OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど
CLASSIC&YOUNGTIMER

ミスマッチな組み合わせに
隠された驚きのヒストリー
COOPER MINI TRAVELLER 1275 "S"

クラシック・ミニのモディファイ・スタイルは星の数ほど存在するが、史実を重んじるのであれば、方法論はいくつかに限られてくる。しかしながら、牧歌的な雰囲気の漂うトラベラー/カントリーボディにクラシック・ミニ最強のクーパー1275Sユニットを積み込んだという、一見暴挙ともいえる組み合わせが存在することはご存じだろうか。今回はそんな稀有なヒストリーを持つトラベラーを紹介する。

TEXT / 吉田拓生 PHOTO / 田中秀宣
SPECIAL THANKS / クラスカ(https://www.classca.jp/

ミスマッチな組み合わせに
隠された驚きのヒストリー

時代は突き進み、しかし時に反芻する。ワークホースに過ぎなかったバン車が家族の暮らしに入り込んでステーションワゴンと呼ばれるようになり、長閑な週末のファミリーカーとして重宝されてきたが、いつしかそこにスピードの幻想を抱く人も出はじめる。

実際に現在のマーケットを見てみれば、ポルシェがSUVを作ること自体が”スピードワゴン”の発露だし、SUV後発組のイタリア勢は矢継ぎ早にトップグレードを追加した。アルファロメオはステルヴィオにすこぶるパワフルなクアドリフォリオを用意し、マセラティはレヴァンテにフェラーリ・ユニットを搭載したトロフェオを付け加えたのだ。

そんな現代の眼から見た場合、今目の前に佇む白いクラシック・ミニはどう映るのか?

真正面から見れば、それは単なるミニに過ぎない。クルマ好きならボンネット先端に据えられたSの文字を目ざとく見つけるだろうから、マーク1ミニ最強モデルの存在に少しワクワクするはずだ。ところが横方向に移動しながら見ていくと、アッシュウッドでできた木枠を発見し、「えっ、これはトラベラー/カントリーマンなの?」となる。歴史上、クーパーSに長モノは存在しないからである。存在しないはずの”スピードワゴン”は時代の予言者だったということになる。

そう、現在のMINIのラインナップを見れば、MINI5ドアやMINIクロスオーバーといったいわゆる長モノモデルにも、最強モデルたるJCW(ジョン・クーパー・ワークス)グレードが用意されているのだから。

ボディの前後にクーパーSの象徴を掲げるこのトラベラーのいでたちは極めて穏やかなものだ。オリジナルのトラベラーに忠実にレストアされている内装は、よく見かけるタータン(赤)だが素材には本革が使われている。バッヂチューニングの可能性もあると思いボンネットの中身を見せてもらう。最初に目に入るのはパーツの随所にかなり上質なクロームメッキが施されていることだが、楕円のエアクリーナーケースの下に鎮座するSUキャブレターのサイズと個数がまず異質だ。その次にロッカーカバーの周囲でシリンダーヘッドを留めているスタッドボルトが11本あることを見定める。そういえばロッカーカバー上に据えられたダウントンのエンジンプレートは、よく見かけるタイプではなくアルミの地肌が剥き出しになった初期のもの。そしてエンジンルーム全体を隈なくチェックし、エンジンナンバーがクーパーSの最終に近い番手であることも確認できた。排気量は最大パワーを誇った1275ccである。

静岡県焼津市のスペシャルショップであるCLASSCA(クラスカ)で出くわしたモーリス・ミニの”クーパーSトラベラー”。メーカーの歴史上に存在しないモデルなのだから、他の何者かが後から仕立てたカスタムであることは間違いない。果たして、それは何者なのか?

エンジンが壊れたトラベラーと追突されたクーパーSのニコイチなんていう想像は容易いし、それだったら正直なところわざわざ撮影させてもらう意味はないだろう。

CLASSCAの藁科さんは1枚の古びた紙きれを見せてくれた。そこにタイプされた短い文字列の中で、Converted by the Cooper Car Companyという一文だけが浮き上がり、目に飛び込んできた。そう、このスピードワゴンはクーパー自身が手掛けたクルマだったのである。

メッキパーツが目立つエンジンルームだが、ツインのSUキャブなど、全くトラベラーのそれではないことがわかる。ただ単にエンジンを換装しただけでなく、入念に趣味人が仕上げたことが窺えるクルマだ。

著名人が名を連ねた顧客リスト

添付された数枚の資料が証明する歴史は以下の通りだ。この個体はOPL366Eというレジストレーションを付けた1967年製のモーリス・ミニ・トラベラーで、オリジナルのエンジンはもちろん848ccあることをブリティッシュ・モーター・ヘリテージ・トラストが証明している。ボディカラーも一時期、濃いグリーンに塗られていた時期もあったようだが、元々は現在と同じくオールド・イングリッシュ・ホワイトと言うことになる。

