OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど
CLASSIC&YOUNGTIMER

平成の始まりを告げた
ロードスターとライバルたち
EUNOS ROADSTER & BMW Z1 & LOTUS ELAN SE

1989年に発売されたNAロードスターは大ヒットを飛ばし、フォロワーも続々と登場。また同時期に、BMWやロータスも、新世代のライトウェイト・オープン2シーターを模索し、意欲的なクルマをデビューさせていたのだった。

TEXT / 山田弘樹 PHOTO / 山本佳吾
SPECIAL THANKS / マツダ(https://www.mazda.co.jp), DESTINO(Z1/http://www.destino.jp), 一般社団法人 日本乗物振興会(エラン/http://www.jvpa-net.jp

平成の始まりを告げた
ロードスターとライバルたち

EUNOS ROADSTER

安くて楽しい、FRスポーツの楽しさ満載

1989年という年は、日本自動車史における黄金期。スカイラインGT-Rが絶対的な速さを、NSXが新時代のスポーツカー像を、トヨタ・セルシオが世界一の静粛性をもって世界にジャパン・パワーを問いかけた年だった。もうこんな時代は、二度と訪れないだろうと思う。

だけどそんな浮かれた世界の片隅で、マツダはボクたちに全く新しい価値観を教えてくれた。それが初代ロードスターという存在だと、ボクは思っている。そのアーキテクチャーは明らかにエランやMG-Bといったブリティッシュ・ライトウェイトの伝統を継承した結果だ。でもエランなんて知らない当時の若者たちの目には、これがモーレツに新しく映ったのである。

ここからが大切だ。そんな初代が教えてくれたことって何か? それは「世の中金じゃないぜ!」ってことだ。パワーに頼らない走りはヤンチャ坊主たちにAE86以来の、FRスポーツの本質を教えてくれた。その一方でトコトコ行きたいマイペース派にだって、その乗りやすさとオープントップが笑顔を与えてくれた。

そもそもオープンカーってのは贅沢な乗りものだ。けれどマツダはGT-Rが445万円した時代に170万円でこれを発売してくれた。余計なものを付けないこと、即ちライトウェイトスポーツの魂! といわんばかりにチープさを味方に付け、走ることの楽しさを第一に抽出してくれたのである。MG-Bの素朴さや手に入れやすさと、エランのハンドリングを融合させたお洒落センスは相当なものだ。

そういう思いで今一度初代に乗ると、「本当にこれでいいんだよな」って思う。機能的にはこのシャシーの完成形であるNBのサスペンションパーツでアップデートして……なんてことがすぐ頭に浮かぶが、初代はこれでいい。ボヨンボヨンのダンパー&スプリングはリアサス周りの剛性不足を補う敢えての処置であり、前後重量配分50:50のボディでこのボヨンボヨンをバランスさせるのは乗り手の仕事。粗野ながらもダイレクトなFR用ミッションを超ショートストロークなシフトノブでゴクゴク操作して、風に吹かれながら走れば“あぁ、生きてるなぁ!”って気持ちになれるんだ。

現行ロードスターは原点回帰という意味で一つの集大成を実現した。しかしそれは構造的な踏襲であり、初代が持っていた、チープさを味方に付けたクルマ造りは失われた。代を重ねるごとに洗練を帯びるのは宿命だがNDロードスターにもう一つ背中を押されないのは、「これでも頑張ってるんだ!」と言われるのを覚悟で言えば今のボクたちには端的に高いからだ。

世界基準で見れば適正価格でも、ベースモデルで260万円強という価格は二極化が進んだ日本では高級車。電動化をはらむ進化はその姿を変貌させるかもしれないが、ロードスターが“日本車であるならば”、初代の魂であったチープながらも胸を張れる素晴らしさを今一度模索して欲しい。そういう意味で今NAロードスターに乗ることは、大いに価値がある。

この個体はマツダがNAロードスターレストア事業としてフルレストアした、最初期型NA6CE。

今なお現役で走っているNA型は多く、海外でもMX-5の名で広く愛されている。

能面をイメージしたというフロントマスクに、この時代らしいリトラクタブルヘッドライト。

当時の純正タイヤ、ブリヂストンSF325 185/60R14と、アルミホイールやセンターキャップまで復刻されている。

B6型1.6リッター直4エンジンは120ps/14.0kg-m。少ないパワーを使い切って走るのが楽しいのだ。

左右対称のコクピット。フロアマットも復刻されている。ちなみに、Vスペシャル用のNARDI製ウッド仕様ステアリングホイールとシフトノブも復刻された。

左は回転計でレブリミットは7200r.p.m.。右は速度計で180km/hまで刻まれている。

ショートストロークのシフトノブを操作して軽量FRマシンを操る楽しさは最高で、NAでドラテクを磨いた人も多いハズ。

セミバケットのハイバックシートは軽く流す分には十分。

リアのトランクにはスペアタイヤがあるため容量は少なめ。取り払って乗っていた人も多い。

“人馬一体”を実現したパワープラントフレーム

ワインドアップ(車軸のねじれ)を抑えて非力なエンジン出力を無駄なく駆動輪に伝達すべく、トランスミッションとデフケースをアルミ製のパワープラントフレームで結合。PPFは現行ND型でも継承されている。

SPECIFICATION
EUNOS ROADSTER(NA6CE)
全長×全幅×全高:3970×1675×1235mm
ホイールベース:2265mm
トレッド(F/R):1405/1420mm
車両重量:940kg
エンジン形式:直列4気筒DOHC

総排気量:1597cc
最高出力:120ps/6500r.p.m.
最大トルク:14.0kg-m/5500r.p.m.
サスペンション(F&R):ダブルウィッシュボーン
ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ(F&R):185/60R14

1 2 3