トランスミッションは前向き。
左フェンダーのスリットはエアの吸入口だ。

SPECIFICATION
MAZDA R360 COUPE
全長×全幅×前高:2980×1290×1290mm
ホイールベース:1760mm
トレッド(F/R):1040/1100mm
車両重量:380kg
エンジン形式:空冷V型2気筒OHV
総排気量:356cc

圧縮比:8.0:1
最高出力:16ps/5300r.p.m.
最大トルク:2.2kg-m/4000r.p.m.
変速機:4速M/T
サスペンション(F&R):トレーリングアーム
ブレーキ(F&R):ドラム
タイヤ(F&R):4.80-10-2P
新車当時価格:31万0000円

マツダの軽の歴史

1959 MAZDA K360
好調な売れ行きを示していた軽3輪、ダイハツ・ミゼットに対抗すべく開発された。V型2気筒エンジンをキャビンと荷台の間に搭載するミッドシップ方式を採用。ミゼットの9インチより大きな12インチタイヤを駆動するが荷室容量は少ない。1969年に生産を終了。
1961 MAZDA B360
K360やR360クーペと同じV型2気筒エンジンを積む、FRの4輪トラック/ライトバンとして発売。1963年のマイナーチェンジにより、空冷V型2気筒からキャロルと同じ水冷4気筒エンジンに換装された。1968年の生産終了後も、アジアで現地生産されていた。
1962 MAZDA CAROL
R360クーペより居住性を高めた、セダンボディのキャロルが発売される。搭載エンジンは水冷4気筒OHVに進化するが、RR方式は踏襲された。同年中に600ccエンジンを搭載するキャロル600を追加して1966年のマイナーチェンジでフェイスリフトされた。