OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど
FORD IS BACK!?

日本輸入一号車をレビュー!FORD PUMA

今や世界の自動車シーンはSUVに席巻されている。人気の要因はスタイリッシュなフォルムと使い勝手の良さ、そして走りの質感が高いことにある。今回はエフエルシーフォードが仕入れた日本導入第一号車であるプーマを実車レビューしてみた。

TEXT / 橋本洋平 PHOTO / 佐藤正勝
SPECIAL THANKS / エフエルシー フォード(https://www.fordchubu.jp)

日本輸入一号車をレビュー!

PUMA ST LINE
欧州フォードの主力モデルの一端を担うプーマ。フィエスタと同じプラットフォームを持ち、ルックスだけではない走りの良さが現地でも好評を博しているという。このクラスでは希少な6速M/Tを設定しているのも、その自信の表れと言えるだろう。来シーズンからはWRCのマシンとして活躍する。

欧州フォードからの直輸入を得意とするエフエルシーフォードが仕入れた日本導入第一号車であるプーマは、走りに定評があるフィエスタと同じプラットフォームを採用。注目ポイントは何といっても6速M/Tを搭載していること(ATもラインナップ)。これに1リッターのエコ・ブースト・ハイブリッド(mHEV)エンジンを搭載する。

インテリアをチェックすると、液晶メーターなど現代的な部分はあるが、基本的にはシンプルでオーソドックスな造りであると感じられる。その中にレッドステッチが与えられた骨太なステアリングや適度なホールド性があるシートが配され、SUVでありながらも走りを意識したクルマだと肌で伝わってくる。

実際に走らせてみると、俊敏な加速が好感触。低中速域のトルクは1リッターとは思えない。一方で6500r.p.m.付近までストレスなく吹け上がるところが心地良い。シャシーはドッシリとした安定感がありつつ、路面の凹凸を見事にいなすしなやかさがマル。17インチタイヤのマッチングも良好だ。目先のキビキビさというより、むしろクルマ全体でリニアさを追求したかに思えるスポーティさが扱いやすい。

街乗りからロングドライブ、ワインディングまで満遍なくこなせそうな1台で、生活は華やかになること間違いなし。SUVはまだまだ面白くなりそうだ。

イギリス仕様を導入しているので、右ハンドルとなる。センターには8インチのマルチディスプレイをレイアウト。スマホとの連動も可能で、使い勝手に不満はない。各種スイッチ類も操作しやすい場所にある。
視認性に優れる12.1インチのTFTパネルのメーター。
マニュアルは軽快な操作性を持つ。オートマも間もなく導入予定。
シートはサイズにゆとりもあって、座り心地に優れている。
エコ・ブーストは、3気筒1リッターとは思えないパワフルさと扱いやすさを両立したエンジンだ。

SPECIFICATION
FORD PUMA ST LINE
◎全長×全幅×全高:4207×1805×1537mm
◎ホイールベース:2588mm
◎車両重量:1280kg
◎エンジン:直列3気筒DOHCターボ

◎総排気量:999 cc
◎最高出力:155ps/6500r.p.m.
◎最大トルク:17.3Kg-m/1400r.p.m.
◎タイヤ(F&R):215/55R17
◎価格:429万円

プーマがWRCへ帰ってくる!

WRCは来シーズからレギュレーションが大幅に変更され、WRカーから新たにラリー1というネーミングに変更。パワートレーンは1 .6リッターターボがハイブリッド化される。それに伴って、各メイクスからはニューマシンが投入される。フォードはサテライトとなるMスポーツが開発と運営を担い、プーマをベースとしたマシンを製作し、先日行われたグッドウッドの会場でマシンを公開。SUVらしからぬスポーティなデザインを身にまとい、その戦闘力は見るからに高そう。来シーズンの活躍に期待だ。

PUMAの試乗の様子はYouTubeで動画公開中!