OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど
COLUMN

アルピーヌA110のデザイナーに訊くALPINE A110's DESIGNER

クラシックA110という偉大なモデルがあったからこそ、新型アルピーヌA110のデザインは難しくも楽しくもあった作業だろう。そのチーフデザイナーに訊く。

TEXT / 南陽一浩 PHOTO / 平井大介

アルピーヌA110のデザイナーに訊く

社内では『AS1』というプロジェクトコード名を与えられた新生A110のスタイリングをまとめる作業を、チーフデザイナーとして統括したアントニー・ヴィラン氏。クラシックA110という強烈な個性を放つスポーツカーを手本にとりつつ、その信奉者たちに”現代のアルピーヌ”を認めさせることは容易ではなかったはずだが、その生成過程を彼はこう語る。

「最初のイメージスケッチは、もうルノー・グループを去っていますが、ブルガリア出身のデイヤン・デンコフというデザイナーがまとめたものが非常によくて。2012年9月にはもう出来ていましたね。これで行こう、とすぐに決まりました」

ただしイメージを実際のプロダクトという形にする作業は別物で、そこからのアプローチは即、CGとレンダリングとはならなかった。

「ジャン・レデレの子息であるジャン・シャルル・レデレ氏の協力を得て、立ち上がったばかりのアルピーヌのデザインスタジオのデザイナー全員を連れて、彼の手元に遺されているアルピーヌの全モデルを、実物大スケッチさせてもらったんです。レーシングカーやプロトタイプもあれば、A310やA610といったその後の世代もありました。大きな紙を使って描くことは、アルピーヌらしい輪郭や特徴、全体的な雰囲気を掴むのに大いに役立ちましたね。外装だけでなく、内装デザイナーはA108にかなりインスパイアされていました。2012年11月の、すごく寒い日だったことを覚えています。まさしく『アルピーヌ的なるもののダイレクト注入』をした瞬間でした」

スタジオ・アルピーヌには当時、ジョイントパートナーだったケータハムのデザイナーらも迎えた。デザインチーム同士は上手くいっていたという。

「向こうの方がスパルタン志向というか、内装について多少の考え方の違いはありましたが、総じて和気あいあいとやっていました。外装がほぼ終わった頃に、経営的判断であちらのプロジェクトは中止となりましたが、ウチはそのまま継続で、とくに何がしかの影響があったか? といえば、なかったですね」

未来のクラシックになるもの

AS1はプロポーションだけ先に決めた上で、その先のモデリングからプロダクト化まで、ずっとエンジニアチームとの協業でデザインとディテールが詰められたという。

「実物大スケッチから約6ヵ月、2013年5月にはほぼ外装は完成していました。もしアルピーヌのベルリネットが過去20年間にも継続され、Mk-2、Mk-3という進化を遂げていたらどうなっていたか? そうやって存在しない線を想像して意識することで、アルピーヌ・ブランドのDNA、過去と未来を繋げるエレメントを炙り出していったんです」

それは軽さ、コンパクトさ、走りのピュアさといった項目だけでなく、豊富なル・マン経験における空力ノウハウは、200km/h以上で効果の高いディフューザーやフルフラットボトムに結実していたであろうなど、具体的なテクニカル面にも及んだ。

「スタイル面で決定的だったのは、外に向かって威張る感じより、攻撃的でなくエレガントであることこそアルピーヌらしい、ということでした。というのも既存のスポーツカーはつねにプラスプラスプラスで発展的追加を遂げた結果、アグレッシブ過ぎるものばかりですが、アルピーヌのもたらす純粋なプレジャーとはマスを削り、”light is right”であること。300~400psが当たり前の世界でパワーを誇示することでなく、200psちょっとでも受け入れられるクルマであることです。最小限のディテールで最大限の効果、それこそがフレンチタッチとして求められることですし。あとひとついえることは、”未来のクラシック”になるもの、時間の経過に流されないもの、としたかったのです」

マイナーチェンジの要らないモデル

空力という機能面や歴史的遺産からもたらされたプロポーションがあった分、外装をデザインしていく作業では、明確な方向性があったが、むしろ内装が難しかったという。

「昔のクラシックA110の雰囲気をそのまま移すと、バケットシートと簡素なダッシュボード、オーナーによってはロールケージ(笑)という、今日の新車としては快適性に乏しく、スパルタンに過ぎます。サーキット用のクルマと異なる官能的なマシーンであることを、軽さとピュアさの中で表現しつつ、快適で洗練されている必要があったのです。ポルシェやアウディは洗練されていますが、やはりスチールボディの上にプラスチックとモケット、ウレタンを重ねた通常通りの内装であることは否めない。だからアルピーヌは思い切って、すべて剥ぎとるところから始めました。元々アルミのボディの上に、アルミと革とカーボンを載せただけ、というミニマルさです」

サベルトの提案によるシートは早々に決まったが、クラシックA110がフロアシフトなのに対し、ボタン選択式のシフトのような新しいテクノロジーを採り入れた分、センターコンソールはゼロから作り込まれた。

「ヒントになったのはクラシックA110のドア内側のメンバーなど。2016年発表のコンセプト『ヴィジョン』の時にようやく固めることができました。プルミエールエディションやピュアのシートには、軽量さもあってディナミカというマイクロファイバーを採用した一方、リネージにはよりGT的な雰囲気をもたせるため、レザーシートとしました。なぜショコラ色か? あれは、先ほど話題に上がった、レデレ家所有のA108に内装デザイナーが影響されたがためですね。2台あって外装色はそれぞれブロンズとアクアグリーンだったのですが、内装はいずれもこげ茶色でした。本人に確かめた訳ではないですが、そこから来ていると思います」

こうして聞いていると、新しいA110は机の上でただ描かれただけでなく、デザイナーも過去の実車に取材し、ブレインストーミングを重ねた上で、簡素な形や輪郭の中に、実は濃密なタッチを重ねていることが分かる。結果的に、マイナーチェンジの要らないモデルになったのでは? と尋ねると、ヴィラン氏は大真面目な顔に戻ってこう述べた。

「マイナーチェンジは……必要ないかもしれませんね。時間性、時代性を感じさせないデザインであること、それこそが目標でしたし、今後も同じA110を継続していくことが、マーケティングやエンジニア、そして工場との共通認識ですから」

2016年のコンセプト『ヴィジョン』とクラシックA110。新型は往年のイメージを絶妙に昇華させていることがわかる。