OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど
CLASSIC&YOUNGTIMER

ちょっと旧い自家用ベースのフレンチ商業車たちFRENCH COMMERCIAL VEHICLES

まず日本では見かけない、フランス車の自家用車ベースの商業車。これ、探すとやっぱり色んな種類があるわけで、「どこか不格好なプロ仕様」ってのが、なんとも言えずカッコいいワケです。

TEXT / 三宅康朗(本文), 遠藤イヅル(車両解説とイラスト)

ちょっと旧い自家用ベースのフレンチ商業車たち

プロ仕様の魅力が満載
その潔さにメロメロ

シトロエンで言うところの「アントレプリーズ」、ルノーで言うところの「ソシエテ」、プジョーで言うところの「アフェール」。このネーミング、何だか分かりますか? 実はコレ、それぞれの「商用仕様」を示す、フランス本国でのグレード名なのです。

元々装飾が少ない傾向にあるフランス車ですが、商用車仕様ともなるとさらに装備が簡素化されるわけで、だいたいがブラックバンパー&リアの窓なしという仕様となっています。ごくごく最近のは、生産性を考えてか、リアが窓のままのモデルが増えましたが。でも、少し前のモデルの、その「潔ぎ良き製品」とも言うべき姿に、ココロを「ググッ」と引き寄せられてしまうことも事実なのです。

この商用車仕様、前述の通りリアウインドウがパネルになっていたり、荷物が多く積み込めるように2シーターになっているのはよくあることですが、車種によっては、例えばルノー初代メガーヌだと、リアドアまでもが埋められてしまっていたりします。開いても大して変わらないように思えますが、さすが合理主義の国、徹底していますよね。日本人の感覚からするとちょっと笑ってしまう話ですが。

個人的には、シトロエン・ベルランゴバン、アミプロあたりの商用車仕様が気になりますね。ベルランゴバンは正規輸入されているべルランゴとはフェイスマスクが異なっていて、ちょっと親しみやすいデザインになってます。アミプロって、あの小型コミューターのアミの商用仕様ってどういうことだ? と興味津々です。

CITROËN BX ENTREPRISE

シトロエンの乗用車の商用仕様は「Entreprise(アントレプリーズ)」と呼ばれているのですが、商用となれば装備もオミットされるのが常ですから、ある意味「素」に限りなく近いわけです。ところで「初期型」や「素のモデル」ほどそのクルマの本来のデザインやフィロソフィが現れているのではないかとぼくは常々思っているのですが、シトロエンについては特にその傾向があるように感じています。

BXは俗に「ボビン」と呼ばれる初期型が有名ですが、これはBXの本来の姿かもしれませんね。このBXにもアントレプリーズがありました。ヘッドレストもなく、窓まわりのブラックアウトも無いというあまりに素っ気なさ過ぎる姿に、下着をつけて歩いている人を見てしまったかのような恥じらいさえ感じてしまうほどです。もちろん室内は2シーターですので、荷物は相当に積めると思います。なおBXアントレプリーズにはブレークも用意されていました。

CITROËN XM SERVICE

一昔まえには日本にもセドリックバン、クラウンバンってありましたよね。今思うと不思議だなあと感じるのが、各メーカーの最上級車種であるのに、窓を手で開けたりシートがビニールレザーだったり装備が極端に少ないグレードがあったことです。ところでシトロエンも旗艦であるDS、CXに次いで登場したXM(途中からつづりがXmに代わる)にもなんと「2シーター」の商用仕様がありました。しかもオランダだけ。

その名も「ブレーク サービス」。オランダではバンとして使用するクルマには道路税や購入時の税金が安くなるメリットがあるとのことなのですが、XMブレークの大きなキャビンを持ってしても「バン」の条件である室内容積2.4平方メートルには達しないのです。そこで、屋根の上にエクステンションパーツを取り付けハイルーフ化することで条件をクリアしたのでした。商用仕様であるためかリアドア以降の窓は塗りつぶされています。

