OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど
NEW CAR

今乗るべきハッチバックTOYOTA COROLLA SPORT, PEUGEOT 308 & RENAULT MEGANE

クルマのデキが良くなっている今、日常域でクルマの楽しさを味わうのなら、ベーシック・ハッチバックがオススメだ。シャシーとパワートレーンが絶妙にバランスした、オススメの現行モデル3台を紹介しよう。

TEXT / 山田弘樹 PHOTO / 内藤敬仁, 佐藤亮太
SPECIAL THANKS / トヨタ(http://www.toyota.co.jp/), グループPSAジャパン(https://web.peugeot.co.jp), ルノー・ジャポン(http://www.renault.jp

PEUGEOT 308 GT LINE BLUE HDI

何もかもがちょうどいい絶妙なバランス

プジョー308における一番のハイライトは、なんと言っても最新の1.5リッター直噴ディーゼルターボ「Blue HDi」が搭載されたこと。上位機種である2リッターディーゼルターボ(170ps/40.8kg―m)の、呆れんばかりの速さと高速巡航性能に対して、この1.5リッター版はホントに何もかもがちょうどいい。1500r.p.mという低い回転から発揮される30.6kg-mの最大トルクは今回で言えばメガーヌGT(28.6kg-m)をも上回る。そして8速A/Tの細かいギアリングと共に、このトルクが日常域のほとんどをカバーしてくれるんだ。小排気量ディーゼルターボ特有の唐突なトルク変動を意識せず、扱いやすさだけ感じさせてくれる制御のうまさには、日本導入が遅れただけで長年ディーゼルを手がけてきたプジョーの手腕を感じ取ることができる。欧州ハッチバック好きにはシアワセ感だよね。

最高に面白いのはスポーツモードでアクセルを踏み込んだとき。ご存じプジョーはサウンドジェネレーターでスピーカーから疑似エンジンサウンドを流しているんだけど、これがディーゼルユニットと組み合わさると、なかなかどうして悪くない。

ただでさえディーゼルは高回転でドラマがないわけで、おまけに回したときのノック音まで消してくれるから、気分が盛り上がるんだ。子供だましと言われたらそれまでだけれど、ボクの五感は素直に楽しい! と感じた。

このエンジン特性に対してシャシーはどっしり。かつてプジョーが得意としたヨーロピアンテイストのヒラリ感をトヨタが受け継ぎ、プジョーとルノーがドイツ的フレーバーに近づいたのは興味深いところだよね。

ただ2大フレンチメーカーがガッシリしたボディ剛性感を演出しても、ハンドリングの味付けや方向性は正反対なのが、また選ぶ側にとっては選択肢が広がって楽しい。メガーヌGTは後述するけど308はともかく挙動とハンドリングがオーソドックスで、運転の基本を理解しているドライバーだったら、絶対にこのベーシックな身のこなしを感じ取ってくれると思うよ。

タイヤのエアボリュームによるバウンシングが多くて低速域でダンパーの抑えが効かない部分もあるけれど、速度が高まるに従って周波数が同調して行く様はまさにプジョー。中速コーナーでステアリングを切るとほどよいロール感が発生し、そこからタイヤが大地に根を張るように吸い付いて行く。このなんとも言えない気持ちよさが、プジョーを持つ意義だと思う。

だからこそちょっと小さすぎるステアリングに合わせたステア特性や、ステアリングの上から覗くヘンテコなメーターが最初は気になり、「フツーにすればいいのに……」なんて思うけど、そこでフツーになっちゃったらフレンチのひねくれ感がなくなっちゃう。

そこは乗り手が合わせるようにステア舵角を最小限にして操って行くと、308との対話ができるようになるんだ。あとはアダプティブ・クルーズ・コントロールと可変ダンパーがあれば、いうことなしなんだけどなぁ!

スポーティさと上質な雰囲気を融合させた308のエクステリア。サイドスカートなど、GT Lineはスポーティなアイテムを装着する。

小径ステアリング越しに見えるメーターは、目線移動の少ない場所に設置する。優れた前方視認性を確保したプジョー独自のi-Cockpit。

スピードとタコーメーターの針が左右対称に向き合うデザインのユニークなメーター。

奥行き深さ共に十分なスペースのラゲッジルーム。6:4の分割可倒式。

シートはクッションが分厚くて座り心地が良い。背もたれの横幅も十分に確保される。

座面の端がカットされ乗降性は良好。座面長がやや短く、背もたれが立ち気味のポジション。

従来モデルより81%のパーツを新設計とした1.5リッターディーゼル。ダウンサイジングしながらもパワーはキープされている。

GT Lineには標準より1インチ大きい、17インチのアルミホイールが標準装着される。

これまで排ガス浄化装置が3つに分かれていたものを、ターボと一体化することで、より高効率化が図られている。

SPECIFICATION
PEUGEOT 308 GT LINE BLUE HDI
全長×全幅×全高:4275×1805×1460mm
ホイールベース:2620mm
トレッド(F&R):1550mm
車両重量:1470kg
エンジン型式:直列4気筒DOHCターボ

総排気量:1498cc
最高出力:130ps/1750r.p.m
最大トルク:30.6kg-m/1750r.p.m
サスペンション(F/R):ストラット/トーションビーム
タイヤ(F&R):225/45R17
価格:336万円

1 2 3