OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど
NEW CAR

多彩な収納と走りのお父さん's エクスプレスPEUGEOT RIFTER

日本でも人気を博しているシトロエン・ベルランゴとプラットフォームを共用するプジョー・リフター。その実力を本国フランスでチェックした。

TEXT / 南陽一浩 PHOTO / グループPSA

カングーのライバルにあらずと公言

日本仕様は5シーターのショートだが、本国では3列7シーターのロングボディも。リアウインドウは約80%まで下ろせる。

オンラインでの限定販売も好調で、『シトロエン・ベルランゴ』と並んで日本への正式導入も始まった『プジョー・リフター』。2018年夏の初試乗から時間も経っていたので、今回は本国フランスで日本仕様にできるだけ近いバージョンを最終試乗チェックしてきた。とはいえ本国仕様ゆえ、EAT8の代わりに6速MTだったし、タイヤも16インチのマッド&スノーではなく17インチでロード寄りの銘柄だったが、その他は日本のファースト・エディションに準じる内容だ。

ところでリフターは欧州で商用車のベストセラーであるシトロエン・ベルランゴと兄弟モデルであるにも関わらず、商用車でもリュドスパスでもミニバンでもなく、『ルノー・カングー』のライバルでもないと、プジョーは公言している。『3008』や『5008』と同じEMP2プラットフォームに基づくリフターは、あくまで乗用車モデルなので、”ワークな”商用車モデルのMPV化とは違う、ちょっと牽強付会だがそんなメッセージが透けて見える。

確かにSUVにも通じる、アイポイントが高く囲まれ感の強いコクピットは、ハードプラスチックを多用しているとはいえ艶消しのカッパーとチャコールグレーで彩られ、iコクピットの小径ステアリングも相まって、商用車じみた雰囲気はまったくない。泥や砂、氷雪路など、路面に応じて駆動力を最適化するグリップコントロールも備わる。モジュラー性の高いラゲッジスペースやリアスライドドアなど、生粋のアクティブMPVであるとプジョーが主張するのも何となく頷ける。するとカングーやベルランゴ辺りとも、潜在的ユーザー層も違ってきそうだ。

試乗車は17インチ仕様で、215/60R17のグッドイヤー・エフィシェント・グリップ・パフォーマンスを履いていた。

エンジンルーム内のパワーユニット、BlueHDi 130はボンネットから遠く、潜らせたように低く搭載されている。

1 2