70’sグランドツーリングカーの
夜明け

<This is our sports car!>

CITROËN SM

さてもう一台は、ハイドロ・シトロエンの究極とも言える存在のSMだ。

戦前から前輪駆動車を作り、DSでハイドロニューマチックを実用化したシトロエンが、その技術力を結集して開発したのがSMだった。目標とされたのは、FWDで時速200km/hを実現すること。そこでシトロエンは、イタリアのマセラティと提携し、エンジン開発を依頼。モデナの名門が用意したエンジンは、ボーラなどで使われた4.5リッターV8から2気筒を短縮したオールアルミ製V6DOHC 2.7リッターだった。これを縦置きし、自製5速M/Tをその前に配置して前輪を駆動した。また、サスペンション、ブレーキ、パワーステアリングはハイドロニューマチック制御とされたが、このうちステアリングは、セルフセンタリング機能を持つ車速感応式だった。

全長×全幅が大きく、トレッドは前が広く後ろが狭い、独特のディメンションを持つボディは、極めて前衛的かつ空力的に優れたもので、デザインは社内のロベール・オプロンが担当した。

1970年にデビューしたSMは、当初エンジンがウェーバー3キャブレター付の170psだったが、1972年に電子制御燃料噴射を採用し178psに進化。更に北米向けの3リッター+3キャブレターで180psも登場。3速A/Tも選べるようになった。

だが、1973年に起きたオイルショックの影響で、シトロエンはプジョーと合併することになり、マセラティとの提携は解消。1975年でSMの生産は終了したが、その生産台数は僅か13000台弱に過ぎなかった。

今回お借りしたSMは1972年6月生産の初期型で、V6 DOHC 2670cc+3キャブレター・エンジンは170psと23.5kg-mを発揮する。またヘッドライトは、ヨーロッパ仕様のカバー付角型6灯を装備していた。

シートはシトロエンとしては座面がかなり硬い革張りだが、座るときちんと腰を支えてくれる絶妙な設計。早速5速M/Tを操作して走り出す。ギアは3.0CSより節度感があるが、ブレーキは、DSと同様、ボール状のペダルを踏力でコントロールするタイプ。かなり癖があるもののすぐに慣れる。

エンジンは、さすがマセラティ製だけあって、軽く気持ちよく吹け上がる。トルクも低速からあり、1450kgという車重でも力不足は感じなかった。

足まわりはDSに比べれば締まっているが、それでもハイドロらしくソフトな動きで、乗り心地は快適そのもの。問題は低速で軽く、速度を上げると重くなり、更に中立に自動で戻ろうとするパワーステアリングだが、これも暫く運転していたら慣れてしまった。このSMも長距離を気持ちよく走れるクルマであるのは間違いない。

ではBMW 3.0CSとの決定的な違いは何かと言えば、それはBMWの方が圧倒的に安心感があるということだ。SMは常にクルマの状態に気を配っている必要がある。だがどちらがクルマ好きの心をくすぐるかと言えば、それはやはりSMの方だろう。クルマがSで、ドライバーがM。そうなる覚悟がある人にこそ挑戦してもらいたい。

ハイドロニューマチックによる各部の制御と、マセラティが開発したV6 DOHCエンジンで、FWDながら200km/h巡行の実現に成功した。ボディは他の何にも似ていない独特なデザイン。ボディ色が黒いこともあり、甲虫のようにも見える。
2.7リッター6DOHC+3キャブレター・エンジンは、バルクヘッド直前に縦置きされ、その前にミッションが置かれる。
エクステリアに比べるとインパネのデザインは比較的オーソドックス。ステアリングは一本スポークを継承。
イエーガー製の楕円形メーターは、左が速度計で中央が回転計。右は各種警告灯だが、真ん中の赤いSTOPランプが点灯すると冷や汗もの。
アクセルペダルはオルガン式、ブレーキペダルはボール状のスイッチ式、クラッチペダルはゴツいレバー式と三者三様。
運転席の横にある車高調整用レバー。5段階に調整できるようになっていた。
サイドメンバーが高く、着座位置は低い。シートは座面が硬いが、座ると腰を巧みに押さえてくれて心地いい。
後席は座面が短く、足元も狭いため、子供用か緊急用といった感じ。
5速M/Tのシフトレバーはゲートが設けられていて、カチッと入る印象。空調の吹き出し口の上に、燃料系など四角いメーターが3個備わる。
現車は欧州仕様の角型6灯ヘッドライトを装着。一番内側はステアリング連動機構を外してあった。新車当時の日本仕様は北米仕様と同様、カバーのない丸4灯だった。
テールランプは横長の上下分割タイプ。エキゾーストエンドの形状が面白い。
サイドウインドウ後端がキックアップした部分から短いCピラーが形作られ、そのままテールゲートに繋がっている。ここだけ見るとまるで宇宙船のよう。
ホイールキャップの付いたスチールホイールに、205/65R15のミシュラン・プライマシーLCを履く。
トランクはスペアタイヤが邪魔で、あまり荷物を搭載できない。

TOPICS 01 北米&日本仕様と
同エンジンのメラク

法規の関係で、北米&日本仕様のヘッドライトは、このような丸型4灯だった。
マセラティはSM用のV6エンジンを3リッターにして搭載した2+2ミッドシップのメラクを1972年に発売。1975年には高出力のSS(写真)も登場した。

TOPICS 02 ラリーから大統領専用車まで

重量級のSMだが、国際ラリーでも活躍した。1972年にはホイールベースを短縮し、ボディをFRP化した専用車両も登場した(右)。1971年、アンリ・シャプロンがSMをベースに大統領公用車を開発。全長5.6mもある4ドアオープンで2台が作られ、つい最近まで現役で使われた(左)。

SPECIFICATION
CITROËN SM
全長×全幅×全高:4913×1836×1324mm
ホイールベース:2950mm
トレッド(F/R):1526/1326mm
エンジン形式:V型6気筒DOHC+3キャブレター
総排気量:2670cc
最高出力:170ps/5500r.p.m.

最大トルク:23.5kg-m/4000r.p.m.
車両重量:1450kg
サスペンション(F/R):ツイントレーリングアーム/トレーリングアーム
ブレーキ(F&R):ディスク
タイヤ(F&R):195/70R15

1 2