トラベラー・クーパーSの着想はどうやらクーパー・カー・カンパニー自体の発案だったようで、同社が作った1枚のリーフレットには『クーパー・ミニ・トラベラー1275″S”』という名のカスタム・プランが記されている。リーフレットの日付は1967年1月。

それによると新車のモーリス・ミニ・トラベラーの価格が465ポンドで、そこに1275ユニットへのコンバートやギアボックス、ディスクブレーキ、サスペンション・モディファイ、ダンロップSP41タイヤとホイール、スピードメーター、排気系の交換という一連のサービス料500ポンドが追加される。

これらの入念な”トラベラーのクーパーS化”を行ったファクトリーが(工場自体は別だろうが)、ツーリングカー・レースで無数の勝ち星を挙げ、まだF1活動も継続していた時代のクーパーカーズ自身だと言ったら、実に魅力的なストーリーに思える。

普通のモーリス・ミニ・トラベラーの倍額以上。この価格がマーク1ミニ全盛の’60年代にあって高かったのか安かったのか? その答えはクーパーが実際に制作したトラベラーSが僅か6台だった記録が物語っている。

とはいえこのクルマを注文した人物の短いリストに、クリント・イーストウッドとスティーブ・マックィーン(彼は2台注文したと言われる)が名を連ねていたと言えば、クーパー・ミニ・トラベラー1275″ S “というクルマのポジショニングも理解できそうだ。ちなみに我が国にやってきた1台のファーストオーナーを特定することはできていないのだが、それなりの人物だったに違いない。

ファスト・トラベラーはスーパーSUVの夢を見るか

このクルマの解釈は色々とあるだろう。当時一流のレーシングガレージが手掛けるトラベラーなのだから、ハイウェイをもの凄いスピードで走って、リアの牧歌的な木枠を見せつける楽しみもあったのだろう。けれどオリジナルのトラベラーをドライブした記憶を辿れば、単純に1リッター以下のツルシのユニットの遅さに耐えられなかったということなのだろう。何しろトラベラー/カントリーマンのボディはホイールベースが延長されている分重いだけでなく、広大なグラスエリアが広がっており、それも重量増に拍車をかけている。

空荷でさえスピードの足りない、坂道が少し辛そうなトラベラー/カントリーマンのエンジンを何とかしたいという思いは当然の如く発生するものだったに違いない。実際にオールド・イングリッシュ・ホワイトのボディと艶の抑えられた玄人仕上げの木枠が、大熊康夫さんが描く英国カントリーサイドの風景にそのまま当てはまるようなトラベラーは、発進する瞬間から驚くほどキビキビと加速していく。まるで後ろに背負ったカーゴスペースの存在を忘れさせるほどに。

そんなトラベラーらしからぬスピードをしっかりと下支えしているのが、やはりクーパーSからコンバートされたディスクブレーキの存在だ。そしてドライバーの目の前に広がるダッシュパネルに関しても、センターメーター1個のシンプルなトラベラー純正とは違い、まるでクーパーSのワークスラリーカーのように精悍なものに変わっている。これならばドライバーは、おおよそ前を向いて走っている時にはクーパー1275Sをドライブしている気分に浸れるし、周囲を振り返れば家族の笑顔を見ることができる、という唯一無二の世界観を愉しめるに違いない。

そしてもちろん、目的地の広場、川のほとりに着いたら、リアハッチを開けてピクニックセットを展開し、当時のBMCのカタログそのままの憧憬を再現することができるのである。もちろんスペックだけを追うならば、トラベラー/カントリーマンのオーナーが、昨今とても貴重な存在になってしまっている本物の1275Sユニットを何とか手に入れて換装すれば同じ楽しみを享受できるわけだが、個体にずっと付いて回るヒストリーまで噛み締めることはできまい。この愉しみは、世界限定6台の特別なものなのである。

メッキパーツが目立つエンジンルームだが、ツインのSUキャブなど、全くトラベラーのそれではないことがわかる。ただ単にエンジンを換装しただけでなく、入念に趣味人が仕上げたことが窺えるクルマだ。

鼻先のモーリス・エンブレムの上に追加されたSのエンブレム。これを見た瞬間、ミニ好きは「オッ」となるわけだ。

タータンレッドが眩しいインテリアだが、ダッシュパネルに並んだメーター類が異彩を放つ。

シートの表皮のみならず、トリムに関しても上質な本革が使用されている。

斜め後方からの佇まいはモーリス・ミニ・トラベラー以外の何物でもない。本文でも述べられているように、サルーンに比べ少しずつ大きく重くなったボディに34psの848ccエンジンの組み合わせはいかにも頼りなく、それは38psの998ccになっても基本的には”必要最低限”のパワーだったろう。クーパー系のパワーを知ってしまったミニ・オーナーであれば、なおさら。逆に言えば、当時の人々は必要以上に欲張らず、自分にとって本当に必要なものの優先順位を、潔くつけていったのだろう。羊の革を被ったオオカミというよりは理性的だが、趣味人の理想を具現化した1台は実に魅力的なファスト・トラベラーなのである。