OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど
CLASSIC&YOUNGTIMER

翼を持ったサルーンが輝いた時代ALFAROMEO 2000 BERLINA&PEUGEOT 404 BERLINE

1950年代終盤から60年代初頭に、アメリカ車で爆発的に流行したテールフィン。ヨーロッパにも流行は波及し、とりわけサルーンで採用されることが多かった。この時代に登場した一見よく似た2台を、詳しく見てみよう。

TEXT / 森口将之 PHOTO / 奥村純一
SPECIAL THANKS / コレツィオーネ(http://www.collezione.co.jp/)&ガッティーナ(http://gattina.net/

翼を持ったサルーンが輝いた時代

1950年代後半から60年代前半にかけてのカーデザインの流行と言えば、テールフィンを思い出す人が多いだろう。

もちろんこのテールフィンはアメリカが火付け役だけれど、ヨーロッパにも影響を受けたクルマは多い。メルセデス・ベンツやBMCなど、多くのブランドが同様のスタイルを取り入れ、独自の価値観を貫く傾向が強いイタフラ勢も洗礼を浴びていた。

写真の2台を見れば説明するまでもないだろう。アルファ・ロメオ2000ベルリーナとプジョー404ベルリーヌ。どちらもファミリーセダンで、スタイリングはもちろん、色もライトグレーとシルバーで近い。そのためアルファに置いてあった自分のバッグを取り出そうとプジョーのドアを開けに行ってしまったほどだ。

興味深いのは、どちらもクーペやオープンカーのバリエーションを持っていたのに、それらはここまで明確なテールフィンを生やさなかったこと。パーソナルカーは自己主張が大事なのに対し、セダンは不特定多数のユーザーに振り向いてもらうべく、トレンドに乗ったのかもしれない。

でも結果から言えば、似ていたのはエクステリアぐらい。似たようなサイズとスタイルのセダンがここまで違うのか! と感心するほどだった。

1960 ALFA ROMEO 2000 BERLINA

高級&豪華路線を狙った大人のアルファ

ところでアルファの2000というとまず思い出すのは、旧型ジュリアをベースにホイールベースを伸ばし、軽合金製ツインカムの排気量を拡大したモデルではないだろうか。でもこのとおり、その前にもアルファの2000はあった。1950年に初の量産車として登場した1900の進化版で、57年にデビューしていた。

よって直列4気筒DOHCはスティールブロック。2リッター版は1900の途中から、スーパーのグレードとともに用意されており、ディスコボランテの愛称で有名なスポーツカー1900C52の心臓も、ボアの数値が微妙に違うけれど2リッターだった。トランスミッションはこの時代では珍しく全車5速M/T。さすがアルファだ。

ベルリーナのほかクーペのスプリントとオープンのスパイダーがあったボディバリエーションは、初代ジュリエッタやジュリアと同じ。この時代のアルファのしきたりだったのだろう。

ただし1900の時代はさまざまなカロッツェリアが手掛けていたスプリントとスパイダーは、前者はベルトーネ、後者はツーリングが基本になった。その後のジュリアクーペがこのスプリントに似たスタイリングで登場したことを知っている人もいるだろう。

生産台数は約7000台と、高級車だったこともあり少なめ。ボディ別でもっとも多かったのはスパイダーで、セダンはイマイチだった。そこでアルファは1961年、2.6リッター直列6気筒エンジンを新開発して、フロントマスクをモダナイズしたボディに載せた。これが2600だ。

全長4715mmとやや大きなボディのサルーンだが、アルファらしくスポーティ。
1957年登場のアルファ・ロメオ2000ベルリーナのテールフィン。1961年から2600となりフィンは小さくなる。
低いフロントエンドと高いフェンダーの峰がクラシカルな印象を与える。
純正スチールホイールにセンターキャップの組み合わせ。タイヤは165R400 87SサイズのミシュランXを装着していた。
1975ccの直4 DOHCエンジンは、2バレル・ダウンドラフト・シングルキャブレター装備で105psを発揮。1.3t以上ある車体を悠々と加速させる。
インパネも豪華な雰囲気。メーターはリボン式の速度計とアナログ式の回転計を融合。ステアリング右はコラムシフトレバーで、操作には力がいる。
前席はベンチシートで3人掛けが可能。サイドサポートは望めないが、街中で運転する限り不満はない。
後席もベンチシート的で、スペースが広く感じられる。
トランクは大きい上、リッドが低い位置から開き便利。

SPECIFICATION
1960 ALFAROMEO 2000 BERLINA
全長×全幅×全高:4715×1700×1505mm
ホイールベース:2720mm
車両重量:1340kg
エンジン:水冷直列4気筒DOHC
総排気量:1975cc

最高出力:105ps/5300r.p.m.
最大トルク:15 .0kg-m/3600r.p.m.
サスペンション(F/R):ダブルウイッシュボーン/トレーリングリンク
ブレーキ(F/R):ディスク/ドラム
タイヤ(F&R):165×400

アルファロメオ2000/2600シリーズ

2000 SPIDER(1957-1961)
ホイールベース2500mmのシャシーに、ツーリング製ボディを与えたスパイダー。1962年に2600に進化。

2600 BERLINA(1962-1969)
エンジンは直6 DOHC/130psとなり、前後ボディ形状を変更。ライトが4灯化され、テールフィンはほぼ消滅。

2600 SPRINT(1962-1966)
4座クーペのスプリントは2580mmのホイールベースでベルトーネ製ボディを搭載。2000で登場し2600に進化した。

2600 BERLINA DE LUXE(1965-1967)
2600ベルリーナをベースにカロッツェリアOSIがデザインした直線的ボディを搭載。54台のみ生産された。

2600 SZ(1965-1967)
ホイールベース2500mmのシャシーに、ザガート製の未来的ボディを与えたモデル。エンジンは145ps。105台のみ生産。

1 2