OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど
COLUMN

1990年代に輝いた"第2のマツダ"の物語M2とはなんだったのか?

1990年代前半、マツダのサブブランドとして輝きを放った「M2」。そこではクルマの作り手、使い手の垣根を超えた夢のようなコミュニケーションを通じ、いくつもの名車が生まれていった。

TEXT / 日岐まほろ PHOTO / 編集部
SPECIAL THANKS / RCOJ(http://www.open-inc.co.jp/rcoj/

1990年代に輝いた”第2のマツダ”の物語

1989年に誕生し、日本のスポーツカー史にひとつの大きな文化を生み出したマツダ(ユーノス)ロードスター。今回、ロードスターの足跡の中で私たちに豊かな記憶を残してくれた、あるブランドについてあらためて向き合いたいと思う。そう、マツダ直系の生い立ちのもと1991年12月から1995年にかけ活動した「M2」だ。

マツダは東京都世田谷区の環状八号線沿いに拠点となる「M2ビル」を建設。そこにはM2車両の開発を手がけるマツダの技術者が常駐し、訪れるユーザーと開発陣が「直接」顔を合わせてコミュニケーションを交わす光景が日常だった。時には一般ユーザーに向けた開発中車両の展示や担当エンジニアによる新製品の発表会、説明会なども実施されたのである。

景気の陰りと経営トップの判断もありM2の活動期間は5年ほどで終焉を迎えたが、数々の魅力的な企画が手がけられた。実際に商品化された車両は、こうした1001や1002、1028などM2のアプローチを静かに物語る”証”として、中古車市場では今も高価なプライスタグが掲げられている。

今回、当時マツダ社員としてこのM2プロジェクトを立ち上げ、運営の最前線で汗を流された水落正典さん(現ロードスター・クラブ・オブ・ジャパン事務局代表)へのインタビュー取材が叶った。

発信だけじゃなくお客さんの意見を受信したい

大学院を卒業した水落さんは1986年にマツダに入社。技術研究所の配属となった。技術研究所と言えば、当時量産車とは切り離した先行開発なども手がけていた部門である。NA型ロードスターもこの技術研究所が主導したプロジェクトから誕生したものだ。

「主にモーターショーなどで披露するコンセプトカー作りに携わっていました。新しいブランディング提案もやっていて、例えば当時国産乗用車初のフルタイム4WDをやったのがマツダ(ファミリア)でした。乗用フルタイム4WDをコンセプトに20〜30年後を見据えた今のSUV的なプロトタイプを作って上層部に提案したりしていたんですよ」

日本国内はバブル経済の上昇気流に沸いていた時代。その頃、マツダ社内では首都圏におけるブランドシェア強化への取り組みが進められていた。そんな中、マツダの経営企画室から水落さんが在籍する部署に”M2をやらないか”という話が降ってきたのだ。

「私は部署内では若手メンバーの中心だったこともありグループの課長から『お前がやれ』と指令が出て、M2のコンセプトを練るところから携わることになったんです」

当時、水落さんはまだ入社間も無い若手。だが後のM2ブランドの根幹に関わるある思いをすでに抱いていた。

「会社に入って1年ちょっとという頃でしたが、私が感じていたのが量産車に対する秘密主義への疑問です。とにかく全ての量産車の開発をやたらと隠している。メーカーってクルマを一生懸命考えて作るんだけれど、それを買ってもらうのはお客さん。なのに出来上がるまでこっそりクルマを作って、出来上がった途端に”さあ、さあ買って下さい”。それって一方的すぎやしないかな? ってね。私は発信だけじゃなくお客さんの意見を”受信したいな”と思っていました。社員たちと話すとみんな交流範囲も考え方も狭くて、会社の中だけでやりあっているだけで、お客さんの声を直接聞く場というのが皆無だったんです。”国内営業”という部署はありましたけど、それはディーラーさんと話をする部署であって直接お客様の声が入ってくるルートではありませんでした」

