OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど
CLASSIC&YOUNGTIMER

キュートなコンパクトカーは
いつの時代も人気者!
FIAT 500 & ROVER MINI

2代目フィアット500とクラシック・ミニは、カワイイ外観と走りの楽しさで、共に誕生から60年以上を経た今も多くの人を魅了してやまない。それはこれからも変わらないだろう。

TEXT / 森口将之 PHOTO / 奥村純一
SPECIAL THANKS / ノルトライン ローバー東松山(http://www.nordrhein.co.jp/

いままで何度、この2台に乗っただろう。そう思ってしまうほど、クラシック・ミニと空冷リアエンジンのフィアット500には、ベーシックカー比較みたいな企画で取材したことが多かった。

もっとも良く覚えているのは、この2台にフォルクスワーゲン(VW)ビートルとシトロエン2CVを加えた、戦後のベーシックカー四天王と呼びたくなる4台。この組み合わせ、僕がカー・マガジン編集部にいたときに企画した内容と同じで、当時はミニがまだ新車で買えたという昔話なのだが、あれから30年近く経っても評価が変わらないというところに、2台の凄さがあると思う。

デビューした年は500が1957年で、ミニは1959年が60周年となるので2年後と近い。でもそれ以外はかなり内容が違う。

ミニは現在のスモールカーの定型になっている水冷直列4気筒横置き前輪駆動なのに対し、500は空冷直列2気筒をリアオーバーハングに縦置きして後輪を駆動する。500は後継車126の登場に伴って1975年に生産を終了したが、ミニは後継車のクラブマンやメトロ、ローバー100が先に生涯を終える中、2000年まで作られた。

500は一貫してフィアットがメーカーだったのに対し、ミニは誕生時はBMCで、その後BMH~BLMC~BL~ローバーと紆余曲折を経たことを考えれば、良く長生きしたと思う。水冷4気筒フロントエンジンだったことが大きいかもしれないが、最後はキャブレターをインジェクションに換え、エアコンまで装備したというのは、基本設計が1950年代ということを考えると驚きだ。

一方でこの2台には共通している部分がある。モータースポーツで活躍したことだ。フィアットはアバルト、ミニはクーパーという素晴らしいパートナーと巡り会えたことで、フィアット・アバルト595/695はツーリングカー・レースの小排気量クラスで欠かせない存在になり、ミニ・クーパーはサーキットのみならずラリーフィールドでも活躍した。

もともとベーシックカーとして生まれた2台がこうしたシーンでおなじみの存在になれたのは、走りが良かったからだ。500を手がけたダンテ・ジアコーザ、ミニの生みの親であるアレック・イシゴニスはやはり、自動車史に残る名設計者なのである。

しかもボディは小柄でパワーが限られている分、日常的なシーンでも走りを満喫できる。大きすぎる、速すぎるクルマが目立つ昨今では貴重な存在でもある。

1967 FIAT 500F

多くの人に親しまれているのは、
可愛い顔だけが理由じゃない

その中からまず、1967年式フィアット500Fに乗り込む。微妙にブルーがかったホワイトが、小動物のようなボディに落ち着きを加えている。インテリアはライトブルーとホワイトの2トーン。イタリアらしいおしゃれなコーディネートだ。500Fなのでインパネは鉄板むき出しで、メーターも丸型ひとつだけだが、質素だとは思わず、むしろ個々のディテールへのこだわりに豊かさを感じる。

運転席に座ったままキャビンの四隅に手が届くと言えば、室内空間は理解できるだろう。なのに後席にも大人が座れる。安全対策が厳しくなかったとはいえ、ジアコーザの生み出したパッケージングに感心する。

エンジンのこもり音を逃がすために用意したと言われるキャンバストップは、この小さな空間に広がりをもたらしてくれるし、それ以前に太陽を愛する国イタリアのベーシックカーであることを教えてもくれる。

キーを捻り、シート間にある細い2本のレバーの右側を引きつつスロットルペダルを軽く煽ると、後方からバタバタッという空冷ツインの活発なサウンドが届いてくる。儀式というほど大仰ではないけれど、この手順を踏んでいくだけで500だよなあという気分にさせてくれる。

