OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど
ボクらのヤングタイマー列伝

この代のGT-FOURといえば 『私をスキーに連れてって』!TOYOTA CELICA(T160/1985~1989)

遠藤イヅルが自身のイラストともに1980年代以降の趣味車、いわゆる"ヤングタイマー"なクルマを振り返るのがこのコーナー。1971年生まれの遠藤イヅルと1973年生まれの編集担当が、独断と偏見でお届け致します! 今回は4代目トヨタ・セリカが登場! え? この連載っぽくないですって!? 確かにいつもよりは王道ですが、メインイラストのキャプに、“らしさ”を籠めてありますヨ!

TEXT / 遠藤イヅル(イラストも)

やはりこの代のGT-FOURといえば
1987年の映画『私をスキーに連れてって』です!

なぜ今ボクたち40歳代、50歳代が“ヤングタイマー”を懐かしく思うのかふと考えたとき、それらのクルマが登場した時代も懐かしく感じているからだと気がつきました。1980〜90年代前半の“イケイケ”だったあの時代に対する、“憧れ”もあるかもしれません。今考えると製品化されるのがおかしい車種や、目的に対する解決方法が確立されていないゆえの珍装備も数多くありました。現在サイドミラーの水滴は主にヒーターで対応していますが、バブル期はドアミラーやAピラーの付け根からワイパーを生やしたりしていましたし、CDチェンジャーならぬカセットチェンジャーなんてものもありましたよね。最近は実用性の高いエコカーやSUV、背が高いクルマ以外は売れない傾向が明確にあるようですが、当時は絶対に売れる車種がはっきりしていないので、ありとあらゆるモデルが出尽くした感があります。

と、前振りが長くなりましたが、今日のお題は4代目トヨタ・セリカです。少しだけ解説をしますと、硬派なFRクーペだった先代の設計を刷新し、4代目はFFで横置きエンジンを搭載したコロナ・クーペとカリーナEDの兄弟車になりました。デザインも大きく変わり、真四角だった姿から“流面型”というキャッチコピーどおりの滑らかなスタイルにチェンジ。後に追加された『GT-FOUR』は、アウディ・クワトロ的なスポーツ走行をするためのハイパワー4WD車として注目を集め、WRCでも大活躍。1990年にはカルロス・サインツが日本車初のドライバーズタイトルを獲得しました。

でも、やはりこの代のGT-FOURといえば、1987年の映画、『私をスキーに連れてって』を思い出します。セリカは白銀の世界を縦横無尽に駆け抜け、登場人物以上の存在感を誇ったのです。当時4WDの乗用車はスバルがラインナップしていましたが、まだまだ4WDはRVという時代。男臭い乗り物でもありました。それが、ヒロコ(高橋ひとみ)と真理子(原田貴和子)というキレイな女性がさらっと(でもかなり派手に)乗りこなす。雪上を、雪原を、道なき道を行くその姿は強烈に人々のハートを射抜いたのでした。

トレンディドラマの先駆でもあるこの映画の登場人物たちは、悪人じゃないけど、明るく、適当で、軽かった。セリカも無茶をしすぎて横転、スキーでは滑走禁止の場所も滑っちゃう。映画もTVもあの頃は勢いがあって、楽しければ何でもありだったのです。何となく閉塞感があって何かとNGが出がちな現在と比べて、なんと大らかなことでしょう。その時代感がクルマ作りにも出ているのだとすれば、ヤングタイマーカーへの憧れは、それらが生まれた自由な時代への憧れと同じことなんですね。

ああ、困った。セリカGT-FOUR、どこかに売ってないかなあ。APPIなどのスキー場のステッカー貼って、雪の中を颯爽と走りたいです。あ、ドアを開けて地面を触り、「凍ってるね」と言うのを忘れないようにしないと(笑)。