OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど
COLUMN

想像していたよりずっとピュアFORD FOCUS RS

日本に正規輸入されていない車両でも、推薦すべき車両は数多くある。ここでは筆者の独断と偏見で選んだ"直輸入車"をご紹介。色の組み合わせがどストライクな、フォード・フォーカスRSをピックアップする。

TEXT&PHOTO / 平井大介
SPECIAL THANKS / カーボックス横浜(http://www.carbox.jp/

想像していたよりずっとピュア

スカイブルーのボディが鮮やかだ。

走り出して最初の交差点で轍にステアリングが取られ、気持ちが引き締まった。全てのねじとか、ゴムとか、ブッシュとか、とにかく全てのものが引き締った感じ。今時こんなに足の硬いクルマがあるのかというほど街中の印象はハードで、減衰も、バネも、ついでに言うとレカロ製のシートまで硬い。”これは、毎日乗るには辛いかなぁ”という思いが頭をよぎる。ただし、この硬さは悪い印象ではなく、とにかくハードに作りこんだ印象だ。

そしてひとたびアクセルを踏むと、これがもうよく走る。何しろ、トルク感が強い。速いというよりはモリモリと力が出てくる感じで、言葉にするなら”強い”エンジンだ。ステアリングも、裏では実のところ何かやっているのかもしれないが、”ちゃんと曲げないと曲がってくれない”感じで、最近の電子デバイスの力を借りて自然に、ある意味不自然に曲がっていく挙動とは似ても似つかない。またしても”今時”という言葉が頭をよぎるが、でも、ちゃんと曲がる。とてもよく曲がるのだ。この感じ、旧いけどキライじゃない。

ずっと走っていたら、2代目フォーカスSTを思い出した。STとRSの違いということでハードさのレベルは異なるが、ボルボ製の5気筒ターボを積んだあのモデル特有の”力感”やキャラクターが似ている。きっとあの頃と、欧州フォードのスポーツモデルが目指すテイストが変わっていないのだろう。

色の組み合わせは、個人的にどストライク。ホットハッチ好きの琴線に触れるルックスで、ライバルはメガーヌR.S.、ホンダ・シビックのタイプRあたりだろう。ではフォーカスRSのアドバンテージは何かと考えると、この中で一番キャラが立っていないことだと思う。逆に際立つのはクルマとしての基本性能。例えばポジションの良さ。ステアリングとシフト、ペダルとの位置関係がしっくりくる。フォード車はブッシュがいいイメージがあるが、このクルマも然り。内装の作り込みは相変わらず大したことないけど、そこで”ちゃんと走らせればちゃんと走るクルマ”であり、自分の下手さもそのままさらけ出してしまいそうな、素直さがそこには漂う。そう、想像していたよりもずっとピュアなのだ。

今回車両をお借りしたカーボックス横浜の吉田さんにそんなことを話したら、フォーカスがデビューする前の、エスコートRSコスワースもこんな感じだったと教えてくれた。その後も歴代メガーヌR.S.とフォーカスRSを見てきて、前者はロングクルージングを得意とするのに対し、後者は好戦的でGT色が薄いと感じている。そしてこの2台がホットハッチの軸を作ってきたのは間違いないと。 今回のフォーカスRSがどの国でできたかはさて置き(ちなみに車体番号はドイツ)、やはり走りにストイックな英国車の匂いがする。それはロータス好きあたりを強烈にカバーしそうなもので、エリーゼあたりとガレージに並べたら楽しいかもしれない。

ボディカラー同様、スカイブルーとブラックを組み合わせた3代目フォーカスRSのインテリア。

ドライブモードはノーマル、スポーツ、レース、そしてドリフトが用意される。後半のふたつは”トラックのみ”と警告される。引きやすい位置にあるサイドブレーキも含め、これほどまでにドリフトをはっきりと意識しているのが興味深い。

レカロ製のシートも、スカイブルーを組み合わせている。

足元はミシュランのパイロットスーパースポーツで、足まわりが硬いのにどこか当たりが柔らかいのはそのせいか。

エンジンは2.3リッターターボで350psを計上。駆動方式は4WD となる。

テールエンドのディフューザーにもRSの文字。価格などはカーボックス横浜へ問い合わせを。

フォーカス歴代モデルの変遷

フォード・フォーカスRS(初代)
1998年にエスコートの後継として、新たにフォーカスの車名を得て登場した新世代ハッチバック。3ドア、5ドア、ワゴンが存在し、日本には5ドアとワゴンが導入された。3ドアはST170が少量正規輸入されたが、ご覧のように3ドアに用意された初代RSは残念ながら導入されていない。

フォード・フォーカスST(2代目)
2004年に発表された2代目フォーカス。キープコンセプトではあるが、ボルボS40/V50 らとプラットフォームを共有していた。写真は文中にも登場したフォーカスSTで、当時はフィエスタSTとモンデオST220が同時に日本で発売され、スポーツ・フォード全盛だった記憶がある。

フォード・フォーカスRS(2代目後期)
2代目にももちろん、フォーカスRSは用意された。初代に比べよりスポーツ色の強い印象だが、これも正規輸入されていない。そして3代目の途中でフォードが日本市場から撤退。残念ながら過去モデル、現行モデル、その情報が全く入らなくなってきてしまった。