OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど

アルファらしさを全身に湛えた、魅惑のスパイダーALFA SPIDER

近年、ヤングタイマーの世界で俄かに人気を高めているアルファロメオ916系スパイダー/GTV。個性的で鮮烈なデザインのボディと、FWDであることを感じさせない走り。まさしく1990年代を代表するオープンスポーツカーと言える。

TEXT / 武田公実 PHOTO / 澤田和久
SPECIAL THANKS / フィオラーノ(https://xn--dcko2iza6h0e.com/

アルファらしさを全身に湛えた、
魅惑のスパイダー

イタリア車、ことにアルファロメオにとって”スパイダー”は極めて重要なモデルと言えるが、同社の経営は70年代から長らく重篤な低迷状況に喘いでいた。それゆえ新たなスパイダーモデルを開発する余裕はなく、66年に”デュエット”としてデビューしたジュリア系スパイダーの生産が連綿と継続されていたのだが、誕生から27年を経た93年、惜しまれつつもついに生産を終えることになった。

そんな状況のもと、94年にアルフィスタ注視のもとデビューしたのが『ティーポ916』と呼ばれる新型スパイダー/GTV。このクルマに懸ける期待感が大きかったことは、イタリア国営TV局RAI-UNOが生番組内で発表VTRをフライング放映してしまった(!)という逸話からも窺われる。当時イタリア留学中だった筆者は、実はこの放送を偶然に目にしたのだ。

新型スパイダー/GTVへの期待感を喚起したのは、この時代に再び波に乗りつつあったアルファロメオに相応しい本格的な内容。Cセグメントの小型FWD車であるフィアット・ティーポ系プラットフォームは流用するものの、リアサスペンションはアルミ鋳造アームで組んだ専用のマルチリンクとされるなど、スポーツカーとして手を抜かない造りが施されていた。デビュー当初、EU市場向けスパイダーのパワーユニットは1.8/2リッターの直4DOHCツインスパーク16V。そして、164と共用のV6・SOHC12バルブの3リッターが選ばれた。

一方エレガントなオープンボディはピニンファリーナに委ねられ、スタイリングは当時の所属スタイリスト、エンリコ・フミア氏が担当。フミア氏曰く、’81年のジュネーブ・ショーに参考出品したコンセプトカー『アウディ・クォーツ』がデザインの出発点だったという。アグレッシブなプロポーションや、ボディサイドを斜めに切り裂く彫刻的なキャラクターラインなど、そのデザインはモダンかつ個性的なものだった。しかし一方で、’50年代の傑作ジュリエッタ・スパイダーをモチーフとした盾型グリル左右のサイドグリルなど、アルファ伝統のテイストも盛り込まれていた。また、GTVとはルーフの有無ていどで基本的にはほぼ同じデザインながら、リアエンドの造形はスパイダーのプロポーションに合わせるとともに、60年代のデュエットのスタイルをモチーフとし、なだらかにスロープする独自の意匠とされていた。

98年モデル以降はフェイズ2に進化。ノーズの盾のデザインが変更されるとともに、3リッター版のV6エンジンも暫時4カムシャフト24バルブ版に移行。24V版は2001年から日本にも導入されている。さらに2003年モデルからは盾型グリルの天地が延ばされた新スタイルになると同時に、V6ユニットも3.2リッターに拡大。最終的には2005年頃まで生産された。

4気筒特有の軽快なハンドリング

今回の取材に提供いただいた、鮮やかなゾエ・イエロー・メタリックのスパイダーは2000年モデルの、いわゆるフェイズ2。この時期の日本向けモデルは2リッター版ツインスパーク16Vの右ハンドル仕様のみが設定されており、取材車両もそれに相当する1台である。一方、筆者はかつて1997年型GTV3.0の左ハンドル仕様を6年半に亘って所有。その経験も踏まえて、RHD仕様のスパイダー・ツインスパーク16Vのドライブフィールについて、お話しさせていただくことにしたい。

これまでにも語り尽くされた感があるが、ツインスパーク16Vは、4気筒の量産ユニットとしては最も官能性の高いもののひとつと言える。軽やかな回転フィールとエグゾーストサウンド。そして鋭くも素直なレスポンスは、現代の高効率なダウンサイジングターボには絶対に望めない気持ち良さを存分にアピールする。

たしかに至宝とも称されるブッソーネV6と比べてしまうと、トルク感やサウンドでは少々薄味にも感じられるかもしれないが、それは比較の相手が悪い。あらゆる感触が4気筒としては最上である一方で、4気筒ゆえのハナの軽さを生かして、V6版よりは格段にクイックでナチュラルなハンドリングを示してくれる。またRHD仕様のアルファロメオについては以前しばしば取り沙汰された、ブレーキフィールやドライビングポジションへの悪影響なども当時言われたほどには感じられず、実用性を考えれば充分以上にアリ? と思われたのである。

3リッターV6版がクリームの濃厚なジェラートならば、このツインスパーク16V版は爽快ながらも味わい深いグラニータ(シャーベット)。どちらかが優れているというものではなく、あくまで自身の嗜好で選べば良いだろうが、いずれにせよ市場に残された台数は多くない。

DESIGN
ピニンファリーナ時代のエンリコ・フミア氏が手掛けたボディスタイルは、ほかのあらゆるクルマにも似ていない鮮烈なもの。スパイダーのテールは、往年のデュエットのデザインへのオマージュが捧げられたものという。
INSTRUMENT PANEL
1960-70年代のアルファロメオのデザインを、90年代に昇華させたインストゥルメントパネル。フェイズ2以降はセンターコンソールなどのパネルがシルバーに仕立てられるとともに、フィニッシュも大幅に向上した。
ENGINE
さる有名評論家が「4気筒のフェラーリエンジン」と評したツインスパーク16V。スペック上のパワーは155psと、排気量を考えればささやかなものながら、そのパワー感やトルク感は爽快の一言。レスポンスも素晴らしい。
TRUNK
デザインを優先した上に、嵩張るマルチリンクの後脚を収めるために最小限に抑えられてしまったラゲッジスペース。しかもスペアタイアが邪魔するために、ゴルフバッグやスーツケースなどを積むことは不可能である。
INTERIOR
シンプルながらゴージャス感も漂うインテリア。本革張りのシートは、掛け心地・ホールド性ともに秀逸。フェイズ2以降は縦畝の入るデザインとなるとともに、ボディ色に合わせたカラーコーディネートもなされた。
SAMPLE CAR
今回取材に借り出した2000年式アルファ・スパイダーは、茨城県坂東市にあるフィオラーノにて販売中だった個体。ゾエ・イエローが美しく、気になるソフトトップのコンディションも良好。現代のダウンサイジングターボには臨むべくもない刺激的な4気筒を心行くまで堪能したい。

SPECIFICATION
ALFA SPIDER
全長×全幅×全高:4290×1780×1315mm
トレッド(F/R):1500/1505mm
ホイールベース:2540mm
車両重量:1400kg
エンジン形式:水冷直列4気筒DOHC
総排気量:1969cc

ボア×ストローク:83.0×91.0mm
圧縮比:10.0:1
最高出力:155ps/6400r.p.m.
最大トルク:19.1kg-m/3500r.p.m.
変速機:5速M/T
懸架装置(F/R):マクファーションストラット/マルチリンク
制動装置(F/R):ベンチレーテッド・ディスク/ディスク
タイヤ(F&R):205/50R16
新車当時価格:410万円

1 2