カー・マガジン編集部にいた時代は、650ccに排気量を拡大していた車両の長期レポート担当者だった。プライベートではシトロエン2CVに乗っていたのに、遅くてしかたがないと思っていた。ところが最近は今回乗ったオリジナルの500ccでもそれほど遅いとは感じなくなった。

自分が歳を取ったのか、低速移動の電気自動車や自動運転車を取材する機会が増えたからか、真相は不明だが、時代がそれほど速さを求めなくなったこともあるだろう。

直立した細いシフトレバーは、ストロークは短くタッチは確実だが、ノンシンクロなので変速時にはクラッチを含めて繊細な操作が不可欠となる。その代わりタイミングが合うと吸い込まれるように次のギアに入る。ヒストリックスポーツカーのような喜びを届けてくれるのだ。

乗り心地は多くの人が想像するほど悪くはない。ボディの剛性感がしっかりしているためもあり、路面の感触は伝えつつショックは絶妙にいなすという、よくできたイタリア車のフィーリングを味わわせてくれる。ここでもまたジアコーザを尊敬したくなる。

ステアリングが軽いのは軽量リアエンジンならでは。しかもホイールベースは1840mmと、最新のクルマの全幅に思えるような数字。おかげで交差点でも痛快。くるっとターンインしたら、スロットルペダルを踏み込めば、後方からバタバタッという活発な排気音を響かせながら加速していく。

シンプル&スモールを極めたからこそ楽しさが研ぎ澄まされている。スーパースポーツであれば一瞬で終わる10km/h分の加速に、いろんなドラマが詰め込まれている。いまなお500が多くの人に親しまれているのは、可愛い顔だけが理由じゃない。

バタバタと、空冷2気筒独特のサウンドを奏でながら緑の中を行く。キャンバストップを開けておけば、解放感が高く、心地よい。
曲線的でかわいらしいボディデザインが最大の特徴。現車は500Fで、ベーシックな雰囲気も魅力。
最初期型、500Dに続き、クラシカルなグリル型フロントエンブレムを継承。
リアゲート左側に備わるヌォーバ500のエンブレムも、最初期型から500Fまでの装備。
現車は美しくレストアされており、キャンバストップの裏側やサンバイザーも新車のよう。
500Fから燃料タンクは横長タイプとなり、左右のバランスが改良された。
純正スチールホイールに、ピレリ・チンチュラートCN54、125SR12を装着。今でも新品が入手可能だ。
18psを発揮する空冷直列2気筒OHVエンジン。現車は同時点火とされている以外ほぼオリジナル。
ボディ同色の鉄板で構成されるシンプルこの上ないインパネだが、白いステアリングと相まって良い雰囲気。
メーターもシンプルながらデザインがお洒落。後の新フィアット500のメーターもこれがモチーフ。
現車はボディ色に合わせた水色と白のツートーンシートを装着。前席の2点式ベルトは後から装着されたもの。
前席の間にあるチョークとスターターのレバー。

SPECIFICATION
1967 FIAT 500 F
全長×全幅×全高:2970×1320×1335mm
ホイールベース:1840mm
トレッド(F/R):1121/1135mm
車両重量:520kg
エンジン形式:空冷直列2気筒OHV

総排気量:499.5cc
最高出力:18ps/4600r.p.m.
最大トルク:3.1kg-m/2200r.p.m.
サスペンション(F/R):ウィッシュボーン/スイングアクスル
ブレーキ(F&R):ドラム
タイヤ(F&R):125R12

1997 ROVER MINI COOPER 1.3i

物質的な豊かさを超えた
精神的な豊かさを感じる

乗り換えたミニは1997年式で、偶然にも500Fの30年後に作られた正規輸入車。インジェクション仕様クーパーのヘリテイジコレクションで、アーモンドグリーンのカラーがなんとも英国らしい。インテリアも同じアーモンドグリーンのレザーを、ウッドのインパネやドアキャッピングに組み合わせていて、クラシックホテルの一室を思わせる。

タコメーターやクーラーは付くものの、今のスモールカーと比べればこちらも仕立てはあっさり。でも500と同じで、物質的な豊かさを超えた精神的な豊かさを感じる。

ドライビングポジションは500より慣れが必要かもしれない。ペダルが内側に寄っているうえに、ステアリングが極端に上を向いているからだ。でもイシゴニスが生み出した革新的なパッケージングの結果であることを思い出すと、自然と納得する。500もそうだが設計者の顔が見えるから、クルマにぞっこんになれる。

