OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど
カメラマン・ケイゴのラリージャンキー観戦記

途中下車ラリーの旅!?フィンランド・ヴァークナーラリー編

フランスから帰国する前にフィンランドで途中下車。フィンランド選手権のヴァークナーラリーに行ってきました。雪は少なかったけど、のんびりとした良い雰囲気のラリーだったなあ。今回は2019年フィンランド国内選手権のお話です。

TEXT&PHOTO / 山本佳吾

途中下車ラリーの旅!?

開催地からヒトコト

今回はおっさん3人の合宿なのでコテージを借りました。せっかくの冬のフィンランドなのに雪が少なくて残念だったけど、夕焼けの美しさは相変わらずでした。

フィンランドの国技ともいえるラリー
地方戦でもたくさんの人出

日本海側が雪で苦労しているときに雪のラリーの話かよ! とクレームのひとつも来そうな気配ですが、そんなこと言わずにお付き合い下さいませ。

モンテカルロのヒストリックカーラリーの取材を朝方のモナコで終え、宿で少し仮眠してから慌ただしくニース空港へと向かいます。この日に限って直行便がなくて、フランクフルト経由でヘルシンキへと移動しました。ここで向かうのはヘルシンキから車で2時間半のミッケリという街で開催される、フィンランド国内選手権の第2戦、ヴァークナーラリーです。

全7戦あるフィンランド国内選手権のうち、前半の3戦が雪のラリーとなります。ところが、地球規模の暖冬の影響でフィンランドも深刻な雪不足。当然のことながらこのラリーも開催が危ぶまれていたけれど、直前になって雪が降ってくれたので、なんとか開催にこぎつけることができました。とは言えやはり雪は少なめ。普段なら雪壁ができる迫力あるステージだけど、残念ながら今回は雪壁が全くありません。と言うことは、マシンは勢い余るとコースアウト! それはつまりボク達カメラマン的には、立つ場所が無い! ってことになります。

金曜夜、競馬場でスーパーSSが開催され、翌土曜朝にミッケリの中心街から再スタートと言うスケジュール。ラリー大好きな国民性に加え、街のど真ん中の開催とあってお客さんがいっぱい。だけど、どこかのんびりした雰囲気もあって、とてもいいラリーだったなあ。また行きたいなぁ。

雪が降りしきる中、激走するラリーカー。このシーンを目に焼き付けるために長い時間かけてここまで来ているのです。あー幸せ!

レースとは違いラリー、それも地方選だとかなり接近して撮影ができるのでカメラマン冥利に尽きます。

見ての通り雪壁が無いので撮影ポイントも限られます。なるべく危なくない場所で、と思ってもそんな都合のいい場所なんてそうそう無いんです。

去年、最上位クラスのSM1 クラスでシーズン2位のテーム・アスンマー。若いと思ってたけど、もう33歳。ヴァークナーでは2位でした。

前にも紹介したけど、ボクのお気に入り、オペルのコルサS2000。色んな国のラリーに行ったけど、この車が見られるのはフィンランドだけ!

24歳(取材時)のエミル・リンドホルム。WRC3にも参戦していて、フィンランド期待の若手。パパがマーカス・グロンホルムのいとこなんですよ。

レンタカーはシトロエンC3でした。小さいのによく走り、長距離でも疲れ知らずのほんといい車です。

レンタカー屋さんにはトヨタのプロエースが。すっきりしたデザインで素敵です。借りるのは高いけどね。

ミッケリのど真ん中の商店街からスタートです。寒い中、大勢のギャラリーが来ていました。半分ぐらいは買い物途中の人たちっぽかったけど。ラリーが根付いてる証拠ですね。

このコーナーの裏テーマ グルメコーナー

フィンランドメシは何度も紹介してるし、今回は自炊が多くて外食少なめなので、機内食も紹介していきます。

ニースからフランクフルト行きのルフトハンザのビジネスクラスメシ。なぜかエコノミーとの差額が数千円だったので迷わずビジネス! 味は普通。

ニースからフランクフルト行きのルフトハンザのビジネスクラスメシ。なぜかエコノミーとの差額が数千円だったので迷わずビジネス! 味は普通。

で、フランクフルトからヘルシンキ行きのビジネスクラスメシ。量は少なめだけど、お味はまあまあかな。デザートが一番美味しいのはご愛嬌ですね。

今回参戦した川名・保井組が夜はシェフに。見た目はアレだけど、味はイケてた! ラリードライバーよりも料理人のほうがいいんじゃない?

毎度おなじみ、ヘスバーガー。フィンランドに来たら必ずと言っていいぐらい食べてます。Mのマークのあそこよりヘスバーガーの方が好みかなあ。

ヘルシンキのお気に入りホテルの朝食。部屋も可愛いし、朝食が豪華で大好きなんです。夏は高いけど冬はお安めなので、泊まるなら冬がオススメ!

旅をした人 ヤマモトケイゴ

世界がこんなことになろうとは思わず、海外への逃亡ができない日々を送りヘコむ毎日。約1年前にヤバイと思って最後に帰国してからは、食っちゃ寝で太った以外はいたって健康。