OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど
FORD IS BACK!?

フォード・プーマが帰ってくる! ?FORD PUMA

想像以上の作り込みと、木訥で滋味あふれる乗り味で知られ、米国産・欧州産を問わず、いまだに根強いファンのいるフォード。そんなフォードにかつて存在した『プーマ』が2019年にクロスオーバーSUVとして復活。日本にも上陸予定とのことで今後も目が離せないのであります。

TEXT / 長尾 循
SPECIAL THANKS / エフエルシー(https://www.fordchubu.jp/) エフエルシー スペシャルショップ紹介(https://themotorbrothers.com/special-shop/14700

フォード・プーマが帰ってくる!?

フォード・プーマといえば、フィエスタのコンポーネンツを用いて生み出された4人乗りの2ドア・クーペ。同世代のKaなどと同じく、攻めたデザインが印象的。かつて1997年から2001年にかけて生産され、後継機種にバトンタッチされることなく一代限りで終わったモデル……と思っていたら、おっとどっこい。2019年に”BセグメントのスポーティーなクロスオーバーSUV”といったコンセプトで、復活していたのです。

ちなみに現行フォードのラインナップでBセグメントのSUVといえば、すでにエコスポーツが存在しています。で、こちらがいわゆる正調SUVですから、スペシャリティ・クーペの名前を踏襲したプーマは、実はSUVとは言いつつ、かなり”走り”に重きを置いた印象です。だって、上級グレードにはスポーツ・フォードの代名詞たる”ST”が用意され、200馬力を発生する1.5リッター・エンジンに組み合わされるのは、6速M/Tのみというじゃありませんか。

つまり、SUVの革をかぶったフィエスタST?? そんな気になる二代目フォード・プーマですが、日本のフォード・ファンにはすっかりお馴染みのエフエルシー フォードの手によって、このたび遂に日本に上陸することとなりました。いや、実は日本に導入することは既に決まっていたのですが、例によってコロナ禍の影響で生産&物流が遅れがちとなっていた由。2021年春頃には、そろそろ最初のロットが日本に上陸しているかも? ということですので、本誌としても引き続きこのプーマに注目していきたいと思っています(編集部注:当記事掲載の写真は全て『ST』ですが、エフエルシーが輸入するグレードは『STライン』となります)。

プーマの全長×全幅×全高は、4226mm×1805mm×1533mm。エンジンはDOHC 4 バルブの1.5リッター、3気筒ガソリン・ターボ。最高出力は200ps/6000r.p.m.(数字はSTのEU仕様)。
プーマSTのミッションは6速M/Tのみ。他に類を見ない、走りに特化したSUVというキャラクターが際立つ。

こちらが1997年から2001年にかけて生産された”初代”プーマ。フィエスタをベースに生まれた2ドア・クーペ。

SHOP INFO.

エフエルシー フォード四日市

三重県四日市市日永4-2-7
営業時間:10:00 ~ 19:00
定休日:毎週水曜日
TEL:059-346-5322
https://www.fordchubu.jp/shop/yokkaichi.html

エフエルシー フォード松阪

三重県松阪市市場庄町1148-1
営業時間:10:00 ~ 19:00
定休日:毎週水曜日
TEL:0598-56-5220
https://www.fordchubu.jp/shop/matsusaka.html

エフエルシー フォード岐阜

岐阜県岐阜市西河渡2-5
営業時間:10:00~19:00
定休日:水曜日(祝日を除く)
TEL:058-254-0330
https://www.fordchubu.jp/shop/gifu.html