RENAULT CLIO2 VAN

ルノーの販売の中心であるクリオ(ルーテシア)も、日本で言えばマーチやヴィッツに相当するベーシックカーのため、彼らの地で「営業車」に使われることは想像に難くありません。そのため現在の4代目に至るまで商用仕様が存在し、フランスでは「ソシエテ」、イギリスなどではそのものズバリ「バン」と呼ばれています。ボディカラーは白以外も選択出来ますが、実際には日本と同じように白やグレーが多いようです。

イラストにしたのはクリオ2のフェース3の英国仕様のバンです。3ドアがベースになっているのですが、ご覧の通りリアのクオーターウインドウがはめ殺しになっているんです! 車内は2シーターで、前席から後ろはネット等で仕切られたフルフラットの貨物室になっているのも特徴です。リアドアが無いので、奥の方に荷物を積んだら取り出しにくいような気もしますよね(笑)。なお、フランス本国ではこの窓が潰されている仕様は存在しないようです。

RENAULT MEGANE1 VAN

ルノー・メガーヌは、激戦区であるCセグメントを戦うルノーの重要な戦略車種で、現在は4代目となりました。市場規模が大きいセグメントのためも世界中で売れているメガーヌも、営業用に使うことを想定した仕様がいくつかあり、フランス本国には3ドア、5ドアともに「ソシエテ」が存在します。車内は簡素なトリムで装備も省略され、足下はもちろん鉄ホイール+キャップという好ましい(?)姿になっています。

クリオ同様にフランス以外では「バン」と呼ばれる仕様もあり、その場合このイラスト(メガーヌ1のフェイズ2)のようにリアドアの窓を埋めてしまうバージョンもあったようです。それにしても驚きなのはメガーヌ1バンのリアドア! なんと開かないのです笑)! すべてがこの仕様では無かったと思いますが、これを見たときは本当にびっくりしました。なお、ソシエテ、バンともに2シーターなので、5ドアでもドアは開くけどリアシートはありません!

PEUGEOT 206 VAN

既存のコンポーネンツを活用しつつ新しいデザインを採用しプジョーに新時代を切り開いた206は、ルノー・クリオと激しく市場でしのぎを削っていたクルマです。もちろん206も営業車として大活躍。商用モデルは本国フランスでは「アフェール」と呼ばれ、やはり装備は簡潔でコストを抑えた仕様になっています。中には前後バンパーが黒のまま、といういかにも営業車然としたものもあります。そして、クリオやメガーヌと同じように、206、というよりプジョーにも「バン」が存在。

フランス本国以外ではイラストのようにリアの窓をはめ殺しにしたタイプも多く、前述のようにバンパーも「大面積で黒」となれば、「白い塗装」「鉄ホイール+キャップ」「大面積黒パンパー」「窓がはめ殺し」という低廉仕様の出来上がり! 実に実用車、大衆車らしいプリミティブなスタイルに涙が出そうです。なお207、208にもアフェール、バンともに用意されています。

PEUGEOT 307 BREAK VAN

ここまでご紹介してきた乗用ベースの商用車のうち、クリオやメガーヌ、207、208などの「ふつうのハッチ」では、いくら2シーターでも、日本で言うところのカローラバン、プロボックス、ADバンなどのほうが荷物積めるよね? って思いませんでしたか?でも、ちゃんとあるんです、ステーションワゴンボディの「バン」が(ややこし)。

プジョー・シトロエンではステーションワゴンボディを「ブレーク(SWとも呼ぶ)」と名付けていますが、それのバン仕様の代表として307ブレーク バンを描いてみました。他の商用仕様に漏れずこのクルマももちろん2シーター。シートを畳むとダブルフォールディングしても案外かさばるものですから、リアシートがまったくないとなるとかなり積載出来るのではないでしょうか。リアドアはあるけどリアシートなしはもはやお約束です(笑)。さらにリアドア以降の窓部分はリアハッチ以外「黒塗り」になっているんですって!