OTHERS

<その他コンテンツ>
ニューカー、ヤングタイマー、クラシック、オーナー、ライフスタイル、
カタログ、100ドロ、ミニカーなどなど

素っ気ないが優れたデザイン、無駄を排した設計、機能を満たせばあとは気にしない潔さ……ルノー傘下のルーマニアのメーカー・ダチアが作るダスターには、そんな「ちょっと前のフランス実用車らしさ」と「ルノーらしさ」が溢れていた!

VIEW

シトロエンのラージミニバン「スペースツアラー」。正規輸入では「C4スペースツアラー」があるが、それよりも二回りほど大きい。果たして日本で乗ってみるとどんなものなのか? 実際に試乗してきたので報告しよう。

VIEW

せっかく所有しているのに、ガレージにしまっておくなんてもったいない! 日頃からなるべくステアリングを握り、ブリティッシュカーのある生活を愉しんでいらっしゃるオーナーをご紹介しよう。

VIEW

"空冷水平対向6気筒のリア・エンジン車"と聞けば多くのクルマ好きはポルシェ911を思い浮かべるだろう。しかし、シボレーの野心作、コルベアもまた同様のレイアウトで一世を風靡した1台だった。アメリカ製乗用車の歴史に新たな1頁を加え、その物語を続けていくかもしれなかったのだが……。

VIEW

恐竜で有名な福井県に、ティラノサウルス級に輸入車に強いショップがあるという。聞けばキャブ以前のクルマなら、エンジンとタイヤさえついていれば戦前車でも見てくれるという。いったいどんなモンスターショップなのか、実際に足を運んで伺ってみた。

VIEW

日本も昔は国産車を使ったアイスクリーム・バンを見かけたものだが、最近はとんと姿を見なくなった。イベントなどでもアイスクリーム専門のバンというのは、とても珍しいのではないだろうか。ここではクラシック・ミニをベースにしたアイスクリーム・バンをじっくりご紹介していこう。

VIEW

イタリアン・ホットハッチの中でも硬派なキャラで知られる『リトモ・アバルト130TC』。しかし、このクルマのオーナーは、子供時代からの「乗りたい」を実現したアバルト女子。その名前は、驚きの“リトモ”さんなのだ。

VIEW

世界的アルピーヌ愛好家にして、近年ではファミリア・ロータリークーペとの海外チャレンジでも大きな話題を呼んだ超級エンスー。一方で「仁先生」という愛称とともに仲間たちから愛される大人格者としても知られる。

VIEW

編集部員がこれは! と思った趣味グルマを紹介する『100万円でドロ沼に陥る!?』。今回はクラシック・メルセデス"定番"W124シリーズの中から、ステーションワゴンの300TEを取り上げます。欲張りさんも満足の使えるアシ車です。

VIEW