OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど
OWNER&LIFE STYLE

サーフィンとアート活動の大切な相棒RENAULT KANGOO for SURFER

水温が高く、一年を通してサーフィンを楽しめることから、サーフィンのメッカとなっている千葉県鴨川市。その鴨川の海岸沿いにある小さなサーフショップ「Bloom」のオーナーがカングーを愛用しているとの噂を聞き、早速お話を伺ってきた。

TEXT / 武田公実 PHOTO / 宮越孝政
SPECIAL THANKS / スターロックカンパニー(https://star-rock.com/

サーフィンとアート活動の大切な相棒

「ルノー・カングーとサーフィン愛好家の組み合わせ」と聞いても、筆者のようなサーフィン門外漢にはピンと来ないのが、正直な心境だった。しかし、太平洋に面する千葉・鴨川のビーチサイドで、サーファー系セレクトショップ「Bloom(ブルーム)」を経営している牧野直さんが、昨年秋にカングーを購入して以来すっかりハマっているというお話を伺い、こちらの印象も大いに変わることになった。

大阪出身で、21年前にブルームの前身にあたるサーフショップに勤務するため、この鴨川に移り住んだ牧野さんは、キャリア約30年にも亘るベテランサーファーである。16年前に現店舗を引き継ぐかたちで独立。あらたに「ブルーム」としてリニューアルしたのちは、現在のセレクトショップ型店舗へと育て上げた。またその一方で、初心者向けのサーフィンスクールなども積極的に運営しているという。

そしてもちろん、ご本人も現役バリバリのサーファーであり、クルマ選びもサーフィンでの利便性を最重要視。これまでシビック・シャトルやアベニール、タウンエース、デリカ、ステップワゴンなどの国産ワゴン/ミニバンを乗り継いできたとのことだ。

サーフィンとアートを愛する牧野さん。手に持っているのは、愛車カングーのソーイングアートとのこと。お店で販売もしているとのことで、気になる方は訪れてみて欲しい。

そんな彼が、一見したところではまるで毛色の異なるカングーを愛車に選んだ経緯を伺ってみた。

「やはりスターロックの藤原さんと、サーフィンを通じて友人になれたことが、一番の転機だったと思います。彼からカングーを見せてもらい、こんなに可愛くてお洒落なのに、荷物もたっぷり載るクルマがあるんだと感心して……。そして、2011年型の出モノがあると聞き、思い切って手に入れたんですよ」

こうして、晴れてカングー・オーナーとなった牧野さんは、これまでの国産車と同様に「使い倒して」いるそうだ。同じ鴨川周辺の海であっても時間帯や風向きによって、波の良い場所は刻一刻と変わるとのこと。だからコンパクトで機動性が高いのに、広大な荷室を持つカングーはピッタリだという。

「車内に常時2本のボードを積みっぱなしで、ブーツやグローブ、ポリタンクやバケツなどのサーフィン道具一式も、リアシートを立てたままで軽々と積むことができます。そんな、まるでトヨタ・ハイエースみたいな使い方ができるのに、やっぱりお洒落で可愛い。だから僕自身、毎日乗ってて楽しいし、サーフィン仲間たちからも、これ欲しいな~、と羨ましがられるのがとても嬉しいんですよ(笑)」

さらに現在では「Fungoo」(ファングー:カングーのアクセサリーブランド)のラダーやキャリアなどを続々と装備し、さらなる「サーファーズ・カングー」へと変貌を遂げつつあるというのだ。

ところで、牧野さんはショップオーナー兼サーファーの傍ら、現代アーティストとしても活動しているとのことである。布と糸を活用したソーイングアートでは「Sewcean(ソーシャン)」と名づけたブランドを自ら構築。お客様からのリクエストによっては、クルマを題材にした作品も展開している。

さらに近ごろでは、大掛かりな壁画の制作も手掛けており、ワーク現場に道具を積んでゆくにもカングーが重宝しているという。「これから僕のカングーにも壁画、描いちゃいましょうかね(笑)」という屈託のない笑顔が、なんとも眩しく映ったのである。

キャリアはファングーのデカングー用をチョイス。荷物を満載にしたことは、今のところないとか。
サーフィン用のアイテムがぎっしりと詰まったカーゴルーム。色彩豊かで楽しい雰囲気だ。
ヘビーデューティーな雰囲気を一層高めてくれるファングーのサイドステップも装着。
キャリアへのアクセスが容易になるファングーのリアラダーも装着。
取り外してはたくだけで砂が落ちるファングーのカーペットは、サーファーにとってありがたいアイテムだそうだ。
こちらは後席足元のファングー・カーペット。
塗れた体でも大丈夫なように、撥水加工されたシートカバーが装着されている。
リアにはオールドアメリカンを思わせるファブリックを敷き詰めサーフィンらしさを演出。

SHOP INFO.

Bloom Surf Shop

千葉県鴨川市前原80
TEL:04-7099-0828
定休日:毎週水曜
営業時間:9:00~18:00
http://www.surf-bloom.com/

エイジングされた木の扉を開けると、天井に取り付けられたサーフボードや、色とりどりのウェア、ワックスやコードなどのサーフィンアイテムが詰まった世界が広がる。壁には牧野さんが手掛けたソーイングアートが額装されており、それらは実際に購入も可能なのだとか。

*こちらの記事は、現在発売中のムック『カングー&フレンチミニバン』にも収録されています。ご購入はお近くの書店さん、通販、下記サイトなどから!
https://www.neko.co.jp/magazine/%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%bc%ef%bc%86%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%90%e3%83%b3