水落さんは作り手側がユーザー側と直接コミュニケーションを取る機会がないという状況に、危機感を抱いていた。そして、そこにこそチャンスがあると感じていたのだ。

「クルマを開発する人間がいて、実サイズの試作車を前にお客さんと腹を割って話せる場所。そんな場所があれば、私たちも自然とお客さんがどういったクルマを求めているのかというところまでわかってくるはず。お客さんの意見の言いなりではなく、たくさんの意見を受信し消化して次の開発に生かすことができるんじゃないかと。会社の仕組みとしてそうしたことを実現できないかという実験部隊がM2だったんですよ」

ユーザーと作り手との対話は今の時代にこそ求められる

1988年末、水落さん率いるM2プロジェクトが本格的にスタートする。「マツダの2番目のブランド」という意味を持ったM2の発足にあたり、エンジニアとユーザーの交流地点となる拠点「M2ビル」が世田谷区の環状八号線沿いに建設された。建物は当時若手建築家だった隈研吾氏による作品だ(M2ビルは新たなオーナーのもと、今も当時の姿を残し存在している)。 そうして1991年12月1日、ついにM2がオープンの日を迎え、市販車第一弾「M2-1001」の発表、展示、予約会がM2ビルにて行われた。

M2-1001はユーノス・ロードスター開発者のひとりであり、常務としてM2に参加した立花啓毅氏が手がけた1台だった。「カフェレーサー」をコンセプトとするソリッドな仕立てで、価格は340万円と非常に高額。また、購入希望者は直接M2ビルに足を運び予約票を記入しなければならないという強気の販売方式が取られたが、蓋を開けてみれば300台の限定台数に対し800人を超える予約者が訪れたという。

「”こういうクルマを作ってます”というインフォメーションを出している時から大変な人気があることがわかっていましたし、実際に商品に魅力があればM2のアプローチが成り立つことがこの時に実感できました」

メーカーの開発エンジニアやデザイナーが常駐し常にユーザーに開かれた場所としてスタートしたM2には多くのユーザーが訪れ、メンバーとコミュニケーションが重ねられた。水落さんは広報、イベント、ネットワーク、企画など様々な役割を担いながら開発者とユーザーの垣根を取り払うダイレクトコミュニケーションを展開。NAベースのモデルとして「M2-1002」(1992年10月/300台限定)、「M2-1028」(1994年2月/100台販売)の市販化も実現した。いずれも開発中の工程はM2ビルで報告され、開発担当者と直接意見を交換することができた。

そんな話を聞くと、実際に当時のM2ブランドに触れ、今もその記憶を思い出せる人達は何と幸せなクルマ人なのだろうと思わずにはいられない。

しかしM2の運営は景気減速の煽りを受ける形で継続が困難となり、1995年4月をもってプロジェクトは中止。水落さんはその年末にマツダを退職しているが、ロードスター・オーナーズクラブの全国組織RCOJを発足させるなど、長年に渡ってロードスターオーナーやクルマ好きたちとともに日本のスポーツカー文化を育て続けている。

「実はあの時M2で私たちがやってきたコンセプトは今でも通用することがたくさんあるんです。社員が会社の中にいるだけでは感じられないことを、お客さんから直接得ることで、いい人材が育って、いいクルマを作れるようになる。お客さんにとっては、クルマを作る過程を見ながら開発者に意見を伝え、そのクルマが商品になっていく場に参加できる。そうして手に入れて買ったクルマは手放せないものですし、メーカーへの愛着も深まります。当時、ロードスターをずっと作り続けてもらうために『しょうがない、マツダを助けよう』と、マツダ車を買ってくれる人もたくさんいました。現行のマツダ車はどのモデルを買ってもロードスターみたいに走りも素晴らしいから、今は『しょうがない』はないと思いますけどね(笑)。でもまだやれることはたくさんあると思いますよ」

水落正典さん

1986年、マツダ入社。M2にはプロジェクト発足当初から企画推進のリーダーとしてプロジェクトを率いる。M2では広報、イベント、企画などを担い作り手とユーザーとの対等な関係作りを実現。現RCOJ事務局代表。

