OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど
CLASSIC&YOUNGTIMER

国産チューニング界の雄がフルレストアVW KARMANN GHIA

ブレーキを始めとしたアフターパーツで世界的に有名なENDLESSがカルマンギアのフルレストアに挑戦。日本のチューニング関連各社とVWスペシャルショップの協力を得て、唯一無二のカルマンギアがここに実現した!

TEXT / 竹内耕太 PHOTO / 宮越孝政
SPECIAL THANKS / ENDLESS ADVANCE(https://www.endless-sport.co.jp/

国産チューニング界の雄がフルレストア

毎年1月に開催されるカスタムの祭典『東京オートサロン』において、いつもクラシックカーのフルレストアをお披露目しているのが、長野県佐久市に本拠を置くアフターパーツメーカー『ENDLESS』だ。チューニングカー用ブレーキ製品の開発と製造を手掛けて30年を超え、スーパー耐久などのモータースポーツにも参戦している同社であるが、パフォーマンス競争の最先端で戦う一方で、近年、フィアットX1/9、プリンス・スカイライン、日野コンテッサ等々をフルレストアし、足元にはENDLESS製ブレーキを装着して可動状態へと復活させてきた。

そんなENDLESSが次なるプロジェクトカーとしてカルマンギアを選んだのは2018年2月のこと。花里 功社長いわく、「昔、黄色いビートルに乗っていた時期も少しだけありました。その頃、地元の車庫に置きっぱなしになっていたカルマンギアがあって、その後ろ姿がずっと目に焼き付いていたんです。そこでカルマンギアを探してみたところ、知人からベース車を紹介してもらえました」


長年のレース活動とこれまでの旧車レストアで鍛えられているENDLESSのメカニカルスタッフたちだが、空冷VWは初めての経験であり、右も左も分からない。そこで知り合いから紹介してもらったのが、ティーポ本誌でもおなじみの東京のVWショップ『One Low』田崎政司さんだった。田崎さんからVWのレストアのアドバイスを受けながら、必要なパーツは『FLAT4』から供給。完成後は花里社長がデイリードライブすることを前提に、エンジンは街乗りしやすい1775ccをチョイス。ボディやシャシーの修復作業が進む中で、どんなスタイルで仕上げるか? ENDLESSのスタッフ一同、頭を悩ませたそうだ。

「コンセプトを見失って迷走していた時期、『One Low』さんが“既成概念を気にせず、ENDLESSさんがカッコいいと思うことをすればいいですよ。それがVWの良いところですから”と言ってくれたのに救われました。こうしなきゃ、という決めつけはなくて、自由にやっていいんだと」と、ENDLESSスタッフの村田さんは回顧してくれた。

美しく輝くパールホワイトで全塗装されたカルマンギア。ショーカーらしく華やかに輝くエンジンルームの下には、FUJITSUBOがワンオフ製作したエキマニとマフラーがさりげなくインストールされている。

そして何といってもハイライトは、ENDLESSの本領というべき足まわりだ。前後とも特別色SBKのENKEI PF05ホイールをなんと7.0J+45で履き、その奥に光るブレーキはフロントがENDLESS MONO4 Rallyキャリパー&φ345mmディスク、リアには特別制作したアルフィンドラムを装着している。ショックもENDLESS製Functionサスキットだ。タイヤはストリートで安全に走れるサイズを突き詰めた末、ADVAN FLEVA 205/40R17を前後とも装着しての公道デビューとなった。

実際にドライブさせていただいたところ、1750ccの適度なトルク感と、スッとよく効くブレーキはもちろん、実にしっかり曲がる足周りに、レースのプロの実力を感じた次第。レース界と空冷VW界との間で技術交流が進んでいく未来を、つい夢みてしまうのだった。

足まわりには最新のチューニングテクノロジーを凝縮

ホイールはENKEI PF05の特別色SBK仕様。前後とも17インチ7.0J+45を装着している。タイヤサイズは東京オートサロン発表時は205/45R17だったが、フェンダーとの干渉を避けるため205/40R17に落ち着いた。

ディスクブレーキはENDLESSの最先端4ピストンモノブロックキャリパーキット、MONO4Rallyとφ345mmローターを装備。

フロントはナロードビームとロワードスピンドルを入れ、ENDLESS製サスペンションFunctionをカスタムオーダーメイドで取り付けている。

リアのホイールとタイヤはフロントと同サイズとなっている。

このカルマンギア用に特別制作されたアルフィンドラム。残念ながら市販化の予定は今のところ無いとのこと。

リアはアジャスタブルスプリングプレートで車高を落とし、やはりENDLESS製ショックのFunctionがインストールされている。ストリートの路面の継ぎ目や段差でも、極めてスムーズな乗り心地を実現している。

この姿、まさしくジャパニーズ・ハイパフォーマンス

パールホワイトの美しいボディの随所に高性能パーツを秘めている。
ヘッドライトのレンズはPIAA製をチョイス。リムはベース車の物をクリーニングしてクローム仕上げ。
ボール型のドアミラーは偶然見つけた汎用品を装着している。
ボディはパールホワイトでオールペイント。リアウインドウとリアクオーターウインドウはフィルムで明度を落としてある。フロント側のガラス類にはUVカットフィルムを貼って、デイリーユースに対応。
トルクフルなロングレイアウトにしたマフラーはFUJITSUBO製。EMPIのハイキャパシティオイルサンプを装備。
デイリーユースで快適に走れるパフォーマンスを求めて『One Low』に相談した結果、エンジンは1775ccで組み上げることに。クローム処理を各所に施し、ショーカーとしての華やかさも備える。
クリーンなインテリア。ダッシュパッドを取り外してすっきりさせ、パネルを加工して2DINカーナビがセンターに収まる。ステアリングはNARDI製の新品をインストール。
VDO 3連メーターの奥にあるスイッチノブは、上2つがクーラー用に製作された物。一番下はワイパー。
カーナビの横にあるのはクーラーの吹き出し口。S15シルビア用の物を使っている。
シフターはベース車のEMPIをリフレッシュし、ノブだけ交換している。
シートはBRIDEのHISTRIXをチョイスしてレッドに変更。
リアシート後ろのトランクスペースに至るまでレッドで統一されている。カーペットは国内の職人にオーダーして製作してもらったものだ。
フロントフード内にあるのはクーラーユニット。これはベース車に付いていたものをクリーニングし補修して活用している。
このカルマンギアのプロジェクトに協力/協賛した企業の一覧。日本のチューニング各社がここまで空冷フォルクスワーゲンのプロジェクトに携わっているのだ。

OWNER/花里 功さん

ENDLESSは1986年に花里 功社長が創業し、自らのレース経験からブレーキパッドの開発と量産をスタート。今や国内外のレースシーンで必要不可欠なブランドだ。