TMB IMPRESSION

<インプレッション>
実際乗ったらどうなんですか?
TMBが選りすぐった“名車”を運転してみて感じたこと

PEUGEOT 304 BERLINE

プジョー初のFFレイアウトを採用した小型車「204」を化粧直しして1969年に登場した上級版の「304」は、古のプジョーらしく「必要十分にして過度なものもない」、という慎ましさを持つ“最強の実用車”だった。

TEXT / 遠藤イヅル PHOTO / 佐藤亮太
SPECIAL THANKS / LES MAINS S.P.R.L.(http://les-mains.sakura.ne.jp/

最強の実用車

フランスBIG3メーカーのうち、「プジョーはスポーティ」というイメージを持っている人がほとんどだと思う。しかし1983年に「205」が出現するまでは、プジョーといえば実直で堅実なクルマを長年にわたって黙々と生産するような“実用車メーカー”だった。パリの華、フランス車の合理性を一身に背負った前衛的なクルマを生むシトロエン、国営で最大手ながらも一癖も二癖もあるクルマが多いルノーと比べれば、メンテを怠らなければ何十万キロも保つような堅牢な車体、シャシーとエンジン、シンプルなFRレイアウトを採っていたプジョーの手堅さは明らかだったのだ。

一方でプジョーはスタイリングにはこだわりを持っていた。古くからデザイナーにイタリアのピニンファリーナを採用し、常に美しさや品格を失うことはなかった。それは「404」や「504」、「505」といったセダンを見ればわかるだろう。

プジョーが戦後の1948年に投入した「203」は1.3リッタークラスの中型車だった。プジョーらしく11年という長い生産期間を終えたが、後継車は車格が上の「403」で、さらに60年には一層大きくなった404も登場したため、プジョーには小型車の持ち駒がなかった。そこで65年に送り込まれたのが、1.1リッターエンジンを積んだ204だった。尻下がりのボディラインにビッグキャビンを載せた愛くるしい外観は、歴々のプジョー同様ピニンファリーナが手がけたものだが、それ以上に大きなトピックはSOHCエンジンを横置きに積むFFという、プジョーにとって初物づくしの設計だった。

そして1969年、204の前後を変更した「304」がデビューする。フロントマスクを68年登場の最上級車504譲りの吊り目に変更、リアのオーバーハングを伸ばして全長を15cmほど追加した304は、204の上級版で、エンジンも1.3リッターに増強、内装も高級化されていた。204にはベルリーヌ(セダン)以外にも、プジョー伝統のブレーク(ワゴン)、ホイールベースを290mmも詰めたスタイリッシュなクーペとカブリオレを用意していたが、これらは304にも引き継がれた。

駆動方式が変更になって小粋な外観を得ても、204、304ともに堅実な実用車という性格は不変だった。それは驚くほど広い室内に現れている。これは、全長わずか4.1m(といっても、当時の1リッタークラスとしては大きなクルマだった)に対して、およそ2.6m(!)もある長いホイールベースがもたらしたものだ。乗員をアップライトで着座させるとはいえ、後席足元の広さには目を見張るものがある。FFのメリットを生かし、床がフラットなのも特筆されよう。使い勝手が良さそうなトランクスペースは奥行きも深く、難なく大人4人分の荷物を飲み込めるほどの十分な容積がある。

日本に上陸してしばらく経っているという取材車の304ベルリーヌは、まるでカタログから飛び出てきたような抜群のコンディションを誇っていた。塗装は美しく保たれ、ステンレス製のバンパーなどは曇りもなく輝いている(そう、この頃のプジョーの銀色パーツは、メッキではなくステンレス製だったのだ)。

ドアを開け、これまた美しい状態の内装に見ほれつつシートに座り、ステアリングコラム左側のイグニッションキーを回すと、1.3リッターSOHCエンジンは静かに目を覚ました。コラムシフトを操作してギアを1速に入れて走り出す。ボクは、このシフトチェンジのアクションだけで、このクルマが欲しくなってしまう。プジョーは長らくコラムシフトにこだわっていたメーカーで、当時からチェンジアクションのスムーズさは定評があった。程よいバネの戻る感覚が絶妙で、つい余計なシフトチェンジを楽しみたくなるほどだ。

エンジンは低回転域からよく粘る性格で、21世紀に入ってすでに20年近く経た現代の都市交通でも、流れに遅れることは少ない。シトロエンほどふわふわしないが柔らかな乗り心地はまさしく古のフランス車のそれだった。

地味ながらも美しさを感じさせるデザインを備えているだけでなく、十分な実用性を持つ304。その一方で、華飾もなく、過度なパワーもなく、全てが慎ましやかだ。つまり、全てが「十分」で、全てが「過ぎない」のである。まさに最強の実用車ではあるまいか、と思った。

なお、304は運転すると実にファンなドライビングを楽しめるクルマだった。後年、205を皮切りにスポーティさを押し出したプジョーだが、その後に続いた各モデルも、どれも実用性が高かったことが思い出される。プジョーのクルマづくりはいつでも不変なのだ。

全てが「十分」、全てが「過ぎない

ベース車204の一部車種と共通のダッシュ。コラムシフトのチェンジアクションは抜群の気持ち良さ。
シトロエンのような突飛さはないが、横バー式の速度計を採用。この方式は視認性に優れる利点を持つ。ダッシュボードの一部に配された木目調パネルは、304が上級車であったことの証だ。
車内は全長4.1mしかないとは思えないほど広い。ただ柔らかいだけでなくほどよい反力がある座り心地良いシートはプジョーの特徴といえる。
全長4.1mでありながら2.6mものホイールベースを与えたことで、後席の足元の広さには目をみはるものがある。
204は当時最先端のSOHCと横置きFFを初採用。FRばかりだったプジョーでは画期的だった。304のパワートレインは204を基本とし、排気量は204の1.1リッターから1.3リッターに増強されている。65psのパワーは必要にして十分。
エンジンルームのメーカーズプレート。下側には「Essoの油脂を指定せよ」という注意書きが書いてある。
冬のオーバークールを防ぐグリルカバーも付属。いまとなっては貴重なアイテムだ。エンブレムを隠さない工夫が微笑ましい。
車齢を考えるとフルホイールキャップの程度は抜群といえるもの。タイヤサイズは145SR14となっている。
長いテールが204との違い。スクエアなトランクスペースは、304の短い全長を考えると驚異的な容積を誇る。
かつてのプジョーでは装着率が高く標準装備とも言えたサンルーフは304にももちろん備わる。

SPECIFICATION
PEUGEOT 304 BERLINE
全長×全幅×全高:4140×1570×1410mm
ホイールベース:2590mm
トレッド(F/R):1320/1260mm
車両重量:915kg
エンジン型式:直列4気筒SOHC

総排気量:1288cc
最高出力:65ps/4000r.p.m.
最大トルク:9.6kg-m/3750r.p.m.
サスペンション(F/R):ストラット/トレーリングアーム
ブレーキ(F/R):ディスク/ドラム
タイヤ(F&R):145SR14