インジェクション仕様なので始動はキーを捻るだけ。でも掛かった瞬間、硬質な振動がキャビンに伝わり、ノンオリジナルのマフラーからはくぐもった低音が響く。1950年代生まれのエンジンであることを濃厚に伝える息吹は、今ではブリティッシュスポーツと呼びたくなるほど骨っぽい。

試乗車はA/T仕様だった。それでも現在の軽自動車の枠内に楽に収まるボディに1.3リッターだから、加速は充分すぎるほど。でもそれは絶対的なパワーより、スロットルペダルを踏み込むと同時に音と振動を乗り手に伝えつつ、間髪を入れずにダッシュを始める瞬発力によるところが大きい。

M/T同様オイルはエンジンと共用なので、暖気をしっかりする必要はあるものの、暖まればスムーズなイージードライブが味わえる。サイズはコンパクトだし、クーラーも付いているから、クラシックなシティコミューターとしての役目も果たしてくれそうだ。

ただしステアリングは低速ではそれなりに重い。モディファイの定番であるハイローキットを入れ、車高を気持ち下げているので乗り心地は固め。このあたりはハイローキットの調節の他、ラバーコーンを変えたりコイルに交換したりして改善できるはず。

とはいえクイックなハンドリングを知ると、やっぱりそのキャラクターを伸ばす方向で仕立てたくなる。エンジンやステアリングと前輪との直結感はいつもながら濃厚。それを手足で味わいながら四角い車体を操る。なぜゴーカートフィールという表現が生まれたか、体で理解できる。

平成時代はエコカーの時代だったかもしれない。しかし同時に自転車に再び注目が集まり、カーシェアリングなど新たなクルマの使い方が出現した。エコモビリティが多様化した30年間でもあった。

では令和時代はどうなるか。自分で買って乗るマイカーに、他では得られないクルマらしさを求める人が増えるのではないかと思っている。街乗りであっても操る歓びを感じさせてくれるから、進んで愛車にしようという気持ちになる。

500とミニがその最右翼に位置していることは言うまでもない。半世紀以上前に生まれた2台は、これからもクルマ趣味には欠かせない存在であり続けると考えている。

スポーティなサウンドをたてながら走るミニ。ステアリングは重めだが、慣れれば苦にならない。
角張っているのにエッジが全て丸いデザインが特徴。ルーフとのツートーンもミニならではの演出。
ボンネット先端中央のエンブレムは、ウイング付で中央がMINIの文字のタイプ。
1960年代にレースで活躍した、ミニ・クーパーのワークスカーが付けていたのと同じデザインのマークがボディサイドに備わる。
純正の8本スポーク・アルミホイールに、ブリヂストン・スニーカー145/70R12サイズを装着する。
左側に燃料タンクがあるため、あまり荷物は入らないトランクルーム。
狭いエンジンルームにビッチリとメカニズムが収まる。M/Tは62psだが、A/T仕様は53psを発揮。
現車はクーパー1.3iヘリテイジ・コレクションで、ウッドパネルや本革シートが備わる。運転席エアバッグも標準装備。
繊細な字体のホワイトメーターを装備。
この年式のA/T車は、Pレンジのあるセレクターレバーを装備。ただし頻繁にPに入れる使い方は厳禁だそうだ。
ボディ色とコーディネートされたシートがお洒落。

SPECIFICATION
1997 ROVER MINI COOPER 1.3i
全長×全幅×全高:3075×1440×1330mm
ホイールベース:2035mm
トレッド(F/R):1235/1200mm
車両重量:740kg
エンジン形式:水冷直列4気筒OHV

総排気量:1271cc
最高出力:53ps/5000r.p.m.
最大トルク:9.3kg-m/2600r.p.m.
サスペンション(F/R):ウィッシュボーン/トレーリングアーム
ブレーキ(F/R):ディスク/ドラム
タイヤ(F&R):145/70R12

PROFILE/森口将之

ヒストリックカーから最新車、更には各種バイクから電動車椅子や路面電車まで、評論する対象の範囲が非常に広いジャーナリスト。アヴァンタイムやC4カクタスを足とする。