OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど
COLUMN

いま一緒に旅へ出たいクルマCITROËN CX & LANDROVER SERIES1 & MORE

選者の個性が際立つ旅グルマのススメ。カー・マガジン編集部員、そして関係者が今、クルマ旅に出るならどれ? をテーマに選んだ結果がコチラ。レギュレーションは90年代までに生産されたモデルというのみ。みんな違った方向を目指すバラバラな結果が、またクルマ旅の魅力です。

TEXT / カー・マガジン編集部ほか

いま一緒に旅へ出たいクルマ

CITROËN CX

モータージャーナリスト 森口将之

この時代ではトップレベルのロングツアラーでありながら、かつて所有していたCXは自宅と修理工場の往復で、それどころではなかった。だからこそリベンジを果たしたいという気持ちがある。もちろん行き先は、はるか彼方。西洋建築や現代美術の訪ね歩きが、このクルマにふさわしいシーンかもしれない。今なお未来的なコクピットに身を置き、ハイドロニューマティックサスペンションの乗り心地とウルトラソフトなシートに身を委ねながら、クイックなセルフセンタリングステアリングを愛でるように扱いながら、どこまでも走り続けたい。

LANDROVER SERIES1

モータージャーナリスト 吉田拓生

速いスポーツカーに食傷気味なので、旅に出るなら旧いランドローバーを選びたい。高速道路には敢えて乗らず、ダートの林道ばかりを選んでゴトゴトとひた走り、山奥の鉱泉を巡る。昨今の日本でも、道路わきの岩壁が崩れはじめているような整備の行き届いていない林道はけっこうある。太古のランドローバーはそんな困難を愉しみに変えてくれる稀有な1台だ。野営の道具をたっぷりと積み込めるというのもメリットだが、乗り心地が悪く移動がそれなりに辛いから、ちょくちょく寄り道をしたくなるのも優れた旅車の資質かも知れない。

VOLKSWARGEN BEETLE

フリーランス・ライター/エディター 清水雅史

ぼくは愛妻家なので(ホントか?)、子どもたちが手を離れたらふたりでいろんなところに出かけたいと思っている(ホントだ)。そんなことを想像するとき、ステアリングを握っているのはマルサンのVWビートル。やせ我慢せず乗りたいから1.6リッターのクーラー付きがいい。コンバチもいいけどやっぱりサルーン。で、冬はスキーに……、エンジンフードへ取り付けたキャリアへ斜めにスキー板を載せてね。あ〜、ステキだなぁ。じつはこれがいちばんやりたいこと。人生においてかなり大切な夢なのです。問題は、妻が一緒に乗ってくれるかどうかだけれど。

DAIMLER DOUBLE SIX

フリーランス・ライター 武田公実

何年か前の春に1988年型デイムラー・ダブルシックス(DD6)を入手した筆者は、せっかくだから自身の愛車で旅をしてみたい。入手後間もない時期に、重要文化財に選定された都内のさる洋館を訪ねる機会があったのだが、あまりに絵になる光景に、わが愛車ながらすっかり魅せられてしまうことに。そこで、関東一円にも数多くあると思われる美しい景観にDD6を置いてみたくなったのだ。ところで、自分の愛車なんだから“旅に出たい”ではなく“旅に出よう”でイイのでは? と思われる向きもあろうが、特にこれからの季節はヒートが心配で……(泣)。

NISSAN SAFARI(1st)

カー・マガジン編集長 長尾 循

いつもは「小さくて軽いクルマ、バンザイ」などと言っているワタシですが、時々その反動で、大きくてタフなクルマが欲しくなることがあります。どこか遠い旅に出るとすれば、なおさら。とはいえ昨今の“便利過ぎる欲張りSUV”や“ラグジュアリー過ぎる本格オフロード4WD”はどうにも性に合いません。1930~40年代のホルヒやシュタイアーなどの軍用オフロード4WDに強く惹かれますが、さすがにそれらを乗り回そうというのは非現実的。そんな事を考えながら選んでみたのが初代サファリ。80年代日産車特有の、シンプルなデザインも気に入っています。

MASERATI MISTRAL

カー・マガジン副編集長 平井大介

いつかヒストリック・マセラティが似合う上品なオトナになりたい……とずっと思っていました。フィアット2台、ランチア2台と順当にイタリア車人生をステップアップ(?)してきて、次はマセラティだなぁなんて。そんな中で旅に出るとなればやはりグラトゥーリズモ系で、ミストラルや初代ギブリあたりにトドメを刺します。できれば旅先の景色や空気感を直接味わいたいので、スパイダーボディであればベター。まあ「Zガンダムの再放送がまた始まった!」と騒いでいるようでは、そんなオトナになる日は一生来ないような気もしますが(汗)。

OTHER CONTENTS

クルマでしか味わえない素晴らしき旅の勧め・その1
https://themotorbrothers.com/others/10790

クルマでしか味わえない素晴らしき旅の勧め・その2
https://themotorbrothers.com/others/10837