OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど
EVENT REPORT

アルピーヌA110 R-GT、モンブランを疾駆する!ALPINE A110 R-GT

ついにアルピーヌA110がラリーシーンに帰ってきた。フランス選手権の2020年第2戦にあたるラリー・モンブランにて、アルピーヌA110 R-GTがラリーデビューを果たし、上位クラスに食い込むほどの活躍を見せたのだ!

TEXT&PHOTO / 山本佳吾

アルピーヌA110 R-GT、モンブランを疾駆する!

このマシンのドライバーはラリーレジェンドの一人、フランソワ・デルクール。

開幕戦に続いてモルジンにも参戦したフランソワ・デルクール。ラリーファンの皆さんにはもうお馴染みのドライバーですね。R-GTクラス設立当初からこのクラスに911 GT3やアバルト124で参戦。R-GTマシンの経験値が高く、A110 R-GTの開発にも携わっています。今回はクラス4位とイマイチな感じだったけど、デルクールの周りには常にファンの人だかりができていて、今でも大人気のドライバー。

初代A110の生い立ちやアルピーヌってブランド名からしても、2代目A110はラリーのために生まれてきたと言ってもいいと勝手に思い込むほど拗らせてるボクは、2020年の3月にA110 R-GTのラリーデビューを見届けるためにフランス選手権の開幕戦の取材を敢行し、その直後にフランスはロックダウンに突入。危うく帰国できない事態となったけど、何とか帰国できました。

その後、世界中のラリーが中止に追い込まれる中、実質第2戦となるラリー・モンブラン・モルジンの取材のために再びフランスへ。開幕戦の後、FIAのホモロゲーションを取得したA110 R-GTは注文が殺到。殺到といっても数十台ってレベルだけど、元々エントラントが少ないR-GTクラスなので大人気と言ってもいいはず!

モルジンには8台のA110 R-GTが参戦。フランソワ・デルクール以外はいわゆるジェントルマン・ドライバー。WRCのワークスシートを狙う血気盛んな若者……ではなくラリーを楽しみたいオトナが主な参加者層。そんなオトナのひとり、エマニュエル・ギグーが駆るA110 R-GTがなんと総合3位でフィニッシュしたから、表彰式はそりゃもう大騒ぎ。4輪駆動のR5マシンが走る格上クラスに2輪駆動で割って入るなんてちょっとした事件でしょ!

1973年にWRC初代マニュファクチャラー王者に輝いた初代A110。時を経て今月ベルギーで初開催のWRCにA110R-GTが参戦予定というからたまらない。世界の檜舞台にA110が帰ってくる!

トラクションコントロール、アンチラグ、ABSなどのスイッチ類がまとめられたステアリング。
ただでさえ広くはない2シータークーペなので、ロールケージが張り巡らされるとさらに圧迫感が強い。
パルクフェルメは街のど真ん中。せっかくなんだからキレイに並べればいいのに、そうはならないのがフランス流。
A110って真横から見た時の姿が美しくて好き! クーペはやっぱりかっこいいね。
橋、幅狭すぎ! 段差にはベニヤ板という荒っぽさ。
街の中や集落の中を通るステージは、観戦者がアクセスしやすいので大人気。密集具合とマスク装着率の低さがこの時節柄気にはなるけど。
スタート待ちの光景。タイムコントロールの手前は車をじっくり観察できる場所だから好き。
1973年にジャン・ピエール・ニコラがツール・ド・コルスで勝利した時のカラーリングがモチーフのA110 R-GT。カッコいい!
後輪駆動だからといって派手なドリフトをしていたのは大昔の話。今はグリップ走行でスムーズ。
R5マシンに割って入り、総合3位でフィニッシュしたA110 R-GT。表彰式前に全員で歓喜の記念撮影。
こちらのTEAM-FJは4台のA110 R-GTを抱える大所帯。常に忙しそう。
初日を終えてパルクで談笑するエントラント達。ね、ご覧の通り年齢層高めでしょ?
ちょっとチューンして、1.8リッターターボながら約330馬力を発生させるエンジン。
フロントに安全タンク、その上にスペアタイヤ、さらに隙間にはジャッキなどが効率よく収められている。
2シーターでヘルメットを車内に置くスペースがない。なのでリアのトランクにヘルメット置き場を設置。
こんな時なのでマスク姿で表彰式。世界中のモータースポーツが中止になったり無観客での開催になったりと、とんでもない世界になってしまったけど、素顔でシャンパンファイトができる日が早く来るといいなぁ。
72.Rallye Mont-Blanc Morzine
2020 Result @RGT16
PositionDriverTimeGap
1Laurent Pellier11:49.2
2Emmanuel Guigou11:51.0-1.8
3Cédric Robert11:58.5-9.3
4François Delecour12:05.4-16.2
5Bect Fabrice12:25.1-35.9