OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど
COLUMN

知られざる“旧東側&南米”などのスポーツカーたちなるほど・ザ・世界のマイナースポーツカー大集合!

欧米・日本だけがスポーツカー生産国にあらず。速いクルマに憧れるのは万国共通。スポーツカーの土壌がない国も、共産圏でも、小さなメーカーでもスポーツカーを作っていた。その情熱の一部をとくとご覧あれ。

TEXT / 遠藤イヅル

知られざる“旧東側&南米”などのスポーツカーたち

「スーパーカー」が生まれた時代。クルマを作るからには、やはりスポーツカーを手がけてみたい! と思ったのは、欧米・日本以外の国でも同じ。世界中のカーガイたちは、フェラーリやカウンタックのようなスポーツカーに憧れたに違いない。でもV12エンジンは作れないし、著名なデザイナーもいない。そんな状況でも彼らはお国事情や、各国ごとのクルマの特性を存分に生かして、古くから様々なスポーツカーを生みだしてきた。

ペレストロイカ、ベルリンの壁崩壊、以前の“東側”はむろん社会主義国家だった。その中では、スポーツカーのような突出したクルマは生まれにくい。だが、それでもロシアが強烈なウェッジシェイプのスポーツカーを独自の解釈で生み出していたことは驚きだ。チェコのシュコダは東欧メーカーで本格的にモータースポーツに参戦した数少ないメーカーだったため、「速いクルマへの挑戦」が感じられるスポーツカーを生み出していたことにも注目したい。

南米では、プーマやVW PS1/SP2などVWビートルベースのスポーツカーがいくつもあった。ビートルを用いたモデルはアメリカ・西欧など各国でも盛んに作られ、枚挙にいとまがない。少量生産のため、ベースのビートルが手に入りやすかったという時代背景が感じられて面白い。見た目はスーパーカーだが、パワーはその数分の一しか無かったのが微笑ましいではないか。スポーツカーは男の浪漫。世界各国のそんな「夢たち」を、少しだけ振り返ってみたいと思う。

ロシア&東欧編

パンゴリーナ 444GT(1980~)/ロシア
ロシア1980年に、ソ連のアレクサンダー・クリギンというデザイナーが作り上げたロシアン・スーパーカー。明らかにカウンタックに触発されたデザインだが、上に開くのはドアだけでなく屋根ごと。ベースがFR セダンのラーダ2101(さらに元はフィアット124)のため、エンジンは前に積まれたまま。しかもエンジンにアクセスするには、ダッシュボードを上に持ち上げる……という、奇怪なアクションを要求した。スポーツワゴン的スタイルでFRのため、後部には広いラゲッジエリアを持つ。ドアミラーは無く、屋根に設置されたペリスコープで後方を確認した。1985 年にブルガリアで開催されたEXPOにも出展されたという。なお、現在も保存されている。
シュコダ110スーパースポーツ (1971〜)/チェコ
シュコダ110Lの1.1リッター直4エンジンをミドに搭載したスポーツカー。1971年に1台のみ製。ウェッジシェイプのスタイルはなかなか魅力的だが、16個並んだテールランプは、やはりどことなく東側のデザイン。乗降はキャビンの上側を大きく開くことで行う。全高約1.1m、車重約900㎏という車体を生かし、73 psながら最高時速180㎞/hを達成した。1982年にはホラー映画の主役を演じ、黒に塗り替えられるとともにレーシングカーっぽい雰囲気にリスタイルされている。

南米編

プーマGTB/GTB S2 (1972〜1993) /ブラジル
ブラジルのスポーツカーといえばプーマがあげられる。VWビートルベースのGT(写真右下)で知られるが、GTBはGMブラジルのFR車、シボレー・オパラのシャシーを用い、FRP製のアメリカンクーペ的ボディを載せたGTカーとして1972年に誕生した(写真右上)。1978年に大掛かりな変更を行い、シンプルなスタイルを獲得。S2に進化した。S2のエンジンは4.1リッター直6OHV、最高出力は171ps。80 年代後半にはさらにマイチェンしてAMVという名となり、生涯を終えた。
VW SP1/SP2(1972-1976) /ブラジル
プーマと並んで南米を代表したスポーツカーがVW SP1/SP2で、VWブラジル独自開発車だった。ストラットサスを持つ以前のビートルをベースに、オリジナルの低くスポーティなボディを載せており、まるで往年のFR フェラーリを思わせる美しいリアビューを誇る。1.6リッターで標準版たるSP1と、1.7リッターにボアアップ&ツインキャブで武装した高性能版のSP2 が存在。「高性能」と言っても最高出力は70ps前後しかなく、デザインはとても速そうでも、実際の中身はビートル……というギャップがたまらない。生産台数は約1万台だが、一説では、プーマに勝てなかったとのこと。さらにSP1の台数は100台に満たない。また欧州への輸出もほとんどされなかったという。

まだまだあるぞ、マイナースポーツ

アルバー・ジェット/スイス

VWビートルをベースとしたバギーの製作で名を馳せたスイスのアルバーが1980年代初頭に発表したスポーツカー。イタリアン・スーパーカー並みの良デザインだ。言うまでも無くこのクルマもベースはビートルだったが、ポルシェ356のフラット4を積むこともできたらしい。

パーヴィス・ユーレカPL30/オーストリア

豪州のパーヴィスが1976年から1991年頃までに700台ほど作ったユーレカも、ビートルベース。英国のノヴァというメーカーが作ったボディをライセンス使用していた。PL30にはフォードの直4エンジンを載せたF4というバージョンもあった。キットカーだが完成車としても販売された。

ブラドレーGTⅡ/GTE/アメリカ

アメリカのブラドレーもビートルベースのスポーツカーを作っていたメーカー。GTⅡはアメリカンな装飾を持ち、高級路線を謳った。目玉は、GTⅡを電動化したこと。GTEと呼ばれたこのモデルの電動システムはGE製で、16個の6ボルトバッテリーを搭載。最高速度は120km/hに達したという。

オトサン・アナドールSTC16/トルコ

トルコ独自のモデルを英国リライアントと組んで出していたオトサン。2ドアクーペのアナドールSTC16は、オーグルデザインの洗練されたスタイルが特徴。正しくはセダンのスポーティ版だったが、美しいデザインはスポーツカーの貫禄を備えていた。16は排気量1.6リッターを示す。