OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど
NEW CAR

パンシロンの争い!FIAT PANDA & LANCIA YPSILON

イタリアは魅力的で個性豊かな小型車(ピッコリーナ)の宝庫!そこで今回はランチア・イプシロンとフィアット・パンダの同門対決で乗り比べてみた。続けて乗ってみてわかった「パンシロンの争い」、その結果は!?

TEXT / 遠藤イヅル PHOTO / 山本佳吾
SPECIAL THANKS / フィアット/アバルト松濤(http://shoto.fgaj-dealer.jp/fiat/:PANDA)ガレージエスト(http://www.garage-est.co.jp/:YPSILOM)

パンシロンの争い!

仕事でトリノに出向いた時のこと。トリノはフィアットの総本山がある街だから、市内を行き交うクルマたちが気になって眺めていた。トリノの中心部は他のイタリアの街と同じく建物が密集しているためクルマも小さいモデルが多く、目についたのはフィアット・パンダ、セイチェント、プントだった。だが意外なのは走り回っているランチア・イプシロンが多いこと。我が国では街中で目にすることが少ないだけに、なかなか想像しにくい光景だった。

ランチアの歴史を詳細に書き出す余裕は無いが、1970年代にフィアットグループ傘下に収まってからはエレガントで上質、高い先進性というブランドイメージを上手にフィアットのクルマに吸収させ、シックでエレガントなクルマを送り続けて来た。単なるフィアットの上位ブランドではなく、別の世界観を持っているのもランチアの独自性だ。

イプシロンはランチアのラインナップのボトムレンジを担当する小型車で、「アウトビアンキY10」の後継モデルとして1994年に初代が登場した(余談だがY10は本来ランチアブランド)。2011年に現行型の3代目に進化し、日本では2014年まで右ハンドルをクライスラーブランドで販売していた(さらに余談だがランチアは基本的に右ハンドルのクルマを作らない)。でもイタ車ファンとしては “左ハンドルのランチアのイプシロンに乗りたい!”とも思う。そんな夢を叶えてくれる一台が、今回ご紹介する「ランチア・イプシロン1.2GOLD」だ。イプシロンは2015年のマイナーチェンジでフロントバンパーの意匠が変わり、クライスラー時代のマスクとは印象を少々異にする。ヒドゥン・ドアノブによって3ドアハッチバックのように見える外観の基本は変わっていない。取材車が纏っていた、光によって表情を変化させる深い緑メタも、実にランチアらしい良い意味で難解なカラーだ。日本仕様の0.9リッターツインエアエンジンではなくこの個体には1.2リッター直4「FIRE」ユニットと5速M/Tが搭載されるのもトピックである。というのもツインエアのパラパラというのどかなサウンドは、ランチアのイメージにそぐわないかな? と少し思っていたから。もちろんツインエアは大好きだが実際に4気筒のイプシロンに触れて、その考えがあながち間違っていなかったと知った。やはり4気筒はパラツインに比べると静かでスムーズなのだ。乗り心地も車格を考えると重厚で、質の高いデザインの内装を眺めながら運転していると、ピッコリーナに乗っていることを忘れてしまいそうになった。

その後に、イプシロンの兄弟車であり、ベースともいえる現行型パンダに乗り換えた。イプシロンとの違いがとても気になるので、パンシロン(パンダ+イプシロン)を競わせてみることにしよう。パンダは2017年にマイナーチェンジが施されインパネの色が黒一色に、シートが2トーンカラーに変更、ステアリングホイールも最新のフラットボトムタイプになりアルミホイールも新デザインになるなど、細かな改良が行われている。右ハンドル、0.9リッターツインエア+デュアロジックという基本メカニズムや性能に変更のアナウンスは無い。イプシロンから乗り換えると、フィアットとランチアの性格付けの違いが改めて明らかになる。実用車として割り切ったパンダにはこれでいいよね、充分だ! という清々しさもある。マイナーチェンジで一層スムーズな印象を得ているデュアロジックはイージードライブでパンダのゲタ性にぴったりだ。乗り味はスッキリしていて。フィアットは小型車づくりが上手いなと心底感心する。

ポップで親しみやすくアシとして気負いが無く誰でも乗れるパンダと、旧来からある上質なクルマの価値観を守り続け、少々乗り手も選ぶイプシロンが、同じプラットフォームから作り分けられているのも驚きだ。シートもバケット気味のパンダと、ソファー的でフラット気味のイプシロンには大きな違いがあり、ブランドによる区別が徹底している。日本のバッジ違いの兄弟車とは区別のレベルが違う。フィアットとランチアがここまで作り分けられているなら、自分らしい方を選ぶことで自らの生き方や価値観を外に示すことも出来るだろう。性能や装備の差、質感の差で言えばイプシロンの勝ちなのだけど、好みやライフスタイルで考えるとどちらも「適切」。だからパンシロンの争いは、パンダもイプシロンも「アナタのお好み次第。ドロー!」という結果に収まった。

そして、トリノでなぜイプシロンが数多く走っていたのかがわかった。イプシロンにはちょっとオトナの雰囲気があるのだ。小型車が有り難い都市部だからクルマは小さいほうがいい。でもシックで上質なのがいい……という層にイプシロンが売れるのは必然だったのだ。

LANCIA YPSILON 1.2 GOLD

コンパクトカーらしからぬしっとりとした乗り味

取材車には正規仕様の0.9リッターツインエアエンジンではなく1.2リッター直4 FIRE が積まれる。

センターメーターはイプシロンの伝統。ピアノブラック仕上げの内装が現代風。仕上げ上々。

五角形グリルがランチアの証。バンパーは2015年に小変更されている。

上位モデル、デルタにも通じるエレガントなリアビュー。

取材車は鉄ホイール+キャップを装着。タイヤサイズは185/55R15。

シート表皮は布。織目を拡大したような特徴的な模様が入る。

リアシートの足元は少々狭め。5人乗りで登録される。

ラゲッジはこのクラスのクルマとして標準的。シートバックは6:4で分割される。

SPECIFICATIONS
LANCIA YPSILON 1.2 GOLD
全長×全幅×全高:3837×1676×1518mm
ホイールベース:2390mm
トレッド(F/R):1411/1407mm
車両重量:965kg
エンジン:水冷直列4気筒DOHC

総排気量:1242cc
最高出力:69ps/5500rpm
最大トルク:10.4kg-m/3000rpm
サスペンション(F/R):ストラット/トーションビーム
ブレーキ(F/R):Vディスク/ドラム
タイヤ(F&R):185/55R15
車両本体価格:228万円

イプシロンの歩み

“貴族のクルマ”、ランチアを支え続けた「小さな高級車」
1994年に登場した初代イプシロン(表記上では“Y”)は、エンリコ・フミアによる大胆なデザインと100色以上のボディカラーが注目された。2002年に2代目となり、独立したグリルなどクラシカルな装いに。車名表記は“Ypsilon”となった。ピラーから上を塗り替える「Bカラー」も特徴的だった。そして2011年に現行型にスイッチ。モダンデザインに衣替えした。またこれまで3ドアだけだったボディを5ドアに変更している。
1 2