OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど
100万円でドロ沼に陥る!?

適度な刺激とコンフォートの両立PEUGEOT 505 GTI

編集部員がこれは! と思った趣味グルマを紹介する『100万円でドロ沼に陥る!?』。ここではプジョー最後のフロントエンジン・リア駆動の質実なセダン、505を取り上げる。ファミリーカーとして、またドライバーズカーとしても楽しめるFRセダンはいかが?

TEXT / 中本健二 PHOTO / 山本佳吾
SPECIAL THANKS / ナカオワークス

プジョー505は、世界的なヒットを飛ばした504の後を継いで1979年にデビューした。504譲りの快適な乗り心地、そしてかつてのプジョーらしさを堪能できる貴重なモデルだ。

ピニンファリーナがデザインを担当した端正なエクステリアは、504の特徴的な”ツリ目”を踏襲するが、テールエンドはなだらかに落ち込むのではなく水平基調となっており、時代を反映したアップデートが施されている。

今回取り上げたGTIは、84年に追加されたグレードで、その名から想像できる通りスポーティな仕立てが特徴だ。現代の感覚で”GTI”いえば、急峻な上り坂を駆け上がり、タイトコーナーを得意とするホットバージョンを想像するが、この時代はまだ”ベーシック・モデルに対し、若干スポーティな味付け”といったところ。PRV製の直列4気筒ユニットの最高出力は130psで、トランスミッションは4速A/Tだ。ちなみに、国内へ正規輸入された505GTIはA/Tモデルのみで、当初は3速だったが87年から4速仕様となっている。

乗り心地はソフトでロールも深いが、リズムに乗って走らせることが楽しく、意外なほどハイスピードでコーナーを駆け抜けることもできる。この瞬間こそ、プジョー謹製のダンパーセッティングやシートクッションを堪能できる至福の時だ。わかりやすい強烈な刺激ではなく、普段の乗り心地を犠牲にすることなく、バランスよくドライビングプレジャーを高めている点に好感が持てる。ホイールベースは504と同じだが、前席の形状変更。また604譲りのセミトレーリングアームを採用することで居住スペース、乗り心地とも向上している。つまり505はファミリーカーとしても大いに活躍してくれるのだ。

隣の芝生、ではないが際立つ個性があるわけではないので、他のクルマに心動かされる瞬間があるかもしれない。しかし、じっくり付き合うことで発見できる美点を、505は多数備えている。プジョー最後のFRセダンとなった505の魅力を改めて確認するには、今がちょうど良いタイミングかも知れない。

プジョー505とは?

抜群の乗り心地で大ヒットを記録しりラリーなどでも活躍したプジョー504の後継モデルとして、1979年に登場した上質なセダン。504の美点は受け継ぎつつ、リアサスペンションは604のメカニズムを採用することでリアの居住性を向上させている。セダンの他、ステーションワゴンや8人乗りのファミリエールも用意された。

身体が包み込まれるような優しさで
唯一無二のシート

日常の使用でも邪魔にならない程度にサイドサポートが立ったシート形状で、ホールド性は良好だ。乗降時など、頻繁に触れる箇所に擦れやヤレは見られるが大きな破れはない。ちなみに国内へ正規輸入されたGTIは全て左ハンドル仕様となる。

先代の504からホイールベースは変更されず2740mmのままだが、フロントシートの形状を変えることでレッグスペースは拡大されている。ボディ幅が広がり、天地スペースも確保されているため居住性はなかなかのもの。

ドライバーズシートが特等席

メーターやスイッチ類はドライバーを囲むように配置されているため、視認性、操作性共に良い。紫外線のダメージを受けやすいダッシュパッドにもヒビ割れはなく、生産から30年近く経過していることを考慮すれば色褪せも抑えられている。

実用的なPRVユニット&優れた積載能力

プジョー、ルノー、ボルボが共同開発した直4ユニットは、2165ccの排気量から130psを発揮する。取材した個体は90年式のためトルコンA/Tは4速仕様だ。現在のGTI達に比べればチューニング度合いはかなりマイルド。

奥行き、深さ共に申し分ないトランクは、リッドが直立付近まで開くため使い勝手は非常に良い。これだけのスペースがあれば、長旅の荷物でも問題なく呑み込んでくれるだろう。写真ではわからないが、トランクリッド後端にはスポイラーを備える。

我が国においてプジョーの認知度を一気に高めた205GTI以降、GTIと言えば”ホットバージョン”の代名詞だが、この時代のそれは”ちょっとスポーティ”といった程度。刹那的な速さに溺れるよりも、永く付き合ってクルマの動き方やクセを覚え、スムーズに操る喜びに浸りたい。V6ではなく直4という点も、メンテナンスを考えると歓迎できるポイント。

1990年式プジョー505 GTI
車両価格:58万円(取材時)
プジョー度:★★★★☆
実用度:★★★★☆
ドロ沼度:★★★☆☆