OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど
ボクらのヤングタイマー列伝

マニアックなグループBマシンを取り上げます!WRCグループB詰め合わせ(マニアック編)

遠藤イヅルが自身のイラストともに1980年代以降の趣味車、いわゆる"ヤングタイマー"なクルマを振り返るのがこのコーナー。1971年生まれの遠藤イヅルと1973年生まれの編集担当が、独断と偏見でお届けします! 今回はグループB詰め合わせの"マニアック編"、行っちゃいますよ!

TEXT / 遠藤イヅル(イラストも)

WRC(世界ラリー選手権)のカテゴリーとして1983年に本格スタートしたグループB(Gr.B)レギュレーション。連続する12ヵ月に200台生産すれば参戦できたため、様々なモンスターマシンが誕生しました。今回は中でも以前お届けしたグループB詰め合わせの続きで(笑)、マニアックなマシンを取り上げてみたいと思います!

*WRCグループB詰め合わせ https://themotorbrothers.com/others/7110

国産でも数車種がGr.Bのホモロゲを取得してWRCに参戦していますが、『マツダ・サバンナRX-7』もその1台でした。大仰なオーバーフェンダーやリアスポイラー、ノーマルのリトラクタブルライトの位置を無視したヘッドライトなどに凄みが伺えます。Gr.B仕様として7台が製造されましたが、実戦投入を行った1984年にGr.Bは既に4WDターボの時代を迎えており、FR車であるRX-7は厳しい戦いを強いられました。

またGr.Bカーは異形モデルが多いですが、その筆頭が『シトロエンBX 4TC』です。同門のプジョーが205T16でフィールドを席巻していた頃、シトロエンはなんとサルーンであるBXをGr.Bカーのベースに選定。ラリー仕様のヘッドライトは小さく、張り出したオーバーフェンダーに巨大なリアスポイラー、長いフロントオーバーハングというアンバランスな見た目は、まさに異形! エンジンはプジョー505用のターボエンジンを縦置き搭載し、シトロエンSM用のトランスミッションを組み合わせています。数戦のみの参戦で、入賞は1986年スウェディッシュ・ラリーの6位のみという結果に終わりました。

さらにGr. Bカーの魅力には、勝つためのなりふりかまわぬハチャメチャな設計もありますが、それを象徴する1台が、『MGメトロ6R4』でしょう。ミニの後継だった小型車メトロをベースとしていますが、ボディ後半は鋼管スペースフレームで組まれた別物で、ミッドには3リッターV6DOHCを搭載。しかも駆動方式は4WDでした。空力付加物満載の外観が凄い! 地元デビュー戦の1985年RAC ラリーでは3位に食い込むなど、侮れないポテンシャルを見せています。

さてGr.B詰め合わせの最後は、このコーナーらしく”ナンダコレ!”なクルマをお送りしましょう。それが『ラーダ2105VFTS』です! 旧ソ連時代のラーダが開発したマシーンで、ベースは同社のベストセラーサルーン、2105。しかしオーバーフェンダーこそ勇ましいものの、化け物ばかりだったGr.Bの世界ではまったく歯が立ちませんでした(涙)。なおVFTSというレーシーっぽい名称がやたらカッコイイのですが単にこれ、”ビリニュス工場のクルマ”という意味しかないのが面白いところです。なんとまあ無機質な(笑)!