プロジェクトへの思いが込められたショールーム

プロジェクト最初の”作品”とも言える「M2 ビル」は今も世田谷区内にその姿を残す(現・東京メモリードホール)。30年近い時を経ても注目度は抜群だ。「当時、M2 のソフト運営面のコンペに博報堂が参加していました。博報堂が白羽の矢を立てたのが当時若手建築家だった隈研吾氏。私は、普通の建物では不景気になった途端上層部に売られてしまう、M2 持続のためにも簡単に売却されないようにと考え『グウの音も出ないようなデザインで』と依頼したんです」。

M2 VOICE

広報誌「M2 VOICE」ではM2スタッフ自ら執筆、編集を手掛けM2会員へ活動を報告。全16号発行。

謎の小冊子、M2 9001

M2では自社活動の全てをコードナンバーにより体系化していた。1001〜2999は「クルマ創り」、3000〜5999 は「クルマ関連の商品開発」という具合だ。9000番台は「コミュニケーション」。写真は関連施設で来場者向けに配布されたM2コンセプト冊子(9001)で、M2 部隊の思いが鮮やかな言葉で表現されている。

こちらはオリジナルのメモパッド。

M2の足跡を追う

M2 1001
M2初の市販車「1001」。1991年12月1日のM2オープンと同時に発表された。限定300台、340万円。NA 開発者の立花啓毅氏が細部に至るまで監修した作品。
M2 1002
ロードスターの高級仕様として提案。開発中からM2ビルにて展示され来場者から評価を募った。1992 年10月市販モデル発表。300万円。受注生産で100台を販売。

M2 1004
レビューがベースの商用コンセプト。1991年東京モーターショー出品車両。「働く人が楽しむことができ街の風景をも変える」という提案だった。

M2 1005
WRC 参戦を目論むベースマシンとしてシャシー、エンジン、パワートレーン全てに手を加えられたファミリア高性能版コンセプトモデル。

M2 1006
ロードスターに3リッターV6エンジンとFD3Sの足周り、専用ワイドボディを与えたコンセプトモデル。”コブラ”のサブネームを持つ1台だ。

M2 1007
FRの4ドアスポーツセダンとして企画。1993年冬、コンセプト検証用のモックアップモデルが実際にM2ビルに展示された。
M2 1008
ロードスターをベースに軽量、高剛性のクーペボディを持つ本格スポーツカーとして立花氏の手で企画された。惜しくも製品化には至らず。

M2 1009
乗用車にオフロード4WDの機能を盛り込むというアプローチの都会派コンパクトRVコンセプト。1991年東京モーターショー出品車だ。

M2 1010
マツダ・アスティナなどをベースにピックアップボディが与えられたコンセプトモデル。4人の乗車スペースと広大な荷台が特徴だった。

M2 1011
ユーノス・コスモにトラディショナルな高級感を加えたコンセプトモデル。Cピラーを細くするなどデザインや質感に徹底的にこだわった作品。

M2 1015
市販モデル。M2は主にデザイン面でタッチした。車両の販売取り扱いについてもM2ではなく、他のAZ-1同様オートザム店にて実施された。

M2 1020
RX-7をベースに”サーキットでしっかり走れる”、”ロングランの楽しみを満喫できる”という2点をハイレベルで両立させることを目指した1台。

M2 1023
「1005」のコンセプトを継承。ファミリアGTRをベースに開発され1992 年夏よりM2 ビルでも公開された。市販には至らなかった。

M2最後の市販モデル「M2 1028」
“ストリートコンペティション” のサブネームを持って1994 年2 月に発売された1028。ボディ剛性にこだわり10点式ロールケージを標準採用。軽量化も徹底。280万円、300台限定。1001にも携わった田中秀昭氏が全面的に開発を担当した1台だ。
1001、1002、1028に用意されたこだわりの逸品

ロードスター・ベースで開発された3種のM2市販モデル「1001」、「1002」、「1028」のカタログ。美しい写真がカード式でレイアウトされた(1001はモノクロ、1002はカラー)り、チェッカーフラッグ模様があしらわれた冊子が用意される(1028)など、車両同様にこだわりを持って制作されている。