OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど
ボクらのヤングタイマー列伝

イタリアンモダンデザインの塊!AUTOBIANCHI Y10

遠藤イヅルが自身のイラストともに1980年代以降の趣味車、いわゆる"ヤングタイマー"なクルマを振り返るという、かつて小社WEBサイトでひっそり!? 連載していた伝説の連載、その進化版がこの『ボクらのヤングタイマー列伝』です。1971年生まれの遠藤イヅルと1973年生まれの編集担当が、独断と偏見でお届け致します! 今回はアウトビアンキY10ですヨ!

TEXT / 遠藤イヅル(イラストも)

イタリアンモダンデザインの塊!

ヤングタイマーの中には、メジャーな車種とそうじゃない車種がありますが、『アウトビアンキ』を例にとれば、A112は残存数も多く比較的その車名が知られている一方で、後継車『Y10』はマイナー車種扱いの状況です(涙)。でもY10は、日本への正規輸入も行われ、エントリーインポートカーとして、当時は常に候補にあがるモデルでした。

1960年代から延々と作られたA112と異なり、1985年デビューのY10は、イタリアンモダンデザインの塊のようなクルマでした。その数年前に出たフィアット・ウーノも傑出したモダンさでしたが、Y10ではさらに輪をかけたように大胆なデザインに。ボディカラーに関係なく黒く塗られたテールゲートはほぼ垂直で、側窓のグラフィックも単純ながら美しさがありました。

でもY10の新骨頂はメカニズム面でした。ウーノやパンダでおなじみのFIREエンジン、そしてオメガアームのリアサスをいち早く搭載していたのです。思い出してみてください。パンダの最初の頃は、FIREエンジンでもオメガアームでもなかったことを!(オオゲサ)

このように、Y10には親会社フィアットの先行開発的要素が垣間見られるのですが、実はこれ、アウトビアンキ各車におおむね当てはまります。同社は1950年代以降にフィアットと深い関係になりましたが、1964年のプリムラでは、エンジンとミッションを同軸に置く横置きFFのジアコーザ式を初採用しています。ジアコーザ式の始祖はフィアット128ではなく、プリムラが先。フィアットは未知の技術には慎重だったため、門下のアウトビアンキの車種で試したのです。実はA112もフィアット127のパイロットモデルだったりしますし、同様にA111なるセダンも存在しました。本家フィアットが124セダンで堅実なFRを採用したのに対し、A111はプリムラ譲りのFFで誕生していたのです。

ここでY10の説明に戻りましょう。エンジンは前述の999ccFIREのほか、A112から引き継いだ1049ccOHV、それにターボを乗せた高性能版が用意されました。1989年のマイチェンではターボの代わりにFIREの1.3リッターを導入し、1992年にはさらに改良を受け、前後のデザインを大きく変更しています。

なおY10は仕向地によってはランチア・ブランドで売られており、後継のY(イプシロン)が発売された頃には、アウトビアンキ・ブランドが廃止されたため、Yではランチアのみを冠することに。Y10の”ウーノよりも高級”というキャラクターは、Yにもしっかりと引き継がれていくのでした。

こちらは編集担当がイタリアのFCAヘリテージハブで撮影してきた、マイナーチェンジ後のY10 後期モデル。こんな顔みたことない!という方が多いでしょう。担当も初めて見ました。もちろん日本国内でも見たことありません。お持ちの方は編集部までご連絡を(笑)。