OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど
100万円でドロ沼に陥る!?

お日柄も良くオープンカーへの誘いFIAT BARCHETTA

編集部員がこれは! と思った趣味グルマを紹介する『100万円でドロ沼に陥る!?』。今回はマツダ・ロードスターの陰で、好きモノが思い出すとか、思い出さないとか言われるフィアット・バルケッタを取り上げます。

TEXT / 中本健二 PHOTO / 横澤靖宏
SPECIAL THANKS / フィオラーノ(http://www.fiorano.server-shared.com/WP/

お日柄も良くオープンカーへの誘い

ここで取り上げるのは、フィアット・バルケッタ。残念ながら国内未導入であったフィアット124スパイダーの前任モデルだ。まあ、フィアットのオープン2シーターと言うだけで、マツダ・ロードスターがベースのため、繋がりはないに等しいが……。

国内へ正規輸入されたため見かける機会は意外に多く、オレンジ色のバルケッタが脳裏に焼き付いている読者は多いことだろう。フィアット アンド アルファ ロメオ モータース ジャパンが輸入を手掛け、オレンジの他、ここで取り上げるレッド、そしてブルーなどで展開されていた。デビュー当時こそ注目を集めたが徐々に人気は翳り……。その二の足を踏まない! とバルケッタではなく124スパイダーのネーミングを採用した、というのは個人的な妄想だ。

閑話休題。1996年製の個体で、いつの間にやら25年落ちとなったがそのスタイルは今見ても古さを感じさせないくらいに洗練されている。これは、デザインを担当したザパティナスが引いたラインもさることながら、コンディションの良さも一因だろう。ファーストからセカンド、そしてサードへとオーナーが変わるごとに、また年を経る毎にクルマのコンディションは悪化する傾向にあるが、特にフィアットは乗りっぱなしになっていることが多く、”当たり!”のオーナーに出会えなかった個体は見るも無残なド中古車となることも多い。

しかし現車はそんなケースに当てはまらず、シートや内装、そしてボディカラーも褪せずに良好に保たれている。それが幌やビニール製のリアウインドーにも当てはまるのは歓迎すべき点だ。また、オリジナルコンディションを維持している点も見逃せない。オドメーターが2万7000km+αというのも納得のコンディションだ。

エンジン音こそ高回転で”謳う”様な盛り上がりはないが、動力性能は十分で最高速は200km/hを誇る。車重は軽量級の1090kgに抑えられているため、波にたゆたう小舟のように、ひらりひらりとコーナーを駆け抜けるドライビングスタイルは実に気持ちがいい。ライトウエイトオープンが楽しいことは読者諸兄がご存知の通りだ。

フィアット・バルケッタとは?

フィアット・バルケッタは、1995年にX1/9以来のオープンモデルとして登場。デザインは当時チェントロスティーレ・フィアットに在籍していたアンドレア・ザパティナスが手掛けている。プントの基本設計を受け継ぎFF方式を取る。ボディ色はレッドの他、オレンジ、ブルーなどが用意されていた。
クローズドでもデザインは崩れず
オープン状態こそこのクルマの真価が存分に発揮されるシーンではあるが、幌を閉じた状態でも美しいデザインが損なわれることはない。幌のコンディションが良いこともこのクルマの美点。ちなみに開閉は手動式となる。
収納スペースを多数用意
限定モデルでレザーシートが用意されていたが、取材車はファブリックシートとなる。コンディションは非常によく、破れはもちろん擦れも見られない。センターコンソールなどの鍵付き収納スペースの他、シート後方にも小物入れ(オプション)が備わる。
ボディ色を上手く取り入れ車内を明るくデザイン
ダッシュパネルなどは全モデル共通のブラックだが、覆われない箇所はボディと同色となる。ホワイトの盤面を採用する計器類はヴェリア製で、センターの特等席にレブカウンターが設置されている。総走行距離2万7000km少々を証明するように内装は美しく保たれている。
オープン、クローズラックラク
幌の開閉は、慣れれば数十秒で完了できるほど簡単。オープン時、幌はボディパネル内に収納される。ちなみにパネルの開閉は左ドア開口部のレバーで行う。荷室はFFのメリットを生かして広く取られているため実用性は高い。
“謳う系”ではありませんが実用的
フロントに搭載されるエンジンは、1.8リッターの『スーパーFIRE系』で、最高出力は131psを発揮する。トランスミッションは5速M/Tだ。回すほどに高揚感が得られる類のエンジンではないが、十分な動力性能と高い信頼性は魅力。
実走2万7000kmとあってコンディションは非常に良かった。こんな低走行で良好なバルケッタは……二度と出てこない!?

1996年式フィアット・バルケッタ
車両価格:120万円(取材時)
季節度:★★★★★
解放感:★★★★☆
ドロ沼度:★★★☆☆